あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
「あります」
 以前も書いたことがありますが再録。

「・・・であります」
 というフレーズ。
 人によっては軍隊言葉を思い出されるかもしれません。
 が、あれはそもそも山口方言なのだそうです。
 明治維新で薩長が天下を取って長州の方言がああいう形で定着したという説を聞いたことがあります(真偽のほどは存じませんが)。
 ただアクセントとかイントネーションが違います。
 普通、他県のひとが「・・であります」と言うと割と平板に言うでしょう。しかし実際は「あ」にアクセントがくるのです。

 以前、井上ひさし氏の『国語元年』をNHKでテレビドラマ化した際、故・川谷拓三氏が長州出身者の役で、しきりと
 「・・であります」「・・でありますよ」
 と言っておいでだったのですが、この言い方が平板で、長州出身者の私は不満でした。
 わかりやすく言うと、英語で「アニマル」を「ア」を強くして「ーニモウ」と発音するような感じで「ーります」と言うと思っていただければ正解です。
 無論そこまでオーバーではないし、けして「あ」を伸ばすわけではないのですが、イメージはだいたいお分かりいただけると思います。
 こういった抑揚が表現されない山口弁は、アクセントやイントネーションのない英語といっしょで、それはもはや山口弁ではありません。今風の平板言葉(例「さーふぁー」)では話せないのです(笑)。
 別に川谷氏の落ち度とかいうのではなく、お忙しくて限られた時間でそこまで方言指導をされる余裕がなかったのかもしれません。
 
 とか言いながら今ではめったに帰省できない私。
 まだ故郷に山口弁は残っているのでしょうか(汗)???

(この記事は2004年当時の私の雑文を元に再構成したものです)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.