あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
放蝶
バスの中の蝶
 きのうバスに乗って帰宅中、窓際で外を見ている蝶がいました。
 たまにはばたくんですが、締め切られていて出られません。
 不自由だなーと見ていましたが、このままだとたぶん、ここで干からびて一生を終えます。

 昔電車の中でしたか、紛れ込んできたトンボ(だったかな)を無造作に優しくつかんで外に逃がしたお婆さんを見たことがあります。まったくなんの気負いもない自然な動きで、おそらくまだ自然が豊かだった時代に幼少期を過ごされた方だろうと思ったものです。

 さて、それには遠く及ばぬまでも、不肖田舎出身の山本貴嗣、見てみぬふりはできません(笑
 蝶と動きをシンクロさせるように精神統一をかけて、降りるバス停が近づいたところで接近。使える時間はほんの一分かそこら。逃げて飛び回られたらもうアウト。
 しかしなんと幸いにも2秒足らずでキャッチ成功。
 蝶がはばたくとき羽をすぼめた瞬間をはさみ、バス停に降りると同時に解放しました。
 
 青空にひらひらと飛んでいく蝶。
 ちょうど近くに川もあるし、喉の渇きも潤せたかもです。
 昭和30年代、動植物にかこまれ田舎で育った私の過去が、うまくお役に立ちました(笑♪
コメント
この記事へのコメント
綺麗な情景ですねえ・・・・
眼に浮かびます

私もよくコンビニの冷凍ケースで凍えたカミキリムシ(どうしてそんなところに)を救ったりしますが、あんまり綺麗じゃないですねw
しかし、カミキリムシつかむのが、素手で出来なくなってます、大人になったのねえ・・・
2011/08/16(火) 09:16:24 | URL | 銀 #mQop/nM.[ 編集]
蝶もトンボも当たり前にいる場所で育ったせいか、見かけないのが時々息苦しい気分になったりします。
都会で鳴くセミは泣いてるように聞こえたり。
先生の行為は、蝶の短いうつつを良い物にする手助けをされたと思います。
2011/08/16(火) 10:39:11 | URL | たき #-[ 編集]
夜はちょっぴり虫の声
セミではない夜の虫の音が聞こえます。じりじり近づく秋の気配?♪

>銀さま
 ありがとうございます。
 カミキリムシ、つかむとちくちく痛いですよね。うっかり噛まれでもした日には(笑
 そういえば最近あまり庭で見かけません;

>たきさま
 おそれいります。
 どんな生きものも死はまぬがれませんが、短くても長くても、その時までは精一杯命を羽ばたかせて生き切って欲しいといつもいつも願っています♪
2011/08/16(火) 20:12:40 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
読んでて思わず微笑んでしまいました。自分も同じような事をしてはいるのですが流石に蛾や蜘蛛の素手掴みには周りはドン引きですね。(笑)車で運転してる時には季節によってカエルなんかも対象になってます。カエルなんかは来た方向が良いのか向かってる方向が良いのか悩みますね。今迄で一番大きかったのが小振りの漬物石位の大きさでした。
2011/08/16(火) 23:35:49 | URL | ナオK #QvfgIWC6[ 編集]
なつかしい!
>ナオKさま
 ナオKさまもやってらっしゃいますか♪
 そのサイズ、子どもの頃は田舎の川で見ました。貫禄ですよねー♪
2011/08/17(水) 13:21:48 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.