あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
心の闇?
 2008年5月27日の読売新聞で、歌人の穂村弘氏が「感性」と「心の闇」を、どちらも理屈じゃなくて証明もできないし必要もないことになってて、前者は無条件に良い物、後者は悪い物のように言われているが、心はその全体が闇であり両者は同じ物ではないか、と書いておられました。
 同感です。そして光でもあると私(山本)は思います。
 闇というよりブラックボックスなんですが。

 浅薄にネガティブな意味づけで「心の闇」などと語るのは、光は善、闇は悪という素朴な思い込みの延長ではないかと。
 他者にも自分にも、光と闇があることなど当然の認識であり、そこを踏まえて生きるのが分別ではないかと思います。

 この手の二元論的なものの捉え方というと宗教を思い浮かべる方も多いでしょうが、
 東方キリスト教のニュッサの聖グレゴリオスという人物などは
「行動は闇から光へ、そしてまた闇へ、そしてまた光へという絶えざるプロセスだ」
 とし
「神の闇」
 という興味深い表現も用いています。(『東方キリスト教会神学入門』ジョージ・A・マローニイ著/大森正樹・訳/新世社より)
 けして闇=悪などという単純な決め付けはしていません。

 昔の宗教家でさえこうなのに、現代人が「闇=悪」的な素朴な捉え方で現実を恐れたり目をそむけていては、いつまでたってもまともな世界認識には至れないでしょう。
 闇は光に転換しうるものであり逆もありうる。
 そもそも現実は、多くの段階的な灰色の濃淡であり、軽々しく光と闇というような碁石の白黒を決めるような選別はできません。

 一部現代人の素朴な二元論は、子供向けマンガに出てくる正義と悪並みだと思います(できのいい子ども向けマンガはその辺もきちんとフォローしてると思います)。世界を対立の構図でしか捉えられない。
 そこがきちんと認識されない限り、どんなうわべの社会問題を解決しようと、この世から混乱はなくならないと思っています。
コメント
この記事へのコメント
先生…
今回のお話は深すぎて私には対応出来ません(涙)
先生申し訳ありません
2011/06/01(水) 18:10:05 | URL | レッドウルフ #-[ 編集]
ようするに「人間万事塞翁が馬」と言う事なのではないでしょうか?
現代人は「闇」を恐れすぎるがあまり、全て「光」が善なる物と勘違いしている。

光なくして闇あらず。逆もまた真なり。
2011/06/02(木) 02:32:27 | URL | ぬうぼマン #x9c5GV3o[ 編集]
光と闇と善と悪
目をあいて活動している時は光は良いもの、寝てる時は闇は良いもの。善も悪も。光にみたされても生きられず闇に満たされても生きられず。それらへの価値観は自身の立ち位置で揺れ動きますね。闇を知らねば光の行く末も考えられません。
2011/06/02(木) 09:46:52 | URL | やすやす #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>レッドウルフさま
 うまくご説明申し上げられなかったようで申し訳ありません;

>ぬうぼマンさま
 「人間万事塞翁が馬」<おっしゃるとおりです。人生が差し出す機会を生かすもころすも自分次第ですね。

>やすやすさま
 「寝てる時は闇は良いもの」うまいことをおっしゃる。まぶしすぎては寝ていられません(笑
 白い紙と黒いインクで漫画を描くように、両方あっての人生だと思っております。
2011/06/02(木) 15:23:40 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
追記
今、上記のお返事を投稿しようとしたら「不正な投稿と判断されました」という表示でブロックされ、もしかしてと思い「ころす」を漢字からヒラカナにしたら投稿されました。
 いわゆる「荒らし」のブロック目的なのかもですが、前後の文脈関係なく「ころす」という字(実際は漢字)だけで拒否ってすごいですねー;
 無論私はそういう設定をしてはおりません。
2011/06/02(木) 15:27:25 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
陰陽互根・・・ですね^^
2011/06/02(木) 22:57:22 | URL | にゃん #cwHBdaMk[ 編集]
太極マーク
>にゃんさま
 有名な太極マークは見事なシンボルだと思います♪
2011/06/03(金) 05:20:31 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.