あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
「頼みとするのはあの強欲」
 今回の原子炉問題、いつまでたっても冷えないからの原子力なわけで、長期戦になるのは最初からわかってるわけですが(それをきちんと伝えず、少し辛抱すれば解決するみたいな気休めを言うのは、思いやりでもないんでもないかと)
 思うに、毒をもって毒を制す
 世界の原子力関係者、それで飯を食ってる人たちにも知恵を出させて
「ここで日本の原子炉の解決が長引くほどあなたたちの商売もしにくくなるんですよ、いい解決法を死ぬ気で考えてください」
 と脅しつけるくらいした方がいいんじゃないか、いや当然、利にさとい人々は考えてるだろうなどと思ってました。

 きょうは世界一の原子力大国、フランスの大統領が来日、首相と会談してたようです。
 日本が「鎮火」に失敗するほど自国の原子力行政も影響されますし、政府と東電は援助の申し出はいただけるだけいただいて、福島の沈静化に役立てて欲しいです。

 「渇しても盗泉の水は飲まず」
 という言葉もありますが、今はそんな場合じゃない。
 黒澤映画『隠し砦の三悪人』に、主人公の凸凹コンビについてのセリフで
「頼みとするのはあの強欲、金を背負わせればどんな苦難も耐え忍びましょう」
 みたいなのがあったと思います(うろ覚えで細部正確じゃないかもですが)。
 世の中は純粋な善意だけでなく、多くの欲で動いてるもので、欲でしか動かない者は欲で動けばいい。

 大河ドラマの『武田信玄』の僧侶のセリフに
「人は欲を離れては生きられん。己の欲を生きるしかない」
 というのがありました(同じく細部定かならず)。

 善意も欲も総動員して、この国難に当たっていくことを願います。
コメント
この記事へのコメント
大変遅くなってのコメント投稿(それも長文)、申し訳ありません。
そして、先生、お久しぶりです。 お元気でしょうか?

長年ロケット屋をやっていて、仲間とともに実感していることがあります。それは・・・
「神様は、やれることをやり尽くした後じゃないと助けてくれない」
ということ。

ロケットは、大変過酷な開発試験を経て打ち上げられます。コストを考えると、基本的には使い捨てではありますが、ほとんどの部品は「4回の打ち上げのショックや負荷」に耐えられる強靭さを要求されています。
なので、開発試験では部品単位で「いじめぬき」ます。
それでも事故るときは事故るのです。
だから、基本的に「想定外」の事故というものは存在しません。あくまでも、確率論的に「運悪く起こってしまった」事故であり、原因究明もその対応も同時進行で検討が進みます。
場合によっては、事故発生を止めることはできなくても、事故発生時には既に対応済みの場合もあります。例えば「はやぶさ」のイオンエンジン「二個イチ」がそれ。そういう風に使う場合があるかもしれないと考えていなければ、そういう風に使える設計にはしていないはずですので。
(事故発生確率をゼロにはできないが)最悪を想定して対応を練っておけば、「神様は最後に助けてくれる(かもしれない)」のです。
我々ロケット屋が、打ち上げ前に神社に御参りしたり、お守りを持っていたり、様々なジンクスを信じたり・・・なんていうのも、「神様。できることはみんなやったから最後は助けてね」という純な想いからです。
人事を尽くして天命を待つ。
ロケット屋には至極当たり前な考えなんですけどね。

今回の原発事故、「想定外」ばっかりですね。
「想定外」って、裏を返せば「やれること・やっておくべきことをやってなかった」ってことです。
それじゃ神様が助けてくれる理由が無い。
お気の毒ですが、原発関係者が今更、事態収拾を神頼みしても「後の祭り」だと思います。
今からででも、人が人としてやれることを尽くさなければ、きっと神様はずーっと助けてくれません。
そして、人は「絶対に安全・完璧なモノなど人には作れない」ということを肝に銘じておかなければならないと思います。
人が驕った瞬間に、神様は大きなしっぺ返しを用意してます。
福島第一原発は、現代日本における「バベルの塔」になっちゃったんですかね・・・
2011/05/21(土) 01:02:18 | URL | にゃん #cwHBdaMk[ 編集]
そうですね
>にゃんさま
 お久しぶりです、お元気ですか。
 ガンダーセン博士が4号機の傾きが増加してるのを指摘してますが、あのプールの使用済み核燃料がぶちまけられると大変でしょうね。
 人事を尽くして天命を待つ<そのとおりだと思います。
 少しでも犠牲が少ないことを日々祈っていますが、日本も世界も(無論自分も含まれてますが)学ぶべきことは多く、まだまだ当分カリキュラムは続きそうです。
 悔いなく日々を生きましょう。
2011/05/21(土) 04:03:50 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.