あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
最近のつぶやきから1
Twitterはじめてから色々つぶやいてます。
以下は私の最近のツイートです。ゆっくり補足記事を書く暇がないのでそのまま転載ご容赦ください。

2011.03.21 03:08(?
 過剰な「自粛」が世の中の「萎縮」になりませんように。「真剣」であることと「深刻」になることの取り違えとか。不幸な立場にある人を思いやることと、その人と同じように悲しんだり苦しんだりすることは違う、そんなことをしても同じような不幸な人が世界にもう一人増えるだけだという話があります。

2011.03.23 22:35
 自分の仕事に誇りをもって頑張ってきた人ほどそれが無になったとき自分の全存在が否定されたようで絶望したりしますけど、それはその人のほんの氷山の一角でその人の輝きはけして損なわれないということを、こんなときだからこそまた言いたい。

2011.03.23 22:42
 たとえばひどい歯痛で何も考えられなくなることがあるけど、私の全存在は歯じゃないし、目の前にかざした十円玉は太陽だって隠すけど、十円玉は太陽じゃない。
 喜びも悲しみも私の一部だけどけして私のすべてじゃない。
 けして捉えきれず言葉にも出来ないのが私。そしてあなた

2011.03.24 19:49
 人生は一見理不尽だらけ。悪いことしてない人が誰かのせいで涙を流します。
 誰かのせいで私も泣いて私のせいで誰かが泣きます。
 でも私にひとかけらの「借り」もない誰かが、きょうも私や世界のために命を賭けてくれています。
 誰かのせいで私が笑える、だから私も笑わせたい。
 貸し借りなんか考えず♪

とりとめがなくてすみません。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/28(月) 01:41:02 | | #[ 編集]
世界を動かしている動機
>過剰な「自粛」が世の中の「萎縮」になりませんように。

お金が中心で世界は動機付けられ動いています。それゆえ義援金のための旅行や娯楽の自粛ですら、観光業界や娯楽業界の倒産への前奏曲となり、お金の偏在性由来の経済の委縮につながります。

今の世の中ではこれは不可避です。
変えようとするなら、人類と他の生き物すべてが良く生きられる世界を創造するためにお金を利用する社会でなくてはなりません。

社会を動かす主体になる概念を変える必要があります。困難だけど不可能とおもわない。

ベーシックインカムの概念は、お金による生活保障というより、経済的に生活は保証してあげるから働いてその社会を支えてくださいね。という意味があります。

生活を支えてくれたら働かないっていう人がいるからベーシックインカムは成り立たないと思うのは既存の何かに捕われていること。

お金稼いだ者だけが生活が成り立つ今の社会の働く動機とよく照らし考えるべきことです。

ではでは。
2011/03/28(月) 07:10:16 | URL | やすやす #-[ 編集]
今が尽きるそのときまで
>11/03/28 01:41にコメントくださいました方
>やすやすさま

 今回の出来事は私どもにこれまで頼りにしてきた生き方あり方の再検討を促しています。
 世の中は素朴な弱肉強食の原理だけでなりたっているわけではありませんが、一つ言えるのは「適応できない種は滅びる」ことかと。
 小惑星衝突を生き延びた哺乳類のように、いかに新しい環境に応じた生き方を見出すか。
 それには発想の転換が必要でしょう。
 人それぞれ思うところは異なるでしょうが、この国難を皆で乗り切るためにも、さまざまな試みを行なうことが必要と思っています。
 ありがとうございました。
2011/03/28(月) 11:44:35 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.