あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
雨の日も晴れの日も
ある日見た空

 いい天気です♪
 いや、きょうは気持ちよく雲ってます。

 一般に、晴れていると「いい天気」と申しますが
 本当は、「布団を干すのにいい天気」や「傘を持たずに出かけるのにいい天気」といったものはありますが、絶対的に「いい天気」というものはありません。
 子供のころから思っってましたが、天気予報でも「いい天気」「悪い天気」と気軽に言うけど、「雨が降ったらうれしい農家の人だっているじゃん!」って納得できなかったものでした(笑

 そもそも雨は嫌いじゃないです。
 濡れた草木は輝いて綺麗だし、雨が吸音材の役目を果たしていつもより静かで落ち着くし。

 無論、服が濡れたり汚れたりしない、気持ちのいい晴れも大好きです。


 先日の義父の告別式の日も朝から雨でした。
 でも、最初が雨なら後で晴れたら気持ちがいいなあ。雨も素敵だし、そういうエンディングの「タメ」として、これもまた良しなどと思ってたんですが
 果たして、全部終わって火葬場から出てきたらさっきまでの雨が嘘のように青空でした♪
 最高のシメになりました。


 昨日は横浜に打ち合わせに行ってたんですが
 まだ疲れて体調がイマイチで
 朝起きてメシ食ったら口がマズくて
 うーん、調子悪いと思いつつ、だるだるで出かけました。
 打ち合わせは楽しく順調に終わったんですが
 帰りの電車の中でもグロッキーぎみで

 でも家の近くの駅前で食事したら、なんだかとってもおいしくて
 不思議と体まで軽くなって
 雷雨の中、2キロばかり歩いて帰りました。
 体の痛いのとかも忘れて晴れやかな気持ちで
 パンツの裾も背中のリュックもぐしょぬれだったけど
 天国を歩いてるようで幸せを感謝して
 ちょっと泣きながら帰りました。

 なんの変哲もない幸せかもしれないけど
 世界には、命に代えてもいいからそれが欲しい人がいっぱいいます。
 毎日、自分の足で歩いてトイレに行けるのを感謝してますが
 昨日は雨の中を歩きながら、幸せで泣きました。

 失ってから気がつく幸せを
 失う前に気がつくのが人生の極意だと思ってます♪


雨の日も幸せ
晴れの日も幸せ
コメント
この記事へのコメント
幸せを......
くまくまでございます。天候、降っても降り過ぎを心配し、晴れても晴れ過ぎを心配する。そう感じる方々もおり、また、先生の様に雨、曇り、晴れに感謝できる方もいらっしゃる。天候、気候は人のことなんざかまっちゃいないのに「幸せ」を感じられる、先生のその感性が素晴らしい!つくづく幸せは「授けられる」のではなく「感じ」そして「得る」物と承りました。
2007/06/01(金) 21:56:50 | URL | くまくま #eI0qnTzk[ 編集]
幸も不幸も自分次第♪
>くまくまさま
 おそれいります。
 い~もわるいもリモコンしだい♪
 という歌がありましたが
 気持ち一つで地獄も極楽、極楽も地獄ですよねー。
 うつむいて生きるのも一生
 顔を上げて生きるのも一生・・・
 でも、理不尽な目に遭って苦しむ人とか、不当な差別(正当な差別は差別とは言わないかもですが)とかは、なくしたいと思います。
 どうもこの、言葉の限界と言いますか
 気持ちの切り替えと目の前の状況を無視した現実逃避と混同されると困るんですよね(そういう意味で言ってるんじゃないって、わかってくださる方と勘違いなさる方といらして、説明が難しいです~;
2007/06/01(金) 22:55:43 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.