あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
タバコの精?(笑)
 我が家の玄関に見知らぬ男性客がやって来ました。
 若くもなく老けてもなく、まあ中年でしょうか。タバコを吸っていたように思います。玄関先で話し込み、一本吸い終わった客は私に、タバコあったらもらえませんか、と言いました。
 私は吸わない人ですが、マンガの作画資料に買ったタバコが何個も資料棚に眠っています。
 引き出しをあけ、その引き出しごと男性の前に持って行き、勧めようとしてよく見ると、なんとタバコは変わり果て

 長いこと放置したため、カビかホコリのような粉がつもり、さわるともろもろになっています。
 いやあ、これは吸えませんね、と男性と私は顔を見合わせ苦笑しました。



 気がついたら夢でした。
 変な夢です。意味不明。

 だいたい愛煙家でもない私が、夢でタバコを見るなんて生まれて初めてと言ってもいいくらいです。

 不思議な夢だなあと思い、そういえばあの資料用の引き出しのタバコはどうなっているだろうと思い出して、何年ぶりかに開けました。

 いやまあなんと、これはまあ。
 引き出しのトレイの中に、タバコの粉、いや劣化した外側とも中身ともつかない破片が散乱し、見たこともないありさまです。
 まず目にはいったのが葉巻。ぽつぽつと虫食いのような穴があき、さわると壊れて中身が出ます。
 普通の紙巻きのタバコも似たような姿で、抜け殻のようにぺしゃんこになったものあり。
 そして中でも驚いたのは、金属ケースに入ったミニ葉巻?
 写真の左端、オランダ製の「PANTRE MIGNON」。ケースはきれいなままですが、開けると中はご覧のとおり。まるでタバコのミイラです。ぼろぼろの残骸。さわるとはしから崩れます。
 長いこと資料でタバコは買ってきましたが、せいぜい黄色くなって巻いた紙がくたびれる程度。こんな姿は初めて見ました。

 夢で見たのとはいささか異なりますが、ある種のプチ正宗もといプチ正夢のようでした。
 
 人類文明が崩壊した未来SFなどで、家捜しをする主人公が、食い物とか書物とかを見つけ手に取ると、粉のように崩れるシーンがありますが、ほとんどあれです。
 記憶違いでなければ、これ買ったのは確か2005年くらい。たった数年で、ここまで劣化するとは。
 映画では何度も目にしたシーンですが、実際に見たのは初めてです。
 どうもシガービートルとかいう虫のせいらしいのですが(葉巻の中、成虫や幼虫は出荷前に殺せるけど卵が眠ってて高温になると孵化して悪さをするとか)荒らした虫たちは影も形もなく、とうにどこかへ飛び去ったようでした。

 友人に話したら、その夢のお客はタバコの精じゃない?と言われました(笑
 それはともかく、引き出しの中の粉は掃除して捨てましたが、ご覧の残骸はこれも一つの資料として、まだそのまま置いています。
 封を切っていないジタンなんか、果たしてどうなっていますやら。
 あとで開いてみようかなあ。 

タバコの抜け殻
コメント
この記事へのコメント
たばこじゃないけど
長期保存とかで劣化したワインを飲んだことあるですよ。

昔の会社で全体会議とかで某ホテルに宿泊したとき、どういうことだったか覚えてませんが、その近所のレストランへ酔っ払いながら一人で行ったのです。

そこのマスターとなんか話が弾んじゃいまして、ワインの話になったんだと思います。一本のワインをマスタがもってきて、「ずいぶん古いんだけと飲んでみる?」のようなことになってコルク栓を開けて飲みました。ワインの澱(おり)が沢山。赤ワインとか寝かすと澱があるのは知ってましたが、沢山の澱。そして、ワインビネガーの味。ただ、むせる様な酢ではなくてブドウの味がしっかりとテイスティング可能な飲料果実酢のようになってました。

酢なんですが、それなりに飲めた。

ワインが行くとこまで行くと酢になるということを文字通り味わう貴重な体験をしました。

先生の大切な資料も、しっかりと防虫もして保存されていれば、虫食いにはならなんだんでしょうが、こういう別の意味のおもしろ体験はなかった。完璧より、ちょっとゆるいくらいが楽しいですよね。 v-12
2010/01/23(土) 09:20:11 | URL | やすやす #-[ 編集]
おもしろーい♪
>やすやすさま
 それは貴重なご経験ですねえ!
 いい風味の御酢だったのでしょうか?
 完璧よりちょっとゆるいくらい<はい。それに、その方がエンターテインメントの素材になります(笑
2010/01/23(土) 12:30:38 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
エタノールは酸化すれば酢酸になるが・・・
ワインビネガーみたいに上品な物では有りませんがビールが酢になった物は飲んだ事が有ります。今を去ること数年前の台湾。今はテナントに全部逃げられて廃墟と化している某巨大ショッピングセンターに有った香港料理屋にて知人を待っておりました。注文したのは台湾ビールの生。これがほんとの生で熱処理も濾過も何もしてないので賞味期限がわずか2週間という代物。
http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10380.html
http://beer.ttl.com.tw/
なかなか来ないので頼んだビールが温くなる前に開けてしまえ・・・と開けたは良いが、ど~~も泡立ちが変?飲んでみると爽やかな酸味が・・・?
賞味期限を確認するととっくに過ぎてる~~!ボーイさんに交換してもらって事無きを得ましたが得がたい経験も得てしまいました・・・とさ。
一応、メーカーHPには載ってはいますがお店では見かけませんね。扱いにくいのかな?
2010/02/07(日) 02:04:28 | URL | ゆたぽん #-[ 編集]
それはまた貴重な♪
>ゆたぽんさま
 興味深いご経験ですね♪
 最近「ありえねー」というフレーズがすっかり定着してしまいましたが、世の中「物理的に可能なことはすべて起こりうる」と思っていて間違いないので、ありえねーと言われることの大半はありえることだと思っています(笑
 貴重なお話ありがとうございました。
2010/02/07(日) 05:13:42 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.