あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
如是我聞
 日記やBBSのカキコで、リンクや情報に関するものがありますが
 私はかねがね思ってるんですが
 書いた人の「顔」が見えないものって、コメントしづらいんですよね。
 要するに「気持ち」が書かれていないもの。

 無論人には忙しいこともありますから、取り急ぎ情報のみにて御免!って時もあります(私にもあります)。でも、いつでもそれだけってのは、どうも。


 仏教で「如是我聞(にょぜがもん/じょしがぶん)」って言葉があるんですが。
 「かくのごとく我は聞けり(このように私は聞きました)」という意味で、これは一般には釈迦の弟子アーナンダが述べた言葉とされているようで、お経の書き出しとして使われています(全てではありません)。
 要するに、一部の宗教の経典にあるように「神様」とか「仏様」が一人称で語っているのではなく、お釈迦様の話を聞いたお弟子が「私の聞くところではこうでした」と言ってるわけです。

 これには色々意味があるようで、まず
「自分はこのように聞きました」
 と言うことで、自分のこれから語ることは、確かにお釈迦様の話されたことですよ、ということ。また、自分の創作によるオリジナルな情報ではありませんよ、ということ。
 そしてもう一つ、ここが今回言いたいのですが
 「私」は、その「聞いた話」を「このように受け止め解釈しました」ということ。
 これが肝心で、私は人間同士のコミュニケーションでも、その部分を一番重視しています。

 どこそこで何があった。こんなものがあった。
 それだけなら、別にその人でなくても誰でも言えます(その人ならではのレアな情報は別として)。
 ネットの発達した今日、コピペさえすれば幼稚園児にだって言えるでしょう。

 その情報に何を盛り込むか。
 そこがその人の人間性が出る、一番おもしろい所ではないでしょうか。

 先日テレビで、脳科学者の茂木健一郎氏だったと思うのですが(記憶違いだったらお許しを)、人間同士のコミュニケーションは
 情報の共有ではなく感情の共有こそがポイントだと言っておいででした(私は仕事しながらだったので、聞き違いでしょうか?まさか)。
 私も昔からそれを思っておりまして、これは別に全体主義的に全員が100%同じ気持ちになれという意味ではありません。

 ただ、たとえば仲間内の会話で、単に情報の共有が目的であれば、A国とB国が戦ってA国が負けた、という情報があったとして、A国負けてザマーミロという人と、B国許すまじという人が、目的は情報の共有であって感情の共有ではないからと、感情を押し殺して、楽しく一同に会していたりはしません。
 ともに何かを語り合いたいという会合の場合は、感情の共有というテーマをはずしては話が進まないわけです。


 ブログでもBBSでも、情報だけを提示して、自分の思いを添えてないものには、原則私は関わらないことにしております(例外はありますが)。
 この機会に、一つ付け加えますと「思い」は自分ならではの言葉や個性が加わっていてこその「思い」です。
 小学生の読書感想文みたいに
 延々と作品のあらすじが書いてあって、最後に一言
 「おもしろかったです」
 そりゃ、「感想」じゃなくて「あらすじ」だろうと、子供のころから思ったものです。


 ちなみに、私は他の人に、何かを強制したり、否定する意思はありません。
 ただ、私はこう思って書いているし、どうしても入っていけないものがある、という話です。
 私は誰にも何も強制しませんし、また誰からも強制されるつもりはありません。
 人間同士最低限の礼儀や敬意は忘れないようにしたいと思いますが、興味のわかないものに興味のあるふりもできません。それは礼儀と言うよりむしろ偽善だと思います。

 無論、口下手な人もいれば雄弁な人もいるわけで、あまり思いを表現するのが得意でないという方もいらっしゃっていいと思います。
 ただ、不器用ながら言葉を尽くす人と、まったく何も添えられてない人がいたとすれば、後者はやはり、コミュニケーションを取る事に興味がないか、努力を払う気がしないということとしか解釈できません。

 話す気のない人に無理に話させることはできないし、誰にもそんな権利はないです。
 ただ私も話したくないことは話さない。
 その辺は互いに正直にありたいと思っています。


追記
 うちのPCだと「にょぜがもん」で一発変換なんですが
 自分のところでは「じょしがぶん」と読みますとの専門家の方のご指摘をいただきました。ありがとうございます。

 ネットで少し調べてみましたが、私がそうだと思って読んでた「にょぜがもん」は呉音、「じょぜがぶん」が漢音、「じょしがぶん」が天台宗などでの特殊な読み方のようです。この辺は、中国古代の名前の日本読みとかと同じで、詳しい人でないとわかりませんね(大汗追記2
 ネットで少し調べてみましたが、私がそうだと思って読んでた「にょぜがもん」は呉音、「じょぜがぶん」が漢音、「じょしがぶん」が天台宗などでの特殊な読み方のようです。この辺は、中国古代の名前の日本読みとかと同じで、詳しい人でないとわかりませんね(大汗
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.