あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
甲骨文字で入試答案<あると思います♪
 ニュースを見ていたら、中国は四川省で、大学入試の答案をすべて甲骨文字で書いた学生さんの話を見ました。
 すごいと言えばすごいかもですが

 甲骨文字の作文、それほど不可能なことでもないかもです。
 美しい形をしてますし、私も好きです。
 実は私、中国で出された甲骨文字の書道?の本、持ってまして(たぶん、そっち方面に詳しい方ならお持ちの方もおいでではないかと)、マンガのすみっこの掛け軸とかそれを参考に書いたことがあります(最近使ってないんで、どこにしまいこんだか。昔、青心社の雑誌『コミック・ガイア』で古代中国の夏商時代の物語を連載した当時、かなりそっち方面の資料は調べました。ページ数が少ないまま雑誌が休刊したため、単行本にもなってません)。
 また「篆書」(始皇帝のときに定められた)の辞書も持ってます。
 んでやはりマンガでTシャツの文字とか決める参考にときどき使ってます。
 趣味でこういうものをマスターすれば不可能なことではなかろうと思うのですが
 問題は、今に生きる我々が使う文字は、それらのずっと後になって作られたものがあるため、そういう文字を古代の文字で文章化する際、どう変換するのかがわかりません。
 きっと何か方法があって、この学生さんはなさったのでしょう。
 さすがは漢字の母国です。
 そこがぜひ知りたいものです♪

追記
 ニュースをよく調べたら、答案は
 「甲骨文字のほかに、青銅器銘文体、篆書体などの文字」
 が使用されていたようで、それならばかなりの範囲がカヴァーできます。
 クールですううう(笑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.