あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
行き詰まった時は1コマ戻る
『戦闘女神アヌンガ』4話コンテと完成稿
 マンガの原稿を描く前に、作成するのが絵コンテとかネームとかいうものです。
 画像は『戦闘女神アヌンガ』の4話8ページとその絵コンテ(ネーム)。
 ただ「コンテ」と言う場合もあります。
 マンガ好きの方はとっくにご存知でしょうが
 映画やドラマの脚本に当たるもので、絵付きのシナリオとでも言うものです。
 これを編集さんに見せて、OKをいただいたら下絵にかかるわけです。

 調子のいいときは「お筆先」のようにスラスラと描き続けられる(「マンガの神様が降りた」などと言います(笑))ものですが、調子が悪いときは途中で詰まって、どうにも先へ進みません。
 時間ばかりがむなしく流れ、頭をかきむしることもあります。
 若いころは一作に何日も何日も費やしたものでした。今は20代のころの何分の一かの時間ですみます。体で覚えた執筆法です(笑

 んで

 コンテにつまった時はどうするか。
 ケース・バイ・ケースではありますが、つまったコマで悩むより、一つ前に戻って見直す。
 これは私の記憶違いでなければ、その昔、友人のマンガ家・高橋留美子先生から聞いたテクニックです。
 つまった時は1コマ戻って、そこから考え直す。
 1コマでだめなら、物語が分岐した一つ前のエピソードまで戻るのもいいでしょう。
 
 人生は、時間をさかのぼるわけにはいきませんから、そのまま応用することはかないませんが、
 解釈を変えれば、今握り締めているものを見直す、心の決定項を、一つ前の段階に戻って考え直すと思えば、あながちマンガだけのテクニックでもありません♪
 ではではまた。
コメント
この記事へのコメント
それはいい!
勢いが死んでいるときに前に遠く飛び出せないのと同様に、その場からはじめるんじゃなくていっそしっかり助走できるまで戻ってからというのはなるほどな発想です。(感)

先生の漫画ならコマを、それぞれの人生の一こまにあって先に進もうというときに、逆に戻ってからぜ~ん進!!って面白い。

個々場合場合で色々で想像もつかない戻りの発想がそこに!っていいですね。

進めない時以外でも何か使えそうな気がします。実に面白い。v-41v-42
2009/06/19(金) 23:43:08 | URL | やすやす #-[ 編集]
山でもいっしょ?
>やすやすさま
 mixiでも同じ内容をアップしておきましたら、常連のお客様が
「山道で迷ったときの脱出法そのものですね。進んでも迷うだけだから、「わかるところまで戻る」のが鉄則だそうです」
 とコメントくださいました。
 何か人生の真実があるようです(笑
2009/06/20(土) 03:28:28 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
これこそまさに
マンガ道ですね
2009/06/22(月) 22:34:46 | URL | マラスキーノ伯爵 #-[ 編集]
なるほど♪
>マラスキーノ伯爵さま
 そう言われますと確かにそうですね(笑)
2009/06/23(火) 05:07:57 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.