あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
滅びゆく筆記体
 先日ニュースで知ったのですが、最近の学校ではアルファベットの筆記体を教えなくなって久しいんですね。
 びっくりしました。
 そもそも本場の米英でも、いまどき筆記体で書く人はあまりいないようです。

 私の世代(1950年代生まれ)は学校できっちり練習させられた世代でした。
 私は、子供の頃から大きくなったらマンガ家になるんだと思ってましたから、マンガ家になったらサインもするもんなと、一生懸命筆記体で名前書いてました(笑)。
 中学高校のころのノート(押入れのすみっことかにたまたま残ってる)とか見ると、たまに漢字じゃなくてアルファベットの筆記体で名前が入ってます。
 
 二十代の半ばに新婚旅行で行ったグアム島でトラベラーズチェックにサインして渡したら、現地の人が「おまえのサインはどこにした」と言うので、ここだ、と指したら「きれいなんで印刷と間違えた」と言われました。
 たぶん英語慣れしてない日本人の書くサインって、すごいカナ釘流でぎこちないのが普通なんでしょうね。

今でも、自分の描いた原稿のすみに、小さくサイン入れてますし、色紙とか頼まれればやはり筆記体で名前を入れます。
 ニュースを見ますと、もはや過去の文化なんですね。
 私も50代で、いまさらサインを変えるつもりもありません。
 死ぬまで筆記体で行くでしょう(笑

 そう言えば、つまが以前、ハリウッドの有名スターにファンレターを送ったら、帰ってきた返事の手紙が筆記体でした。
「だからあれは老人ホームの老人のバイトの代筆だと思う」
 とつまは笑ってました。

 そうそう
 先年、友人の娘さん(当時小学生)に頼まれて色紙を描いたのですがもしかしてあれに入れたサインも娘さんは読めてらっしゃらない?(今は中学生)と友人に尋ねたら
 「娘は山本文字だと思ってるようです」
 とのことでした(笑)。ちゃんちゃん♪

ミケコ午睡
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.