あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
単行本2巻準備完了♪
『戦闘女神アヌンガ』2巻予告(笑
フォトショップ「塗料」フィルタ
 『戦闘女神アヌンガ』二巻
 の私の方の準備がおととい終了しました。
 カヴァーイラスト、本文の絵と文字のチェック、変更などなど。
 すべて担当さんにお渡しして
 あとは発売を待つばかりです。
 今回はページいっぱい本文で、後書きや解説を入れる余裕がありませんでした。

 画像の直しをしていて、ひとつ学んだことが
 自分で撮影した写真をパソコンで処理して合成する場合、そのまま合成しては写真と人物のタッチが差がありすぎて、人物が浮いてしまうため、ある程度「処理」して合成していたのですが、ふだんのB4サイズの原稿用紙で見るとOKなバランスでも、単行本サイズに縮小されると、密度が高くなってリアル度が増し、思った以上に写真っぽくなって人物が浮くコマがあること。
 と言うわけで、今回は何コマか、あえていつもより「荒く」処理して、単行本サイズだとなじむような画面処理を施してみました。
 二枚目の画像は、ケータイ配信時のものですが、実際の東京駅のスナップにフォトショップの「塗料」フィルタをかけたもので、これは、いつもよりギャップを大きく、かなり荒く飛んだイメージにしたものですが、
 単行本サイズにすると、むしろこれくらい踏み込んで処理しても、かえってバランスいいコマもあるように思います(ので、単行本化にあたり、あえてこういう処理をかけなおしたコマが何コマかあります)。

 デジタル処理自体は、もう数年前からやってきましたが、これまではいずれも雑誌連載を経てのことであり、白黒二値化した活版原稿だったのに対し、『戦闘女神アヌンガ』の場合、活版を経ないで最初から最後まで(ケータイ配信から単行本まで)グレースケール(微妙な灰色の濃淡まで表現可能)モードです。
 おかげで私の原稿のタッチが損なわれることなく、リアルに再現されるんですが、そのため、従来の雑誌連載とは異なる処理を施す必要があることに気づかされました。

 まだまだ試行錯誤は続きますが
 どうか気長におつきあいください。

 あ、発売は4月16日の予定です。ではでは~♪
コメント
この記事へのコメント
お待ち致しておりました。
くまくまでございます。 勿論お待ち致しておりました。楽しみですね、それとは別口で「超人日記」を手に入れて(電子判ですが)読み返しております。もしかするとこの作品が先生のタッチの変遷が一番読み取れる作品かもしれませんね、あの当時リアルタイムで読んだ記憶もあるのですが(断片的にです)改めて拝見すると、その後の作品との関連を見つけるのが楽しい作品ですね、いつもながら「楽しい作品、ありがとうございます」
2009/03/23(月) 20:50:15 | URL | くまくま #eI0qnTzk[ 編集]
おそれいります;
>くまくまさま
 こちらこそ、ありがとうございます。
 超人日記<若気のいたりでしたが、勢いはありましたね(笑
 本当に漫画家人生のスタートのころでした。なつかしいです。
2009/03/24(火) 19:23:13 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
待ち遠しいデス。
久しぶりにコメント、書き込みさせて頂きます。

アヌンガ2巻、発売日決定おめでとうございます。
そういえば…お弟子さんの田巻氏も、変身ヒロイン物を描かれているんですね。

私もセンセの作品との出会い、『超人日記』だったクチだったりします。
(一応…スタジオ・シップ版と徳間のと、両方所持しております。)
以来、一通り購読させて頂いてますが、引っ越しの際に『桃源荘~』だけ紛失、今では残念な思いで一杯です。

4月の発売日まで、アヌンガ1巻含めた過去作品を読み返し、2巻の発売を楽しみに待つ事にしようと思います。
2009/03/24(火) 22:50:20 | URL | まいるど青文 #-[ 編集]
そうでしたか
>まいるど青文さま
 田巻氏も変身ヒロイン物を<そうでしたか。奇遇ですー♪
 いろいろお気にかけていただきありがとうございます。
 桃源荘<私の最初の単行本でしたね。なつかしいです(本当に昔の話です);
 アヌンガ二巻、どうかお口に合いますようにー!
2009/03/25(水) 12:13:03 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.