あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
一山超えて
 ちょっと一山超えました。
 ここ半月取り込み続きだったんですが
 それと言うのも、作画用パソコンと、もっぱらネットやメール、ホームページ作成に使ってきた最古参のパソコン二台があいついでクラッシュ(ともに御歳六歳)。
 そのため、それぞれにつないでいたスキャナも使用不能状態で、正直大変でした。
 さっそくニューマシンを手配したんですが、それが手違いのため納品が一週間遅れとなり(つまり今回の仕事には間に合わなかった)
 予備のノートPCでつないだり、いろいろ工夫し手を尽くして乗り切り、少し遅れたものの『戦闘女神アヌンガ』の連載原稿も無事収め、二巻カヴァーも昨日無事納品いたしました。
 小説すばるの挿絵は、久々のアナログ手描き原稿になりました♪

 若いころの私なら、精神的ストレスだけでもかなりなダメージだったと思うのですが、多少は修行が進んだというか(笑)何があろうと平常心で、淡々と乗り切っている間に、勝手に事態が収拾して(多くの方々のご尽力のおかげもあり)おまけに死んだと思ったメインマシンが、箱を開けたりいじっていたら思わぬ軽症で復活したり、おかげで、二台頼んだニューマシンの内、一台をキャンセルできたり(一週間遅れになってなかったら無理でした)
 人間万事塞翁が馬を実体験したこの半月でした。

 くわしく書くとかなりな波乱万丈で、正直こんなシナリオ俺書けないよ、な、とっても勉強になる展開がありまして
 いい体験をさせていただきました。
 いずれ作品に活かします♪

 きょうは次の回とその次の回のプリコンテをやりました。
 二巻は4月中旬発売予定です。
 ではではまたー♪
コメント
この記事へのコメント
>「正直こんなシナリオ俺書けないよ、な、とっても勉強になる展開」

う~ん流石はストリーテラー!実体験で得た物を作品に生かすとは・・・

まさしく「事実は小説より奇なり」ですね。

想像力だけで書く方もいるのでしょうが、経験していない事(もしくは、そのものではなくても、類似した事柄を見聞きした)を書くというのはありえないと思うのです。

人間どこかで類似した事柄を、見聞きしていたからこそ想像を膨らませる事が出来るのではないかと・・・
2009/03/16(月) 01:22:31 | URL | ぬうぼマン #x9c5GV3o[ 編集]
経験は金♪
>ぬうぼマンさま
 種もしかけも・・・などと申しますが
 空想も元手となる体験あってのことと思います。
 作家のバロウズはアフリカに行くことなく小説ターザンを書いたのだったと思いますが
 なんの人生経験もない人に、人の心を動かす物語は書けないだろうと思います。
 ある意味困難な体験は貴重な恵み(こんな目にあってもリカバリできる、という確信が持てるだけでも)♪
 机上の空論、理想論ではなく、自信を持って、逆境脱出のシーンを描く、かけがえのない手がかりになるような気がします。
2009/03/16(月) 23:57:39 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
最近のリカバ
E社のプリンターを8年ほど使っているのですが、プリンターヘッドのキャリッジと呼ばれる部分の故障で印刷が出来なくなってしまいました。
で、・・・修理にだしてみたところ・・・この製品は保守期間が過ぎてしまいもう部品が手に入らないので修理不能だということで見事に帰って来ました。・・・めでたしめでたし!?

ちがーう!めでたくありません!
どうせすてるんならキャリッジをばらしてやる!ってことでキャリッジをばらしました。すとプリンタヘッドの位置は、ヘッドの裏にある水玉模様のテープを、キャリッジにプラスッチクの爪で固定されたレーザーマウスの発光機と受光機を組み合わせた様な形状の部品で位置読み取りしているらしいことが発覚!そして固定に使われている爪が割れていて・・・!
メーカーが修理できないって言っているんだから何しても良いよね。駄目ならゴミなんだから!

木工パテでセンサ部を完全に固定!修理完了!

そんなのありでしょうか?まあ多分ありってことで。v-66

ああ多忙はいけません。時間の過ぎるのが早くて。気が付くと4月16日v-82になっていたりするかもです。期待してます!

2009/03/17(火) 00:38:36 | URL | やすやす #-[ 編集]
実は私のも
>やすやすさま
 ありがとうございます。
 実は私の壊れた一台も、サービスに電話したら昨年でフォローは終わって取り扱えないと言われました。
 外側の箱を開けて、いじったらなんとか一度復活し、その後ついに臨終か?と思ったものの、前面のパネルをはずしたら、ものすごく単純な機械的部品(スイッチ)の破損だったことが判明。
 今は、前面パネルをはずした状態で、マッチ棒2本分くらいのスイッチの芯を押して起動させています。
 人間軽々しくあきらめちゃいけませんねー(笑
2009/03/17(火) 08:57:29 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
このごろは機械をばらして・・・思う。
メンテナンスや修理を自己責任でやる機会が多くなっています。

6年使ってるPCがそうだし、測定に使うPH計センサーとかもちゃんと手入れをすることで10年現役みたいな。もちろんラボ的使用環境じゃなくて、厳しい現場で。

測定機器の一定値でブザーが鳴る機械(購入価格約30万)とかはブザーで電源電圧が下がって測定精度が下がるという理由で鳴らないようにしてしまったり。現場経験と故障の様子の観察から細かい補強をしながらやっております。購入1年で修理になった機器も今では次に故障するのは何時か判らないというちょっと嬉しい事態にもなってます。(油断大敵ですが)

先生もスイッチみたいな、いかにも消耗品が壊れただけで愛用の機器が廃棄物になるところだっだ様で、そうならずに幸いだったと思います。

保守期限も「商品の価値」として自由化されるべきかも。色々な事情はあるでしょうがそれを克服することで商品価値を高めるという考えもありだと思います。保守保険料を販売店じゃなくてメーカーが企画し採算のあう長期保障体制を作るということは良い様に思えます。今の保障は何の保障なのかわからないもの多し。1000円の製品に保証とか付いてても何をどう保障してもらうんだか謎です。そうじゃなくて、この製品のこの部品は耐用時間どのくらいまたはどの程度で壊れる可能性があるってことを評価してもらった上でその部分を保守しますという保障こそ本当の保障じゃないかと思うですよっ。

もうすこし踏み込んで考えてみます。
昨今の機器は、個人に必ずしも必要ない機能性能が増えています。

壊れにくい構造で、消耗品は使用者が自己責任で自分のレベルに合わせて自ら修理でき、部品調達または代替品を見つけることが可能な製品とかを作ってもいい時代なんじゃないかと思います。将来への機能の付加向上すら製品の構成機構に埋め込まれた製品。古いがいつでも新しくなる。意匠も含めた高度な構成能力に商品価値が見いだせそうな気もします。

製品の消費回転だけで市場を支える時代は次第に過ぎ去って行く時期かと・・・。


なんにせよ、個人的には壊れたらばらして自分で修理も常に考えます。そんときゃメーカー保障とか関係なしに自己責任ですよっ!愛着湧くし、成功するとちょっとうれし~ τ(≧ュ≦)Y
2009/03/17(火) 10:20:28 | URL | やすやす #-[ 編集]
これからの時代
>やすやすさま
 この不景気の先の見えなさと、エコを思うとき
 むやみにあきらめず、自己責任で修理は欠かせない方向かもですね。
 昔は、自作マニアの方が、せっかくアキバで買ってきた高い部品を、組み込むとき静電気でパーにした話など聞かされたので、PCをヘタレな素人の自分がいじるのは恐怖があったんですが、どうせ廃棄するとなれば怖いものなしです。
 あきらめないで行きたいですー!

製品の消費回転だけで市場を支える時代<悪しき資本主義だと思います(●産主義は共感しませんが、資本主義の問題点も多々あります)。不必要なものを作るのも買うのもやめたほうが・・って、え?おまえが一番不必要?(爆
2009/03/18(水) 08:38:20 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.