あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
山本流作画術/光線技
『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ
 上はBbmf社ケータイ配信漫画『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ(と言ってもケータイでご覧なる場合はページは関係ないかもですね。あくまで単行本など紙媒体にした場合のページということですが)完成稿です。
 女神アヌンガと魔神ジャガンブウの戦いです。
 これを作成するのに、私は以下のような二枚の原画を描き、それぞれをスキャンしてパソコン内で合成します(使用ソフトはフォトショップCS)。
『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ原画A
『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ原画B
 フキダシや擬音が別の原稿になっていて、自由に移動させたり調整が可能です(海外翻訳版などの際も対応がラクです♪)。
 もう一つ、背後の建物や爆発、ビームなどが別の絵(パソコン内部で加工する際は「別レイヤー」と言います)にしてあるのがお分かりいただけるかと存じます。
 完成稿のクローズアップがこれですが
『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ部分A
 光線の原画の拡大をご覧ください。
 すみに角度の数値がメモしてあります。
『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ原画B部分
 これは、三本の光線に、それぞれどの角度で加工をほどこすかの数値です。
 手描きのままでは硬くて、イマイチ光の感じが出ませんので、これをフォトショップのフィルタの「ぼかし(移動)」を使って、にじませる際、どの角度で移動ぼかしをかけるかの数値です。
 そうして出来上がったのが下の図です。
『戦闘女神アヌンガ』16話13ページ部分B
 手間はかかりますが、加工しないのとしたのでは明らかに印象が異なりますし、可能な範囲で、この種の工夫は惜しまないよう、日々試行錯誤しております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.