あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
人それぞれのサバンナ
 先日、養老先生の出てるアフリカのドキュメンタリーを見てたら
 サバンナだったか、ものすごく多くの種類の生き物が存在してる理由は、彼らの身体構造の多様性のおかげというような意味のナレーションが流れてて
 うんうんそうだよね
 世界の多様性はそれで支えられてるんだから
 食い物一つとっても、肉しか食わないやつ、植物しか食わないやつ、アフリカじゃないけどコアラみたいにユーカリの葉っぱしか食わないやつ、などなど・・・彼らがみんな、たった一種類の食い物を奪い合ってたら、とてもあんな多様性は維持できないわなあ
 なーんて思ってたら、ふっと

 そうか、これだけ世界に多様な考えの人間が存在してるのも、思考と精神の「構造と機能の違い」だよなって思いました(あたりまえなんですが改めて)。

 ○○しか食わない(食えない)ってことは、○○以外は消化する能力が無いってことなんですよね。
 「真」「善」「美」とかいったテーマを消化できない人もいっぱいいて、なんであんなひどい犯罪が行えるのかとか、なんでいつまでもあんなとこで引っかかってるのかとか
 理解できないケースがいっぱいですが
 ある意味、そういう人たちは、世界にいくらでもある建設的な手がかりとなる情報を「消化できない」のかもしれないと。
 だからってそういう人々に賛成するわけでも、犯罪者を野放しにしようというのでは断じてないですが
 ちょびっと理解の手がかりになるような気がします。

 色んな情報が得たくても得ることができなかった昔と違って、今は望めばいくらでも探せます。
 情報が多すぎてどれを選んでいいかわからないという説もありますが、ネットの検索機能などを使えば、求める心とある程度の頭脳があれば、いくらでも「自分で探して」手に入れられます(無論、あるラインから先は、実地でネット外の世界で動かないと無理ですが)。
 探さないのは個人の勝手です。
 でもいくら手に入れられても「消化できない」んじゃ仕方ないですよね。

 私も人生で、どうしてあの人はこんな道理がわからないのか
 なぜあんなに愚かなのか
 などなど「???」に思う人と出会って来ましたが
 どちらが正しいかという問題は置くとして、要するに

 「消化できる情報が異なる」人間だったんですね。


 「どうしておまえらは笹が食えないんだ」
 ってパンダに迫られても困りますよね(笑)
 
 ただ人の精神や頭脳は、何かの積み重ねで、あるとき劇的に変わることがありますから、生物の身体構造とまんま重ねて考えることはできません。
 鬼のような極悪人が、ある出来事で180度改心するという奇蹟のようなケースもまれにあります。
 いずれも時が満ちる必要がありますが

 笹しか食えない心の人や、ユーカリの葉っぱしか食えない心の人のことも
 生暖かい目で見守る心のゆとりが必要なのかもしれません(でもパンダやコアラみたいにかわいくないんだよなー人間)(爆
 いや、そもそも人様がどんなであろうと、私が裁く資格も能力もないんですけどね。
 心の中の「イラっくま」をなだめる手がかりにはなるかと思いました;

追記
 養老先生が言われるには、アフリカみたいにでっかい生物が居る所には、実はすっごくちっちゃい生物もいるんだそうです。それもまた多様性ですね。
 人間にも(内面的に)すっごく大きい人とちっちゃい人がいるのになぞらえて、考えてしまいました。

 あとですね
 何かをバランスよく消化するのに微生物の助けがいるように
 自分もいろんな他の存在の助けがあって、情報を「消化」できてるんだと思います。感謝です♪
コメント
この記事へのコメント
No Title
パンダって笹を食べられるようになってはいますが、中身熊なので消化器官は肉食の頃のままらしいですよ。
だから折角食べた笹も消化しきれていないとか…。
でも、殺生を放棄して生きてるって羨ましいですよね。
2009/01/06(火) 13:13:39 | URL | No Name #L8AeYI2M[ 編集]
まったくです♪
>No Nameさま
 そうなんですか>パンダの消化器官♪
 貴重な情報ありがとうございます。
 まあ人間、完全殺生レスでは生きられない(おそらく草食獣でさえも)ですから、極力「無益な」殺生をせずに生きられればと思っております。
 でも確かにうらやましいですねパンダ♪
2009/01/06(火) 14:21:49 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
まいるど青文
確かに植物とか微生物にも生命云々、とか考えたら不殺生な生物は皆無でしょうね。

しかしながら、こうした研究とかから犯罪行為、抑制なり出来るようになるンなら、個人的には良い事だと思います。


以前…女子高生『食って』パクられた某漫画家、今(変な)グルメ漫画を描いてるのはなんなんでしょうね。
こうした事も、何か関連付けられるンですかね~。
2009/01/06(火) 16:47:36 | URL | まいるど青文 #-[ 編集]
そういえばそんな方が
>まいるど青文さま
 人の思考と精神はまだまだブラックボックスですものね。
 地球に生まれた以上、まったく闘争や殺生抜きには暮らせないように思います。植物でさえ、ある意味他の植物や昆虫と過酷な生存競争を行ってるわけで。
 ただ、ほんと、無用の殺生や、無用な傷つけはやめたいと思うものです。
 女子高生食った漫画家<あ、そういえばそんな方が昔。ニュースでちらっと見たような・・・ 
 グルメマンガ描いてるんですか?
 不勉強で全然存じませんでした;
2009/01/07(水) 15:50:06 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
山本先生

初めて書かせて頂きます。
漫画家の先生のブログを調べていて山本先生の所にたどり着きました。とても参考になり悩んでいた自分のヒントになりそうです。

>生暖かい目で見守る心のゆとりが必要なのかもしれません

会社に行くのが(嫌な上司がいるので)行きたくないと年の始めから思っていましたが先生の言うようにもう少し頑張ってみようと思います。
2009/01/07(水) 22:48:13 | URL | たろう #-[ 編集]
ありがとうございます
>たろうさま
 はじめまして。
 ようこそおいでくださいました。
 会社の嫌な上司や同僚<私のようなたまに編集者の方と打ち合わせればあとは自分で黙々と描いていればいい仕事とちがって、お勤めの方は大変ですよね。
 そのストレスで精神や肉体を病んでしまわれる方も。
 どうにも困った方のことは、視点を変えて、もうそういう生き物だと(馬鹿にするというのではなく)思うしかないのかもしれません。パワハラとか不当な労働条件を押し付けられるとかまでいくと、訴訟とか何か手段を講じないといけませんけど。
 私はついつい話が抽象的に流れることがありますが、たろうさまのような切実な問題で悩んでいられる方に、何かヒントが差し上げられるならそれは大変光栄なことです。
 人生の役に立たない話は書いても仕方が無いので、地に足をつけていきたいと思います。
 お心が安んじられますように。
 ありがとうございました。またおいでくださいませ。
2009/01/08(木) 01:01:06 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
楽しい職場
冗談です。結構ストレスが・・・。

20年も今の仕事をしていますし、一般的でないレベルの研究開発しているはずなんですが、元受の1年目の若者に指導監督指示されてへいこら頭を下げてたりします。指示に従うしかなかったりして。(笑)

そんな中でも自身を高められるし、有益なことはあるもんですね。悪い見本は自分では決してやらないはずの経験を積ませてくれます。

最後には私はそこから多くのモノを得るつもりです。

ちょっとタフさは必要ですが、受け流したり上手にそのまま相手にお返しする技術も日々磨きをかけてたりしますし、内向反響型のストレスにしないように心の在り様をすることにしてます。もっともこれは若いうちには出来なかったことなんですけど。

鍵は相手の立場に立って見ることですね。相手への思いやりに通じます。相手を思いやれるくらいの気持ちを自分の内に作れたら、ほら、何か余裕ができて、色々見えてきそうじゃないですか。受けとめることも受け流すこともそいう視点が肝要です。

>多様性
の先にあることに絡めてちょっと考察。v-84
2009/01/09(金) 00:03:17 | URL | やすやす #-[ 編集]
全部活かしてミにします♪
>やすやすさま
 あれも愛、これも愛、みんな愛とかいう歌が昔ありましたが(古いよ!)
 あれもI、これもIってことで、みんな置き換えて見ると興味深いですよね。どうにも理解できない方もおいでですけど。
 武術といっしょで、敵の攻撃も全部利用して活路を見出すのが吉かと♪
2009/01/09(金) 18:31:31 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.