あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
才能は摘まれるか
一昨日(2007年4月7日)の好きなことと労働の話に関して
 ホムペのお客様から「子どもの頃、親や教師から才能を誉められた人と、そんなバカなことはやめろ、と言われた人では大きく道が違ってしまうので、やはり運が大事かと」というメッセをいただいたのですが

 そうでもあり、そうでもないと思う私です。
 運と言うか環境と言うかですが。

 私の場合、親から「漫画なんかやめろ」と言われたことは一度も記憶にありません。
 絵を描くのは学校に上がる前からうまかったし、ある意味才能を認めてくれていたのだと思います。
 ただ、中学高校の頃は、勉強しろと言われて、おおっぴらにはほとんど漫画描けませんでしたし、父の目に止まるところではSF小説すら読めませんでした。
 でも当然ですがこっそり隠れて描いてましたよ(家でも学校でも)。

 ちょっと外から圧力がかかったくらいで消える才能はそこまでだったんじゃないかって思うところもあります。
 例えば、何度刑務所に入っても出てきたとたん同じ犯罪を犯す再犯者っていますでしょう?
 あれは負の才能ですが、あれが人の迷惑にならない、人を楽しませたり豊かにしたりする方向で開くのが正の才能かと。

 中には刑務所の中でも外と同様の暴力沙汰とかを起こす人もいるわけで
 環境がどうあろうと、やらずにはおれない。
 いったいこの犯罪を犯すのがこの人の人生で収支があっているのだろうか?というような、第三者から見たら理解できないような
 内からにじみあふれ出てくる衝動
 それが才能ではないでしょうか(犯罪を奨励しているのではありません。念のため)。
 
 作家は、創作物を生み出さないと、糞づまりの生き物がもだえ苦しんで死んじゃうように、ほとんど生きていけない生き物だったりするように思います。
 昔誰かの言葉で、変態は好きでやってるんじゃない、ほかにどうしようもないから変態なんだって言うのを見たことがありますが
 才能や創作も原則そうじゃないでしょうか(例外はどこにもありますが)。

 だから、ちょっとやそっとで摘まれるような才能は、そこまでの才能だったという見方もできます。
 ただ、伸び盛りにつぶされたダメージは大きなものがありますし(たとえば若い頃にピークがくる、ある種のアスリートが、中年以降に環境が整っても辛いものがあります)けして環境や運と無関係とは思いません。

 芸能界とかで、こいつは大物になるから、今のうちに摘んでおこう、なんてのもそうですよね。
 私は自分の芽を摘まないでくれた両親や環境に心から感謝してます。


 どうしてもやりたいことがあったら、あらゆる戦術を巡らして実現を目指す、知恵と根性を持って欲しいなあと、これから才能を伸ばそうって若い方には思います。
 例えば、漫画家目指すからっていきなり大学やめちゃう人とかいますが、よほど才能があるならともかく、私は反対。

 大学は合法的な家出だと思ってましたし、学校へ行きながら学ぶこともあるし、いろんな人と接して体験を積むことで、貴重な肥やしを得たものです。
 問題は、ぬるい学生生活のクセが染み付くことですが(学校にもよりますが)(笑
 いきなりやめて漫画家暮らしに突入すると、ある種の世間知らずになっちゃうのも困りものではないかと(なにしろ特殊な閉鎖社会ですから)。

 それならいっそ、会社勤めでもしながら漫画家目指した方がまだいいかもと思います。社会勉強になりますもんね(あさりよしとお先生とかゆうきまさみ先生とか、勤め人のご経験がおありです)。
 ちなみに、描いてるのがばれる(漫画でも収入を得ているのがバレる)と会社辞めざるを得なくなったりもしますが、それまではかけがえのないネタ探しができるわけです。

 才能をどう育むかは、各人自己責任で取り組む問題ですし、あらゆる知恵と手を尽くしてもダメだったときは、それはそれとして、その人生で味わうことが今生の道と腹をくくって行くしかないのでしょう。

 
 自分と世界を幸せにする才能が
 一つでも摘まれないことを祈ります。
コメント
この記事へのコメント
うーん、深い、と言うか、重い話ですね。
ある意味開き直らないとシアワセになれないのでしょうかねえ。
「世界中でコレがわかっているのは俺様だけだ!」と信じられる瞬間が忘れられなくて今があるのですけれど。
まあ、ホントに「俺様だけ」だったので誰も褒めてくれなかったのですけど。
2007/04/09(月) 22:06:22 | URL | マッドサイエンティスト #-[ 編集]
人生有効活用
>マッドサイエンティストさま
 これやこの前の日記を読んだある方から、いつかそういうテーマで作品描いてくださいとメッセいただきました。
 
 私は、世界には、どうしようもない無用の存在とか害虫とか思われてたものが、ある日思わぬ利用法が発見されるように、人間もそういう己の有効活用法を発見していくのが一つのテーマだと思っています。
 あと、自動車の排気ガスといっしょで、人はクリーンなものだけ排出して生きていくのは不可能で、どうしても何がしか他者に迷惑な行い(言動含む)を排出して暮らさざるを得ないんですが、その「排気ガス」をどこまで無害化(「抑圧」ではありません。それはガスを貯めこんでおくのといっしょで物理的に不可能。あくまで「有害物質の除去」を目指し「排出」するのです)していけるかが、もう一つのテーマ。

 この二本立てで生きております♪
 けして無理はしませんけども。
2007/04/10(火) 04:47:41 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
負の才能
以前、掲示板では大変お御迷惑をお掛け致しました。タス缶です。
先生のこちらのブログが始まって楽しみがもう一つ増えたような感じです(笑)

>環境がどうあろうと、やらずにはおれない。
>いったいこの犯罪を犯すのがこの人の人生で収支があっているのだろうか?
>というような、第三者から見たら理解できないような
>内からにじみあふれ出てくる衝動
>それが才能ではないでしょうか(犯罪を奨励しているのではありません。念のため)

大変考えさせられるお話ですね。
先生の仰る通り私もそう思います。
これが正の才能に向けば彼らの人生もまた違った人生になったと思うのですが。
そうは行かないのが人間の性なのでしょうか。

↓ある意味これも負の才能でしょうか。
もう先生の漫画か映画のセットに出てきそうなアジトです。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070405_marijuana_cave/

不謹慎ですが違う意味でセンスと才能を感じます…(犯罪を奨励しているのではありません。念のため)
2007/04/10(火) 11:54:14 | URL | タス缶 #-[ 編集]
映画のセットみたいですね
>タス缶さま
 お元気でいらっしゃるかと案じておりました。またおいでくださりありがとうございます♪
 この施設はすごいですねー。
 ハリウッド映画のセットみたいです。
 美しいたたずまいですねえ(笑
2007/04/10(火) 15:27:35 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
ムツカシイことは分かりませんが(⌒▽⌒ι)
野心とか執念、そしてサポートしてくれる人がいないと、どんなに才能があっても世に出るのは厳しそうですね。

せんせいはおくさまがいらしてよかったですね♪
2007/04/10(火) 17:20:56 | URL | ゆきな #-[ 編集]
逆もまた真なりかも
>ゆきなさま
 どんなに環境や人が助けてくれても、本人に才能と執念がないと世に出るのは無理かと。
 意欲や執念のない才能・・・あ、そういう例もありますね。あるジャンルに才能があるんだけど、本人にまったくその気がないという人知ってます。
 私はつまがいなかったら、ずっと貧しい(金銭的な意味ではなく)人生と創作だったと思います。
 つまにも天にも感謝してます。
2007/04/10(火) 17:46:27 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
カルマ
ご無沙汰しております。

>子どもの頃、親や教師から才能を
>誉められた人と、そんなバカなことは
>やめろ、と言われた人では大きく道が
>違ってしまうので、やはり運が大事かと

私は人格に障害を持つ親に職業に関する可能性をほとんどすべて潰されただけでなく、自分で選んだ妻にまで人生をかなり破壊されました。

おかげで物質的な成功や理想の人生というような幻想から離れることが、少しできるようになりました。

こういうのは運といいますか、より正確にはカルマなんでしょうね。結局そこへ行くかって話になってしまいますが。
2007/04/10(火) 21:48:37 | URL | あるカルマ・ヨギ #EyzGSO2Y[ 編集]
ハードルの高い人生
>あるカルマ・ヨギさま
 いらっしゃいませ!お元気でしたか?
 色々と過酷な人生を送ってこられたのですね。
 軽々しくお慰めするのは僭越と申しましょうか、かえって失礼かもしれませんが
 人は魂のレベルに応じたハードルが与えられるとも言いますし、困難をただ嘆くだけでなく、道を求めていく糧となさったことは素晴らしいことだと思います。
 心より尊敬申し上げます。
 私の場合はもっと恵まれた(ぬるい)環境の人生だったように思いますが、それが身の丈に合ったものだったのだろうと思います。
 ただ、その恵まれていると思う分は、世間様にお返しをしたいと思っていますが、一番確実なのはとりあえず、人様のお役に立てる(いい意味で元気の出る)作品を描くことと思い試行錯誤しております(汗
2007/04/10(火) 22:19:56 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.