あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201704
たこ焼きネコ
たこ焼きネコ
たこ焼きネコ部分A
たこ焼きネコ部分B
 今から十年以上も昔、母が長崎を歩いていて見つけた光景。
 たこ焼き屋さんの屋台を覗き込み、様子をうかがうネコ。
 と、その様子を見守る仲間ネコ(兄弟親子?)。
 まだ写メとかない時代(だったと思います)、母は手持ちのフィルムカメラで撮ったものですが、焼き増しを送ってくれて、私は一目で気に入って、額に入れて飾ってました。
 ここのところ、当ブログも生真面目な話題が続いたので、少し息抜きにアップしようと、十数年ぶりに額から出そうとしたら、ガラスに貼り付いてべりべり。一枚はなんとかはがしましたが、一部穴があいてしまい、もう一枚は裂けそうなので途中で断念。仕方なくガラスごしにスキャンしました。
 今はこのたこ焼き屋さんもどうしておいでか。
 猫たちはもしかしたらすでに天国かもしれませんが、私はいつ見てもつい笑ってしまいます。
 たこ焼き屋さんにも、このネコたち、あるいはその子孫たちにも、幸多かれ♪
 ではでは。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/25(火) 01:09:55 | | #[ 編集]
お疲れ様です
>コメントくだった方へ
 コメントありがとうございます♪
 色々お心を悩まされることがおありだったご様子。お疲れ様です。
 うちのミケコはナマ鮭の焼いたのが好きでした。たまに人間の分をおすそ分け(塩分あまり多くないやつ)してあげると「ウマイウマイ」って鳴きながら食べてましたよ(マジで)♪
2008/11/25(火) 10:26:34 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
塩分
猫とかペットの餌って、疑問に思ってたんですよねー。

人間は高血圧とかすごく話題なのにペットのそれは話題もない。

猫なんかネズミとか取っていた動物なんだから本来塩分はネズミの血液から取る程度のはず。そうすると魚の煮付けとかすごい塩ってことになりそうな気がしてました。

たこ焼きもマヨネーズで塩分倍増。もっとも猫が20円はらってマヨネーズ頼んだりしないんで、心配ないのでしょうけど。

鈴虫とかに煮干あげたりザリガニに雑魚あげるのも塩分って点で問題ないのかなー?

塩を食べるって前提がない生き物にゃ塩の味なんて感じないから食べちゃっているんじゃないだろかと気を使ってみたりして。

鮭のおいしい季節。with 精米したて新米がおいしい。塩分も体重も色々ですね。
2008/11/25(火) 11:57:07 | URL | やすやす #-[ 編集]
ネコの腎臓
>やすやすさま
 ネコたちは、そもそも今のペットのように十数年とか二十年とか生きるのを前提で設計されてないようで、もっと短期間で腎臓がダメになると聞いたことがあります。
 ですから、塩分にはとりわけ気を使ってあげないといけないんですよね。
 先日も、通いネコにあげる餌にいりこを混ぜてあげようとして(ネコ好きだから)ためしに食べてみたら、塩分控えめと書いてあるのにけっこう辛くて没にしたことがありました。
 ちなみにネコは甘みを感じるセンサーがないので、ケーキのクリームなんかは脂肪分がうれしいだけだそうですね♪
 人間だってそもそもあんなに砂糖や塩はいらない(ミネラル補給さえきちんとしていれば)んですよね。
 無理のない食事をしたいものです♪
2008/11/25(火) 13:18:54 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
実際に食べてみたら…。
猫は人間に比べて塩分は少な目、なるほどですね~。
確かにペットフードって、原材料に塩味を感じさせる物が無く、成分表示の塩分パーセンテージも低いです。

ドッグフードとか猫缶、実際に食べた事ありますが、一口食べて思ったのが
「(塩)味がしねぇな…」
でした。
シラスおろし風に大根おろしを乗せて、醤油を一かけすると、人間用にはイイ『塩』梅でしたが…。
ササミと何たらとか、パッケージ写真見ると、何気にスッゲェ旨そうなので、つい食べてみた訳っスね~。
2008/11/26(水) 08:56:30 | URL | まいるど青文 #-[ 編集]
そうでしたか!
>まいるど青文さま
 そうでしたか!
 私はペットフードは食べたことがないんですが、やはりそういう配慮がなされているものなのですね。
 情報ありがとうございました!
2008/11/26(水) 09:52:54 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.