あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
自分に呪いをかけないで;
 最近の日記、ゆるすこととか心をコントロールすること(感情にふりまわされない)について、お読みくださった方のコメントで
「言ってることはわかるけど、自分にはとてもできない。自分はダメだ」
 という意味のものがありまして
 お、お気持ちはわかりますが、どうか早まらないでくださいと申し上げたくキーに向かいました。

 自分で自分の未来を決め付けて「ダメだ」とか「死ぬまで~~だ」とか、どうかおっしゃらないでください。
 それは自分で自分に「呪い」をかけるようなものです。
 たとえ勘違いのウソでも、毎日毎日そう思って生きていると、潜在意識に刷り込まれ、ウソがホントに思えてきます。
 心が萎縮して、自分にブレーキをかけ、自分で自分を檻に入れます。

 「なんでもできる」とは言わないでください。人間ですから。
 「絶対できない」とも言わないでください。人間ですから。
 できるかできないかは、自分で生きてみることでしか結論は出ません。
 誰がなんと言おうと、それしかないです。

 ちなみに
 人が自分で自分に「呪い」をかけるようになるきっかけの最たるものが
 他人からかけられた言葉や仕打ちです。
 親からおまえはダメだダメだと言われて育った子どもが、自分はそうなんだと思い込んでしまうとか、クラスメートから人格を否定され続けて「自分なんかこの世にいない方がいいんだ」と思い込んでしまう人とか。
 子どものころは、冷静で論理的な思考のシステムができていませんから、親や友人、世間の評価が絶対的だと思うのは無理ありませんが、そのうち、それがウソであることに気がつきます。
 一つの例は、第二次大戦の終わりと同時に、戦争万歳だったオトナの多くが、平和と民主主義サイコーに一夜にして宗旨替えしたことなど、そのいい例でしょう(そういうオトナを見て人生観が変わったという人、あの時代には少なくないようです)。
 人は他人からどんなひどい決めつけを受けても、最終的に自分が同意しない限り、それは効果がありません。
 「おまえなんかゴミだ」
 と言われて、この人はなにを言っているのかな、どうも機嫌が悪いらしいな、と思うか
 そうかオレはゴミなのかと思うか
 「同意する書類」に「ハンコを押す」のは自分自身です。どうか「ハンコを押さないで」ください。


 あなたの前に、誰かが現れて
 「あなたは死ぬまで~~でしょう」
 などと言い出したら、インチキ預言者か頭のおかしい人だと思うでしょう(まあ、そう思って、だいたい間違いないと思いますが)。だから同じことを自分で自分になさらないでください。

 一寸先は闇
 かも知れないし
 一寸先は光
 かもしれない。
 人にはわからない未来のことを、神でも預言者でもない人が決め付けない方がいいと思います(だから私も決め付けません)。いや、たとえあなたの前に、自分は神だとか預言者だとか言う人が現れたとしても、その人の言うことを信じるかどうか、受け入れるかどうか、最終責任はあなたにあります。
 私は私の名において私の自己責任で判断し決定します。うかつに「ハンコは押しません」。

 あなたがどこまで行けるか、どれほどの力を可能性を秘めた方か、あなたにも誰にもわかりません。
 結論は死ぬときまでわかりません。
 よく言われる「一生懸命願えばなんでもかなう」とかいった、空手形は申しません。
 人には確かに限界があって、身長が足りなくて新弟子検査にパスしないとか、そういう「できないこと」はあります。
 でも心の可能性は、深海や宇宙と同じように、まったく未知の部分が大半です。
 限界がどこにあったか、証明するのは自分の人生だけです。
 どうか自分に「呪い」をかけず、もし過去にかけていたら「ちゃら」にする方向で、過去など気にせず進んでください。
 どうしてもやりたいのなら
 「呪い」ではなく「祝福」を!

 笑う人もいるでしょう。無理だと言う人もいるでしょう。私もずいぶん言われてきました。
 でも自分の思う道を行くだけです。
 行ってください。
 誰かの思うことでなく、あなたの思う人生を。
コメント
この記事へのコメント
自分に呪いをかけるのは、とても善くない事だと思いますが、自分に暗示をかけるのは、私がよくやる常套手段です。

たとえば朝起きた時に「今日は二度と無い貴重で楽しい一日なんだ」とか、自分に言い聞かせます。

楽しい日でなくても、貴重な一日ですし、二度とないという事に嘘はありません。
貴重でなくても、楽しい事があるかもしれないし、ほんの些細な事でも楽しい思い出になります。

結構、この自己暗示は効きますので、これとは正反対の呪いも効くはずだと思いました。
2008/11/20(木) 20:46:08 | URL | ぬうぼマン #x9c5GV3o[ 編集]
つまり他人(肉親含む)の言葉には一考しろってことですかね。
2008/11/20(木) 21:19:03 | URL | choker #-[ 編集]
呪いではなく祝福を
>ぬうぼマンさま
 おっしゃるとおりです。おかげで大事なことを思い出させていただきまして、二行ばかり記事に追加しました。
「どうしてもやりたいのなら
「呪い」ではなく「祝福」を!」
 ありがとうございました。

>chokerさま
 おっしゃるとおりです。
 私のこの記事も例外ではありません。
 ご自身で受け入れてもいいと思われない限り、誰の「呪い」も受取拒否です♪
2008/11/20(木) 21:42:13 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
小学生の頃、自分に対して「強くなる」と呪いをかけました。
それから約20年、武術の道にいます。
いつかこの呪いは解けるのかと思ったのが10年ほど前。
そう思った時から、フルコンタクト空手から始まった「呪い」は南少林拳の「祝福」に変わったようです。
2008/11/26(水) 23:16:27 | URL | 南の人 #-[ 編集]
すばらしい♪
>南の人さま
 呪いが祝福に<すばらしい!よかったですね!
 ネガティブなものがたとえきっかけであっても、どこかで気づいてそれに「マイナス」を掛けて全部プラスにひっくり返したり
 人生っておもしろいですよね。
 ご武運長久をお祈り申し上げます。
2008/11/27(木) 12:12:39 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.