あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
おめえに費やす○○はねえ!
 前回、感情と意思の話で日記書きましたが
 きょうブログ見てたら、知り合いの漫画家さんが仕事してたマイナーな出版社が、原稿料未払いのままトンズラ(倒産か)したみたいで
 メゲてらっしゃいました(そりゃメゲるよ!)。
 一か月分の生活費くらいにはなる原稿料踏み倒されたみたいで
 なんとお慰めしたらよいか。
 電話もFAXも通じない、ホームページも消えてる。
 完全に逃げたな、と。

 私も昔マイナーな出版社でそういうことされたことがあります。
 そりゃハラもたちますし、悲しい悔しい、金銭的にも大変です。
 でも

 ここで本当に大変ですぐに変えられないのは金銭問題で、感情問題は自分の気持ちや考え方次第です。
 無理して「いい子」になって、湧き上がる思いを「抑圧」すると、一時的にはいいんですが、長期的に見るとその「抑圧」した感情が身体的な変調(時には痛みや、ホルモンなんかのバランスを崩したり)を起こしたり、精神状態も悪くするので、あくまで可能な範囲で調整することが肝心なんですが

 一つ言えるのは、感情も自分の貴重な資源、財産です。
 うまく活かせば、建設的な行動を起こす「燃料」にもなるし、逆に翻弄されると考えもまとまらない、行動も支離滅裂、あとで後悔するはめになります。
 んで
「あいつのこと赦せない」
 とか
「がまんできない」
 と思うのは仕方ないとして、その感情が暴走してどうにも止まらなくなり、次の手を考える余裕が無いとか、何も手がつかない状態になられた方に、山本流アドバイス(珍しくセッキョじみたこと書きますが、けしてセッキョじゃなく、実体験からの提案ですので、お許しください)。

 その人物がどうしようもなくひどい人だったとして、すでにあなたは十分「被害」を受けていられるわけですよね。
 で、その人物のために心が捉われて、大切な「今」を失い、食いつぶされるというのは、実際に発生した被害以降も、新たな被害が拡大再生産されている状態です。
 それはもったいないし、悲劇です。
 これを止められるのは、自分だけ。
 そのひどい人物のために、何かを(もっぱらネガティブな感情になるわけですが)思い続け、ほかのことが出来ないというのは、言って見れば自分の時間と財産をそのひどい人物のために捧げているのと同じことです。
 いったいなんのために、そんな人の奴隷になる必要があるのでしょうか。
 もうあなたは十分に、そいつのために貴重な時間と労力を奪われてきたはず。

 でも、あんなやつは赦せない
 なら、無理に赦す必要はありません。
 ただ、そんな人物のために、自分の貴重な時間も感情ももう一ミリだって一グラムだって差し出すものかという断固たる決意があればいいだけです。
 自分は自分の感情も思考も、よりよい未来と幸せのためにだけ使う。
 そんなやつのためにはもう何も差し出さない。
 そう思うのも手です。

 昔
「おめえに食わせる○○はねえ!」
 ってフレーズがはやりましたが
「おめえに費やす感情はねえ!」

 そう思ってみられてはいかがでしょうか。
 私は自分と自分の愛する人と、大切な未来や幸せのために、大切な感情はとっておくのだ、と。
 自分の心も感情も、かけがえのない大切なものだから、くだらないものために浪費するような余分はないと。
 苦労して稼いだお金は血の一滴に等しいと言いますが、感情もまた血の一滴です。どうか大切に使ってください。

 というわけで
 誰かにムカついてそれがぐるぐるして困ったら

「おめえに費やす感情はねえ!」

 山本の提案でございます;失礼しました~~;


追記
 そういえば、私の友人のお坊さんで、どうしてもハラたったときは、無理せず怒るという方がおいでです。
 時間を区切ってその間だけフルスイングで素直に怒る。
 んで
「うーん、きょうは気持ちよく怒ったぞ~~!」
 って、気持ちを切り替えて仕事にかかるという。
 そういうのもまたありですねー♪
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/14(金) 08:30:44 | | #[ 編集]
わかる、わかる^^
あー、これ良くわかります。
仕事をしている時でも、実は自分にとって重要な相手に対しては、正の感情と同様に負の感情も向ける場合があります。

でも、本当に「こんなヤツ、最低!」という相手については、その後はもはや何の感情も生まれず自分にとって相手の存在が「無」に
なっていることがたまにあります。
これって、先生がおっしゃることと同じで、既に自分の感情や注意をその輩に向けること自体がもったいないと無意識に「気」を遮断しているのだと思います。

よく「怒られるうちが華」とも言われますが、相手が怒らなくなった(無反応になった)ときは、相手に見捨てられちゃったのかもしれませんね^^;
2008/11/14(金) 22:28:08 | URL | にゃん #cwHBdaMk[ 編集]
コメント感謝です
>最初にコメントくださいました方へ
 おそれいります。何かお心に響くものがありましたなら幸いです。
 自分と世界を励ましていけたらいいなと(ぬか喜びではなく)いつも思って書いております。
 拙著お読みくださりありがとうございます。
 30年も描いてきますと、自分の内的変化成長がそのまま反映されて、今読むと穴があったら埋めたいものも色々ございます(汗
 気長におつきあいくださり恐縮です。
 これからもどうかよろしくお願いします。
 ご自愛ください。

>にゃんさま
 おっしゃるとおり、相手が怒らなくなったときは終わりかもですね(笑
 いや、怒らず常に慈愛をもって接する人もありますが
 無反応はヤバイかも;
 しかし、本当に感情も思考も限りある資源ですから、くだらない相手に注いでは人生もったいないです。大切に生きましょうー!♪
2008/11/15(土) 06:14:13 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.