あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
「誇りは徳ではありません」→「前個」と「超個」について
 昔友人の漫画家さんから聞いた言葉ですが
 その人が好きでやっていたゲーム。なんというタイトルだったか忘れました。
 色々な「徳」を集めて世界を回るシナリオだったか、ある街に行くと
 「あなたは『誇り』がありますか」
 と問われ
 「はい」
 と答えると
 「誇りは徳ではありません」
 と言われる。

 なかなか至言だと思ったものですが、それから十年以上いやもしかして二十年近く?も生きてきて
 そのセリフの意味するところに、しみじみ笑みがこぼれます。

 今回も、少々長い話になります。
 お暇な方はお読みください。

 いきなり結論から申しますが
 「誇り」や「プライド」を抱きしめている人とは、真実を語り合うことは難しいです。
 なんでも心置きなくハラを割って語り合えるのは、己のプライドを捨てた人だけです。

 これは、ともすると誤解を招く表現で、いささか解説が必要なのですが
 よく卑劣な犯罪者や、無責任きわまりない人物に対して言われる
「あなたに人間としての誇りはないのか」「プライドはないのか」
 という段階の、誇りやプライドの有無を言っているのではありません。
 そういう段階は通り過ぎた、つまり他者への思いやりや責任感はわきまえた人が、次に進む段階の話です。

 トランスパーソナル心理学のケン・ウィルバーが用いる分類に、「前個」「超個」というのがあります。
 とりわけ形而上的な問題を語る場合、この問題は避けて通れないことだと私も思うのですが、
 たとえば荒っぽい例で言いますと、
 幼児や反社会的な人格の人間が、自分のものも人のものも区別がつかず、平気で人の品物に手を出す、というのと
 分別は十分にわきまえた人格者が、自他の区別をつけず、人の苦しみも自分の苦しみと同様に考えて、困っている人に自分の財産を見返りを求めず分け与える、ということは
 言うまでも無くまったく別のことなわけですが

 自他の区別が無い、という一点にのみフォーカスして、これをいっしょくたに狂気や愚かさとしてしまう論法が、世の中にはよくあります。
 「ミソもクソもいっしょ」というやつですが
 人は他人を非難攻撃する際、よくこの混同をする、と言うか、意図的に相手を低いレベルに「分別」してあざ笑ったり侮辱したりします。

 ウィルバーの言い方で言うなら
 自分のものと人のもの区別がつかないで犯罪的行為に及ぶ人はきちんとした「個」を確立する以前の「前個」段階であり
 分別をわきまえた上で慈悲の心から自他の区別無く尽くす人は「個」を超えた「超個」の段階にあるわけです。
 その間に無論、その過渡期に当たる「個」の段階もあるわけです。

 私は特にウィルバーのファンというわけではなく、と言うより、彼の学説すべてに共感するわけではないのですが、彼のこの視点は、多くの問題を語るに有益なものだと思っています(彼の「前」「超」の区別にもいささか異論もあるのですが、今回は置きます)。


 今回、触れた「誇り」「プライド」も、同様に私は思っています。
 一般に「プライドがない」というのはネガティブな意味で使われることが多く、人として最低限の気構えが無いとか、覇気が無い、ヘタレなどと同じ意味で、使われることが多いように思うのですが
 確かにそういう人もいますが、似て非なる人もいる。
 ポジティブな意味で、もはや己のプライドなどというものは捨て去った人。

 「なにがあろうと、自分は人間としてのプライドは捨てたくない」
 というと、逆境にあっても己を見失わない立派な人の決意表明として見られることがありますが、それはある視点ではその通りですが、もう一つ上の視点に立てば、無用なものとも思われるのです。
 人は自分を律するのに、いつまでも誇りやプライドに依存する必要はありません。
 自分のメンツや自分の属する集団のメンツなどとは無関係に、ただ自然体でなすべきことをなす、もっともベストと思われることにベストを尽くす。
 そういう境地もありますし、またそれさえも、自己の進化向上の段階の一つに過ぎないのかもしれません。
 人として、まっとうな自我の確立もできない(最低限の誇りもプライドもない)段階にあることが、人格の成長の一段階に過ぎないように
 そして、そういう段階を脱して、いわゆる「人としての誇り」「矜持」を持って、己を律して生きる(道を踏み外しそうになると、その誇り、プライドを手がかりに踏みとどまる)ようになった状態も、また、人が歩む成長の一段階にすぎないし
 一つの通過点に過ぎないのではないかと思うものです。

 プライドにすがっているということは、まだ「オレが」や「オレたちが(家族、集団、国家など)」という、偏狭なエゴがある証拠であって、言うなれば「我欲」なわけです。
 オレのプライド、などというものを握り締めている限り(って、、これは机上の空論ではなく、己の人生を振り返って、実体験として思うのですが)人は、冷静にものを見たり判断したりすることが難しい。
 その人のプライドが傷つかない問題では、知的であったり思いやり深かったりできるのですが、こと問題がプライドに関わると、とたんに反射的に心と思考が防衛体勢をとり、それはすぐに他者への(ぶっちゃけ、自分のプライドを傷つけた相手への)攻撃行動に移ることになります。

 わかりやすい例としては、偏狭な民族主義に凝り固まっている国の人々と、二つの国にまたがる領土問題について、冷静な対話が成立しないというものがあります(おそらく、この記事をお読みの方も、ニュースなどでイヤと言うほど眼にしてこられたと思います)。
 民族の誇りを汚された→悪→敵→攻撃、そして自分たちは正義で善である→なんの反省も再点検の必要も無い、という、ほとんど自動装置のような閉じた反応に陥って、そこから抜け出ることができません。
 これは、国家間の対立というような大きな問題から、日常のささいな人間関係まで、多くの無意識的な人々を支配しているルールです。

 「集団中心主義、自民族中心主義」というやつで、そういう意味でおそらく世界の7割がたの人間は、それかそれ以下の発達段階にあり、ある意味ナチスと変わらないとウィルバーは言います。
 これまた誤解のないように補足しておきますが、これは自分が生まれ、自分を育んでくれた共同体や国家、人々、国土への感謝の念(ポジティブな意味での愛国心とでも申しましょうか)を否定しているのではなく、オレの仲間さえよければ他の集団はどうなってもいい、他の国も民族もどうなってもいい、自分の仲間の利益に反する者は全部敵であり悪であり無条件で攻撃の対象にするというような、ネガティブな意味での集団主義を指していると思われます。

 じゃあ、その次に何が来るのかと言えば、世界中心主義とでも言いましょうか。
 自国の利益だけでなく、グローバルな視点で全体の利益のバランスを追求する視点になります。
 って、言うと話がどんどん大きくなるので、今回は置きますが
 少なくとも、自分や自分の属する集団のプライドを引きずっていては(からめとられていては、と言うべきでしょうか)そういう視点に進むことは難しい。
 いや、別に世界の環境問題を考えるとかいうレベルに行かなくとも
 身の周りのさまざまな人間関係に生じる問題を解決するのにも、冷静、客観的な視点には立てません。
 以前アップしました記事「傷つけば正義?」にも通じる話です。

 そう言えば昔どこかで書いたことがあったように思いますが(このブログではないですが)
 ある作家が、好意的に面倒を見ていた新人作家に、後足で砂をかけられるような裏切り行為をされ、それを知った編集さんが
「あの人、どうしましょうか」
 と尋ねた(含みの在る質問ですね)のに対し
「いや、あの新人さんは才能のある人だから、大事に育ててあげてください」
 と答えたことがありました。
 そういう反応は、己のプライドを握り締めて、感情的に反応している段階では難しい。
「オレの顔に泥をぬりやがって」とか「恩をあだで返しやがって」から、すぐに
「どうしてくれようか」「どう思い知らせてくれようか」
 になってしまいます。

 このテーマは実に多くの問題を含むもので、どう書けば多くの方に多少なりとも共感していただけるかと思いあぐねて、以前から書こうとして果たせませんでした。
 実はこの記事も、一ヶ月も前から書きかけて思案し、アップしかねていたものです。
 結局、完璧を期していては永久にアップできないと踏んで、このたび見切り発車いたしました(笑)。
 今後もちょこちょこ補足記事を追加したいと思います。

 冒頭にかかげました「誇りは徳ではありません」の言葉
 言い換えて
「誇りを超えて」
 と言うのもいいかなと思うものです♪
 ではではまた。
コメント
この記事へのコメント
よ・・り・・ど・・こ・・ろ
>「誇り」や「プライド」を抱きしめている


総ての人には今を支えるよりどころが必要です。



私の生命の心に係わる理解の一つは仏教でいうところの「十界」「一念三千」です。難しい解説とか本とかの表現で理解しているわけではなく、生命の表現としての喜怒哀楽は生命の中にすべてあり時に応じその表現が出現するということを私は感じ受け入れています。

先生の言葉をかりれば、超個の人が前個の人に会って自身の前個が現れ、前個の人は超個の人にあって超個に影響を受けるものと思っています。
人の心の働きはこういうものと思います。

心は、モノを直接動かせません。(超能力者でもあらゆる物事は自在ではありますまい。)モノの動きはきわめて生物としての利害関係が伴うものです。


この両者ゆえに、超個と表現される者ですら、武器を持って人を殺めることもあるのが必然です。

今の体制の恒常性を求めることはよりどころに通じます。総ての人がなんらかの物事加えて心のよりどころをもって生きているわけです。

総ては自身の生の維持のために。

何か変わりようがないような諦めを感じませんか?多くの人の感じる社会に関わる閉塞感の元がここにあると考えます。

しかし、私は思います。(現実の問題として懸命に事実を探求し技術を磨き表現しようとしても成果は得ることが出来る立場の人のものとなり自身は持ち出しにつぐ持ち出しで家族のある生活など不可能だったりすますけど。)

人の生命よりの智恵は、現実に囚われない自由な将来の人の社会の在り様を模索し形にできる能力に富むものだと。

そういう観点で、私は資本主義も封建主義も民主主義も社会主義も共産主義も自由主義も民族主義も貨幣経済もなど等、・・・・・・あえて自身の内にて否定します。(もっとも・・あっ!でもこれはいいとおもったら直ぐそのとこは採用です。)

抽象論はとても理解されないことが多いので、先生の出された漫画家さんの話に絡めていいますと、「大事に育ててあげてください」の言葉は漫画業界発展への智恵であり、出版業界の活性化のために智恵であり、多様な発想が日本の社会へ及ぼす進化への智恵なのではとか思うのでありあます。(もっともその漫画家さんがそこまで考えていないかもしれませんが・・・。そこはそれそう考えた方が楽しいし、一念三千の内の微細な本人すら意識できない表現と汲み取っていると

思うですよ。笑)v-274

こんなふうに色々考えまとめる機会はすごくいいですよ。感謝。
2008/11/04(火) 22:59:40 | URL | やすやす #-[ 編集]
レッド
このへんの話はほんとうに面白いですよね。なぜ唯物論に行ったのかとか、こういう鋭さは真骨頂だと思いますよ。

この「世界の7割がたの人間」説、ウィルバーは50から70パーセントとも言ってますが、おそろしく楽観的なものだと思います。私は「少なくとも99%」と置き換えています。環境の違いでしょうか(笑)

主観的な比率はさておき、大統領選にせよあらゆる宗教にせよ、必然的にこの「多数派」の中で行われているゲームであり、世界(のある部分)を動かしています。

ここから離れれば苦難の道が待っていますが、発達論とか世の中の状況からすれば、もう必然的にそうなるんですね。
2008/11/05(水) 11:06:15 | URL | カルマヨギ #-[ 編集]
コメント感謝です
>やすやすさま
 総ての人には今を支えるよりどころが必要<おっしゃるとおりです。
 それぞれの状況や発達段階に応じたものが必要で、けしてある立場から別の立場を否定したりはできません。
 超個の人が前個の人に会って自身の前個が現れ、前個の人は超個の人にあって超個に影響を受ける<も、そのとおりだと思います。互いに貴重な役割を果たし、変化していきます。
 それを貴重な気づきや学びと捉えるか、単なる闘争や敵対行為と捉えて憤慨したり悲嘆にくれたりするかは、人それぞれだと思います。
 無論堪えられないストレスや、暴力(物理的な行為にせよ言語などによる精神的なものにせよ)は、放置するのではなく適切に処置すべきですが
 心次第で活かせるものは、どんどん活かして歩んで生きたいと思うものです。
 こちらこそ、こういうテーマに真摯にコメントをいただけて感激です。
 ありがとうございます。

>カルマヨギさま
 「少なくとも99%」<確かにウィルバーは楽観的過ぎると私も思います(笑
 ただ、これは私の楽観論かもですが
 自分だって別に何かの師匠につくでもなく、どこぞの道場に入るでもなく、生活の中で日々考えてこの辺まで来てるんだから、世間にはもっと優れた人が山のようにいるわけで、きっとこの世も捨てたモンじゃないかも、みたいな♪
 だから、たいしたことなんかできないけれど、自分なりに自分と世界を豊かにしていけたらなあと♪
 感情と反射に主導権を握られた無意識的に生きる生き方から離れると、確かにある種の苦しみもありますが、逆に無用の苦しみを手放して楽になっていく部分もあります。
 自分はいったい何のためにあんなに苦しんできたんだろうと。
 でも、おっしゃるとおり、もう必然の道で、そっちしか行く気がしない(他の意見の方も無論おいででしょうが)のも事実です。
 どこまで行けるか人生使って見届けたいと思うものです。 
2008/11/06(木) 03:45:12 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
逆に
>何かの師匠につくでもなく、
>どこぞの道場に入るでもなく

師匠とか道場なるもののほとんどが、(前)慣習段階的だ、というのがここでの問題でして、誰かについているから、どこかに所属しているから、というのは完全に「70%」内の価値観だと思います。

そのことを、あるレベルではっきりわかっていらっしゃるから属しておられないのであって、だからといって唯物論(これこそ現状で70%の中核をなすものですが)でもなく、というバランスですね。これはやはり、かなり稀有なものとしか。

>逆に無用の苦しみを手放して
>楽になっていく部分もあります。

確かにそうですね。何というか、シフトしていくんでしょうね。
2008/11/06(木) 09:23:38 | URL | カルマヨギ #-[ 編集]
ものみな過ぎ行く
>カルマヨギさま
 某先生のブログもついに終了されてしまいましたね。ご本人も書いておられたとおり、私も拝読していて何か質的に変わってしまった(役目を終えつつある?)ように思っておりました。終了も必然かと思いました。
 私も今年は公私共に色々変化の年になりました(まだ数ヶ月残ってますが)。
 ものみな過ぎ行く。
 前慣習段階も慣習段階も、すべてはすぎゆくステップの一つであり、後慣習段階にもまた無数の段階があると思われます。
 人生色々な局面で参考にさせていただいたり、助力を受ける方というのは、これまでも今もこれからも無数においででしょうが、あくまでそれもすぎゆくものであり、何かに傾倒依存して己を見失うような対象というのは、見当たりません。
 あくまで自分は自分の名において自己責任(オレがオレがの偏狭なエゴの主張ではなく)で歩むものと思っております。
 病気になれば医者にかかるということと、その医者の弟子になるというのはまったく別のことですものね。
 あいかわらず、いっぱいしくじりながら学ばせていただいております;
2008/11/06(木) 22:36:56 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
生命の六角形
>人それぞれ

・・・

円形は何か理想的なバランスの図形に思えます。
ですが円と円は上手に組み合わさりません。

四角形は隙間なく組み合わさって並べられますが、なにか一つ一つは角張っていてぶつかるといたそうです。

六角形は、隙間なく上手に並べられます。
でしゃばらず引かず。まあなにか一つの理想の比喩ですね。


私は、ある時「人の世は人の生命のお祭り」と思うようになりました。

人類もいずれは滅びるのかもしれませんが、少しでもでかく盛大にお祭り騒ぎをしようってのが生命の在り様なんじゃないかと思います。

人それぞれなんだけどでもそれぞれじゃないんだ!ってとても矛盾したことを思ってしまうのです。

昨日よりわが自作機PCが瀕死状態でしたが懸命の救助によりただいま生還しこうして先生のブログを拝見できました。祝!これからも色々勉強させていただきます。m(__)m
2008/11/08(土) 02:11:17 | URL | やすやす #-[ 編集]
PC復活おめでとうございます!
>やすやすさま
 おそれいります。
 私も、ここ何日か、ブログ更新によく使っていましたマシンの無線LANが使用不能になりまして往生しておりましたところ、友人から有線LANケーブルのいいのをゆずっていただきまして、昨日より復活いたしました。
 ご自作PCご復活おめでとうございます!
 六角形は隙間なく<おお、おもしろいお話ですね!
 人それぞれなんだけどでもそれぞれじゃないんだ!<同じように私も思っています。みんな個性があってでも根源的にはつながっているものがあって
 世の中はすべて一件矛盾した相反するもののように(いいは悪い、悪いはいい、みたいな)思っております。
 生命の祭り<そうかもしれません。そうですね♪
 これからもどうかよろしくお願いします。
 
2008/11/08(土) 03:16:57 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/08(土) 09:21:52 | | #[ 編集]
共鳴
>いいは悪い、悪いはいい

好きですこののこと。あの某アメリカの大統領ブッシュは、史上最○の大統領として名を残しそうに思いますが、史上初の黒人大統領の産みの親でもあると思うと歴史の変革を成し遂げた大統領とも思えます。あの大統領がもう少し○ともだったらこの変革は起こらなかったかもしれません。皮肉なものです。

>根源的にはつながっているものがあって

でもこう思えると何か納得できます。大局にあってでかいお祭りに向かうなら生命として多少の紆余曲折はありですよ。やっぱり。

小さいお祭りに縮小することは恐れるべきことかと。

2008/11/08(土) 09:24:49 | URL | やすやす #-[ 編集]
禍福はあざなえる縄の如し
>やすやすさま
 東洋には陰陽陰陽・・・という思想がありますが
 白一色では絵も描けません(黒い紙が最低必要)(笑
 生命として多少の紆余曲折<全部貴重な御祭りなのでしょうね♪
 何かに深く傷ついて萎縮してしまわれた方を見かけることがありますが、それは不幸なこととも見えますし、またそれさえも貴重な気づきの一過程とも見えます。
2008/11/09(日) 09:43:42 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
11月8日にコメントくださった方へ
「非公開」になっていたので、うっかり見落としておりました。
 申し訳ありません。
 すごいですねー。集中力と執念。
 物事の核心を捉えるのは人生の極意ですね。
 興味深いお話ありがとうございました!
2008/11/12(水) 03:19:35 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.