あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ささったトゲ
 あいかわらず執筆の日々です。
 先日、右手の薬指のつめのそばの皮膚に、3ミリくらいのトゲみたいなものが刺さって埋まってるのを発見。お箸を持つのに痛いんで、近所の皮膚科に行きました。
 高木美保似の眼鏡の女医さん(なかなかイケてます)が診てくれて、
 「トゲの頭が出てませんね」
 「それって刺さって時間が経過して皮膚が覆っちゃったってことですか」
 てっきり切開して毛抜きかなんかで抜くのかと思いきや
 いきなりピンセットでぐいぐい皮膚の上から斜めに刺さったとげをいじりだし
 ちょっとちょっと、そんな乱暴にしたらヤバくないですか、痛い痛い、いや傷じゃなくて横の皮膚に食い込んでる先生の爪が痛い、などと言ってるうちに
 「あ、とれました。
 「でも、少しだけかけらが中に残っちゃいました」
 ほーらー。だーかーらー。
 「刺さって時間が経ってたんでトゲがもろくなってたんです」
 いや、それもあるでしょうけど、あんな角度で細いとげをぐいぐい押したらそりゃ折れますよ。
 ヤブか名医かは知らないけど、かなり不器用ですね、絶対ピンバイスとか使って細かいガレージキットなんか組み立てたことないですよね、てか組み立てらfれないですよね先生、などと思いつつ診察終了。
 「そのうち体が排出しますから安心してください」
 そうですね。私の右腹部の虫垂炎手術の残り糸は手術から数年してハラの皮膚を破って出てきましたから♪
 こんなちっちゃい(3ミリ)傷だけど抗生物質に胃薬に消毒薬に塗り薬。
 消毒薬は、液体と容器が別で自分で移すようになってて、こりゃあれですな、中身とがわが別包装になってるこった最中と同じですな♪
 というわけで、さすがに抗生物質は呑まないで消毒と塗り薬だけつけました(初日だけ)。
 もうほとんど赤い線になってますけど、なんか埋まってるようです。

 仕事は、『戦闘女神アヌンガ』一巻カヴァーを完成。
 11話のコンテをやってます。
 湘南は昨夜は久々に涼しくて、今朝は気持ちよく目が覚めました。
 皆様もよい一日を。水分補給はお忘れなきよう。
 ではではまた~~♪

追記
 しろさんは今朝もモンプチ食べてます。
 
コメント
この記事へのコメント
私もよくとげを刺すのですが(不用意に部屋で工作なんぞをするので、自業自得なのですが・・・)眼が良かった頃はすぐに自分で抜いていたのですが、最近老眼が進んでしまってよく見えないので困ります。

以前は倍率の高いルーペと先を研いだ精密機械用ピンセットで一発!だったのですが、老眼鏡とルーペは相性が悪く、仕方が無いので極端に度の強い老眼鏡を使って取ります(歳は取りたくないもんじゃわい・・・)


しろさん・・・・なに!モンプチですって!なんという贅沢。革命のあかつきには断頭台の露となりますぞ!(笑)
2008/08/10(日) 21:49:08 | URL | ぬうぼマン #x9c5GV3o[ 編集]
どうしてビッケを食べないのかしら?(マリー・アントワネッコ)
>ぬうぼマンさま
 わはは、私も老眼になる前は自分でどうにでもできたんですけどねー;
 歳には勝てないものです~~;
2008/08/12(火) 06:22:14 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.