あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
UNDERCOVER
 「やあ@さん」
 と編集長は言った。
 「今度のあなたの担当編集者だがね、Aをつけようと思うんだが」

 「Aさんですか」
 @先生は答えた。
 人並みはずれた頭脳と知識、才能を持ち、並外れた胆力を有している@先生は、編集長の言葉の裏に、何か含むものがあるなと感じた。
 「Aさんがどうかしましたか」
 「うむ、実はね」
 編集長は声をひそめた。
 「Aにはすでに3人作家がつぶされているんだよ。
 奴がいったい何をしているのか、あなたに探ってもらいたいんだが」
 「いいですよ」
 さらりと笑って@先生は答えた。
 人生でさまざまな修羅場をくぐってきた@先生にとっては、別にどうということもない仕事だった。
 本物の暴力団や、裏社会の人々とも取材で何度もつきあいもあり、それに比べれば子供のようなものだ。
 はてどんな話が展開するのか、いつもの打ち合わせに行くノリで会合場所へ向かった。

 「キミには才能なんてないんだからね」
 開口一番A氏は言った。
 「どうせオリジナリティあふれる作品なんか作れやしないんだよ」
 「そうですか」
 淡々と穏やかに@先生は応じた。
 「だからキミはすべてボクにまかせておけばいいんだ」
 NOとは言わせないという口調でA氏は言った。
 「じゃあ私はどんな話を描いたらいいんでしょう?」
 と@先生は言った。
 「何を言うんだ。それはキミが考えることだろう」
 おもしろいヤツだなと@先生は思った。
 この調子でこれまでの作家にも当たってきたのだろう。
 「わかりました。がんばります」
 おだやかに打ち合わせは終わり、一息ついて、@先生はケータイを取り出した。

 「もしもし編集長ですか」
 「ああ、@さんか。さっきAのやつが戻ってきたよ」
 「そうですか、何か言ってました?」
 「うん、『@ってのは才能ないですね。自分で話が作れないんですよ、あんなやつは使うことはありませんよ』って言ってたよ」
 「そうですか」
 @先生の巨大な才能、能力を知っている編集長が、そんなA氏の報告を信じていないのは言うまでもない。
 @先生は、A氏との打ち合わせのやりとりを、個人感情を交えず、淡々と報告した。
 「なるほどそうか。ありがとう」
 と編集長は言った。
 「やつぁクビだな」(笑

 そしてA氏はクビになった。

 それにしても
 と@先生は思った。
 とりあえず、編集長の慧眼で、問題編集は無事排除されたけど

 つぶされた三人はその後どうなったのだろうか。
 @先生には知るよしもなかった。




さて

この物語を、潜入捜査刑事モノ、おとり捜査モノの出版業界版パロディだと思われた方もおいででしょう。

いえいえ、ただの実話です。
 友人@先生から直に聞いた話です。

 私が先日の日記で、主人公とその世界に深く共感して漫画版『不夜城』描いた、と書きました理由が
 少しはご理解いただけましたでしょうか。
 単純な作家と編集部の対立などという構造で成り立っている世界ではないこともお分かりいただけると思います。
 この業界にいれば色々あります(こんな話は氷山の一角です)。

 なんてこった、出版業界は魔窟かよ!
 そんなことはありません。
 こういうことは、一般の会社、社会にもいっぱいあります。学校にだってあるでしょう。
 要はそれに翻弄されず、ダークサイドに落ちないことです。
 きょうもがんばってまいりましょー!!!♪


追記
 この種の魔の手にひっかからないためには、幅広い人間関係を構築することだと思います。
 先日書きました、真綿で首をしめるような追い出し策とか、自分も同じ目にあったが、信頼できる昔の担当さんから「編集長が追い出そうとしてるから無理ですよ、さっさと別の雑誌に行った方が得策ですよ」と裏で教えてもらって、傷を深める前に脱出できたという知り合いもおいでです。
 漫画家間の横のつながり縦のつながり、人間関係はどの世界でも重要です♪

 なお、@やAは今回の話を書くための便宜上の記号で、実名イニシャルやペンネームではありません。念のため;
コメント
この記事へのコメント
学ぶべき機会は・・・あまりに少ない・・・
思わず某「特命係長シリーズ」かと思ってしまいました(笑)。

やはり人脈・人間関係は重要ですね。
一般の会社勤めもそうですが、フリーランスの仕事の方は、特に生命線に関わる事だと思います。

しかし、そうした社会的・業界的な処世術を得るのには、漫画家と言う職業はデビュー年齢が若いのと、習得する機会が少ない点で不利かもしれません。

一連の事件が、そうした若い漫画家さんの教訓になれば良いのですが・・・
2008/06/16(月) 10:34:43 | URL | ぬうぼマン #x9c5GV3o[ 編集]
同感です
>ぬうぼマンさま
 @先生<私より若い方ですが、世間知らずの私と違って、色々な事情に通じています。
 漫画家は若くして業界に入り連載など持ってしまうと、よその世界を全然知らないで成長が止まってしまう場合がありますから、よくよく気をつけないといけませんね。
 若い漫画家さんの教訓に<同感です、
 一人でめげたり絶望しないで、色々相談相手をみつけていただきたいものです。
2008/06/16(月) 13:21:27 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/16(月) 19:02:50 | | #[ 編集]
ありがとうございます
コメントありがとうございました。さっそく修正させていただきました!
2008/06/16(月) 22:12:40 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.