あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
漫画家原稿料のもう一つの側面
 漫画家の原稿料はいくらぐらいが妥当か
 という問題は、一概に答えの出せない問題で
 その苦労に見合った代金をマジに請求した場合、正直拒否される確立が高いように思うのですが(笑
 たとえば市販の車だとか様々な製品には、その開発費用とか広告費用(テレビCMなど含む)が上乗せされて価格設定されていますよね。
 漫画の場合、その取材費、画材などの材料費、期日に間に合わせるために必要なアシスタント代、徹夜続きで製作するための光熱費などなど・・・
 全部上乗せして妥当な額をもらってる作家がどれくらいいるのか。
 正直少数じゃないかと思うものです(笑

 私なども、正直はらっている労力を思えば、これくらいは・・・という額はあるのですが、私の人気度を考えれば論外な額なことは議論を待たないので、そんな額は請求しません(笑われるだけですから)。
 私の場合はだいたいの上限下限を幅を持たせて設定してまして、依頼を下さる出版社さんの体力に応じて請求額を代えることにしています。
 大手の出版社さんとマイナーな出版社さんとは数千円の差があります。
 数千円安ければ数千円分手を抜くというわけではなく、乗ってしまえば関係ありません(だいたい執筆しながら、この1コマでいくらの金とか考えながら描く漫画家さんっているんでしょうか?いないとは言いませんが少数派じゃないでしょうか)。

 で、今回の本題ですが
 原稿料の額は安すぎても困るのですが高すぎても困る。
 高過ぎると依頼が来なくなる恐れが、という話は、すでにあちこちで書かれていますが、
 もう一歩踏み込んで
 
 出版社サイドがこの原稿料を、作家を囲い込むための手段として使う場合があります。

 他誌にその先生を取られないために原稿料を値上げするわけで
 業界のことを知らない新人漫画家さんは
 「やった!この編集部は自分のことをこんなに評価してくれてるんだ!」
 と感激されるでしょうが、
 なんのことはない金でバリアを張られたわけで
 人気がなくなれば放り出されて、誰もそんな高い原稿料の人気のない作家なんか仕事を頼みに来ないというシビアな現実に直面します。

 大出版社の方からそういう例を聞いたことがありますし、
 マイナーな出版社の方からもあります。

 昔あるマイナー出版社の編集さんだった友人は
 若いころ、すごく才能のある新人さんと出会い、売り上げを伸ばして上司からも評価されたのですが
 会社が高額の原稿料でその漫画家を囲いこもうとするのを見て
 その漫画家さんに
「あなたは、うちみたいなマイナー誌で終わる才能の人じゃない。もっとメジャーな雑誌で活躍されるにふさわしい人です」
 と、有名メジャー誌に送り出してしまった。
 社内ではそのためバカ無能呼ばわりされて、結局いづらくなって辞めることになりました。
 
 編集者と言うとみんな漫画家のことなんか考えてない会社の手先みたいに思っておいでの方もいらっしゃいますが
 そういう「誠(まこと)」のある方もおいでなわけです(だから信頼できる友人なんですが)(笑)。

 ちなみにその漫画家さんはいまだに一線で活躍しておいでの有名作家さんです。


 漫画家の原稿料の低さは問題だと思いますが
 上がったら上がったで身を滅ぼす場合もある。
 これまた難しい問題を抱えているものです。
 

追記
 居酒屋さんなどで、土曜日○○半額セールみたいなのありますよね。
 漫画家も依頼を受けるために、土曜日原稿半額セールとかやったら仕事が来るんじゃないかって冗談考えたことがあります。
 ただしお一人様二枚まで、とか。
 アクション漫画とかどうすんだよ(話なんにも入らなくて商品になりません)(爆


追記2
 原稿料の高さでは、いわゆる大家と呼ばれる方々
 一ページが二桁になるわけですが
 私がこれまで聞いた最高額は30万円台でした。どなたとは申しませんが、聞けば知らない方はいらっしゃらない方です(イニシャルだけでバレるのでそれも伏せます)。ちなみに私の聞いた範囲では二人いらっしゃいます。
 もう異次元の価格です(笑
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/11(水) 08:50:09 | | #[ 編集]
今回の騒動、当事者先生のブログも読んでみましたし、山本先生のこの記事も拝見しましたが、やはり「金」というより「人間関係のこじれ」のほうが問題だったんではないかと思ってしまいます。
お金もらっても「ムカつく」相手の仕事はしたくなくなる、これ人情ですよね^^;
ただ、この当事者先生も、ちょっと短気すぎないかなぁ・・・と思う面もあります。激高して机を殴り自分の右手を骨折するなど、手が命のはずのプロの漫画家としては適性はいかがなものか・・・と。
2008/06/11(水) 09:01:41 | URL | にゃん #cwHBdaMk[ 編集]
了解しました
>にゃんさま
 ご依頼の件了解しました。ついでにご依頼のコメントも削除させていただきました♪
 ありがとうございます。
 短気は損気と申しますが
 件の方もよほどハラにすえかねる状態でいらしたのでしょう。
 感情のコントロールは永遠のテーマです。
2008/06/11(水) 13:57:41 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
声優業界は人気が出て給金高くなるとすぐ
使われなくなるからなあ
2008/06/13(金) 23:19:33 | URL | なんか声優に似てるな #-[ 編集]
そうですか;
 そうなんですか;
 どこも大変ですね。
 情報ありがとうございました。
2008/06/14(土) 02:47:34 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.