あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「空っぽ効果」?
 先日2008年3月11日の日記「別件コンテ中」で

「「そう言えば、新しいインスピレーションを得るには、今ある思い込みやイメージを捨てて頭を空っぽにして、新しい何かが入るスペースを空けなくてはならない」
 ということを思い起こしまして

 いや、そう思っただけなんです。

 でもそれから20~30分。
 ふっと思っても見なかった案が浮かびました」

 てなことを書きましたが
 それが偶然の産物なのか、再現性のある技術(技術と呼んでいいかどうか、まあとりあえずそう呼んでおきます)なのか判別不能だったんですが
 続報です。



 先日マンガ家の友人から電話かかってきて
 マンガじゃないんだけど連載のカットの仕事が取れるか取れないかの瀬戸際で、担当さんからお題を出されたんだけど、ここ数日手持ちの仕事が修羅場でロクに寝てなくて脳も死んでるし、なにかいい案ないですかねーと。
 それは大変。
 いつもこっちも相談に乗っていただいてる親しい友人なので一肌脱ぎたいと思ったんですが、私も全然思い浮かばなくて
 その夜は仕事終えて私は寝まして

 寝てる間に何かインスピレーションを授かる体験はままあるんで
 今回もないかなーって甘い夢見て寝たんですが
 翌朝目覚めてもなにもない。

 ちぇ~~;
 しかしこれでは何も貢献できないぞと思ったとき

 そう言えば先日の「脳にインスピレーションの入るスペースをあける」を思い出し、
 じゃまたやってみるか
 と決心して数秒

 ぱあっと浮かびました笑えるネタが♪
 友人の企画は、子供向けの記事のカットなので親御さんといっしょに子供が見られる内容(だから過激なのやエログロは無論論外)ということだったんですが、んでもって編集部から提示されたある文章を一こまであらわしたカットということだったんですが
 明るく楽しく笑えるカットが浮かびました。

 おお、前回は浮かぶのに20~30分かかったけど今回は数秒だあ!

 さっそく友人に描いて送信。
 友人も気に入ってくれて、その線でラフを作成して担当さんにFAX。



 結果は、その企画とは別の企画になったけど、連載カットの仕事は無事もらえたそうです♪
 よかったー;
 役に立ったのか立たなかったのかよくわかりませんが
 この「空っぽ効果」は今後も再検討して磨いていければと思っています。
 一応二打席二安打ってことで(笑



 なんか雑誌の裏についてる
「このお守りでこんな効果が!」
 みたいなよくある広告のあおりみたいですが、別にただの体験報告です(描いても誰も儲かりません)(笑)。
 偶然が二回続いただけかもしれません。
 またやってみますー。ではでは



追記
 補足ですが、これって、ただ「たなぼた」を願って、呆けていてもダメですね。
 ある程度思案して、煮詰まって、其の後呆ける。
 緊張と弛緩が脳には必要と、あるお客様がおっしゃってましたが、私もそうだと思います♪
 いかに自分の問題を「他人事」と見れるかもポイントかと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.