あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
なんば歩き2
先日アップしました「なんば歩き」に関して、ブログのお客様から以下のようなメッセをいただきました。感激です。大変興味深い情報なのでご本人のお許しを得て転載させていただきます。ありがとうございます♪

「僕が”なんば歩き”を知ったのは、宮沢賢治さんです。
 小学生の時、宮沢賢治さんが大好きで読みふけっていた時がありまして。その時手に入れた「宮沢賢治・その生涯」のような題名の本を読んでいると、賢治さんが学校の教師だった時、その生徒の証言に「賢治は両手・両足を一緒に出して、ゆっくりとキリンのように歩き・・・・」(細部不確か)と書かれていたので驚きました。
 何で?の前に、やってみよう!と、思い立った私はしばらくナンバで生活してました。単純に体の動きが鋭くなったので、喜んで使っていたら教師に「やめなさい」と怒られ、更に問詰められたので(・・・)一時止めてしまいましたが、今ではポケットに手を突っ込んで、何処でも雪駄か下駄に陸足袋でナンバです。(これは大道具時代の名残です。大道具は雪駄に陸足袋が基本です)
 今思えば、宮沢賢治さんは明治29生まれの人ですから、ナンバ歩きでも不思議ではないのですが、その頃(教師をしていたのは大正中期~)はもうナンバ歩きは珍しかったのかもしれません。ひょんなことからナンバ歩きに縁のあった私が、その理解を深めるきっかけがセイバーキャッツでした。先生の日記を読んで思い出しましたです。」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.