あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
久々の散歩で山登り♪
境内の樹

山道(2007年11月4日)

山のふもとの家

町内某所に小ぶりな山がありまして
何年ぶりかに一人で上まで散歩に行ってきました。頂上にちっちゃな公園があるので、日曜日は親子連れなどがけっこう来てます。
 先日つまと登った(途中まで)のもこの山でした。
 湘南はきょうは晴天で、北側から登って南側に降りるまで、頂上でおにぎり一個食べる時間込みで一時間ちょっと。
 気持ちのいい山登りでした。

 画像は途中で撮影したスナップから。
 神社の境内の端っこの大木。半端な樹齢ではなさそうで、もっとかっこいいカットもあるんですが(まるでナショナルジオグラフィックかと言うようなカットも)それはいつか仕事で使うので秘密(笑)。
 あとは山道(シルエットは私)。
 降りたあと道端にあった家。まるで妖怪ポストです♪
コメント
この記事へのコメント
樹木は夜に......
くまくまでございます。 樹齢を経る毎に、日が落ちてから木々は「気」を放出するそうです。 曾祖母曰く「暗くなって、森や林で気配があったら、それは樹木の気配、怖がらなくとも悪さはしない」と言っておりました、また、「怖いと思うのは自分の気配が映っているからだ」とも。 今、思うと納得も致しますし、こんな知恵を授けて下さる古老も少なくなりました。 
2007/11/04(日) 20:03:46 | URL | くまくま #eI0qnTzk[ 編集]
古木はいいです♪
>くまくまさま
 どれほどの人間を足元に観てきたのかなあと想像すると、なんだか感無量になります。

 蛇足ですが、友人の色々観える人は、午後三時過ぎてから神社に行くのはやめたほうがいいと言ってました。別のもう一人の友人から同じこと言われました。
 なんでも、だいたいそれくらいの時間から朝まで、あの場をとりしきる存在が交代するからだそうで・・・
 じゃあ除夜の鐘にあわせた大晦日の夜中のお参りなんかはどうなるのかってことになりますが、あれはまあ特例なんでしょうね♪きっと
2007/11/04(日) 20:21:03 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.