あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
日本最古?の2次元&3次元(立体)コンプレックス
『Mr.ボーイ』より坊君

薬師寺の僧、景戒によって書かれた8~9世紀の有名な書物『日本霊異記』に、「3Dコンプレックス」の男についての言及があります。多分いろんな方がすでにあちこちで言及なさってるのでしょうが

 聖武天皇の御世に、和泉国和泉郡の血淳上山寺(ちぬのかみのやまでら)に吉祥天女の彫刻があり、そこに住んでいた信濃国の優婆塞(うばそく)が、その像に愛欲を起こし
「願わくば天女のごとき容好き(かほよき)女を我にたまへ」
 と祈っていると、夢で天女の像とSEXし、目覚めると、吉祥天女の像の衣の腰に「不浄染み汚(けが)れたり」つまり精液がついていたと。

 自分は天女さまに似た女性を願ったのに、なんでかたじけなくも天女ご自身が交わりたまいましたか、と嘆いたという話で

 その話の末尾に

「涅槃経に云ふが如し
『多淫の人は画(えが)ける女(をみな)にすら欲(おもひ)を生(おこ)す』
 とのたまふは、其(そ)れ斯(こ)れを謂(い)ふなり」
 と。

 いやー、そんなこと言ったら現代のエロ雑誌見てる読者は全部これです(笑
 『日本霊異記』の作者も1000年以上後に、まさかこんな世の中が来ようとは夢にも思わなかったでしょう(私もその「多淫」の者の一人ですが)(爆)。

 この話は手元の岩波書店版『日本霊異記』でも一ページ足らずの短いものなんですが、その中に、おそらく日本最古の2Dコンと3Dコンに関する記述が詰まっているという珍なものでした。ちゃんちゃん。


添付画像はなんの関係もなく拙著『Mr.ボーイ』のボーイです。女でなくてすみません(笑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.