あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
運命と自分
 知り合いの方のブログで、ニーチェの「運命愛」の話がありまして
 ちょうど、同じ日にほかのお知り合いが、人生の苦難(机上の空論ではなく、ご自身の過酷な体験を例にされて)は、気の持ちようで絶望することなく乗り越えられると言う日記を書いておいでだったこともあり

 私も近年の重要なテーマですので、少し触れます。

 『運命愛とは、要するに、この偶然に対する愛である・
「何事であれ、現にあるあり方と違ったあり方であって欲しい、などとは決して欲しない」で、むしろそれを「愛する」ことである』
 (永井均『これがニーチェだ』講談社現代新書209ページ)(この抜粋、お知り合いの日記より転載)

 で、あるがままを喜び感謝して受け入れるのが「運命愛」で、仕方なく受け入れたり、意志の力で受け入れるのが「運命の受容」だと言うんですが、
 私は思いますに

 運命を受け入れることに抵抗がある。しかし人間なので運命のなんたるかは完全には把握できていない。とすると、それは一種の「食わず嫌い」ではないでしょうか。
 意志の力でえいやっと「食べ」てみたら、とってもおいしくて「愛し」てしまうこともあるのではないでしょうか。
 さてこの場合どこまでが「受容」でどこからが「愛」なのか。

 無理やり白黒つけて、「運命愛」か「運命の受容」か決め付けなくても、もっと可塑性のあるもののような気がします。
 私は両方が自分の中にあるようで、そのおかげで両方の視点で見られておもしろいです。

 完全な運命愛を会得できた人というのは、善しか行えない大天使のようなもので、人間である必然性があまりないと言うか、そういう境地に行けたら(素敵でしょうが)行けたときのことで、自分は地平に輝く目印の星として時々見上げながら、日々の運命の受容を歩んで行こうかと思います♪
 もっとも昔に比べたらずいぶん「受容」より「愛」の割合が増えた(つもり?)なのですが(笑

 いや、住めば都と申します。
 受け入れた運命は、いつまでも忍従していないで、気がついたらけっこう愛してること、多いような気がしますよ~~♪

 インドの覚者ラマナ・マハリシの言葉だったと思いますが

「あなたがたは良いことがあると神に感謝する。しかし悪いことが起こると感謝しない。そこが間違っているのだ」

 まことに至言だと思います。
 100%身体で納得するのは難しい(普通は誰でもひどい事故だの病気はしたくないように)ですが、人生の極意を一言で言うとそういうことではないかと。
 これはけして、悲劇に遭遇した人間をあざ笑うものではなく、悲劇は悲劇としてあるがままを受け入れ、もしそれが二度と繰り返したくないもの、立ち直りたいものであれば、そのためにできることをすればいい。その瞬間の「被害者」であることに、いつまでも囚われて変化しないでいる状態を、選ばないということです。


 蛇足ですが、思想や哲学というのは、肉体の訓練といっしょで、学んだからと言ってすぐ使い物にはなりません(なるものもたまにありますが)。
 道場で学んだ鍛錬法を何日も反復して初めて使える技が身につくように、生き方やあり方も、その思想が身体にしみ込んで自然体で体現できるようになるには長い過程が必要です。
 たまに話だけ聞いて、そんなことできないと決め付ける人がいますが、それは、道場で鍛錬法を聞いて、すぐに人が倒せない(だから使えない)と言うくらい見当違いなことではないかと。

 って、いささか脱線しましたが
 きょうは、そんなちょっと硬い話をしてみました。お許しを~~;
コメント
この記事へのコメント
あるがままに受け入れる....
くまくまでございます。死なない限りは痛い思いをすれば学ぶのが人と申しますが、何故か死ぬほどの痛い目を見ても止められない事もある訳でして、いえ、バイクなんですが、過去に大事故は2度程ありました、勿論そこから学んだ事も多く、決して無駄な入院生活ではありませんでしたが。怪我をして入院していてもその「今」を妙に受け入れてしまっている、特に大変だとか何だとか思わない、ただ、単純に「まぬけ」なだけかも知れませんが(笑)つらいだの痛いだの言っても「今」を生きている事に違いは無く、ただ生活の場が病院なだけ。流されているのか?とも思わなくは無いのですが、事故も因果の結果でしかない訳で。不幸は不幸として、幸せは幸せとして素直に受け入れた人生が送れればなあ、と最近思う様になりました。と、言って世間の事象に無関心な訳ではありませんし「欲」だって人並みにございます(早くBジャン魂読みたい!とか)枯れている訳ではありませんし、生きている間はあがき、もがきしています、しかし受け入れる余裕が最近少し増えたような気もいたします。(錯覚しているだけかも?爆笑)
2007/09/17(月) 23:06:37 | URL | くまくま #eI0qnTzk[ 編集]
住めば都(笑
>くまくまさま
 虫垂炎をこじらせてストレッチャで運ばれながら「これで休める、休めるよ」とうわごとのようにつぶやいていた私です(笑
 受け入れる余裕ができるほど、ものが冷静に見えてくるように思います♪
 かたくなであると見えないことって多いですよねー!!

 しかしバイク事故、無事サバイバルしてこられて何よりでした。
2007/09/18(火) 02:49:56 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.