あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
避難場所でのアレルギーのこと
 熊本は父の故郷です。
 山口県の山本家に来て何十年も経ちますが、いまだに父の言葉のはしばしに、お国言葉のイントネーションが残ります。
 テレビなどであちらの方の話される声を聞くと、私はいつも父を思い出して懐かしくなります。
 今回の地震では、一番の被災地からははずれていて、父の実家は無事だと聞きました。
 電話で話した山口県の父の声は、いつもと変わらず明るかったですが、弱音は吐かない昔かたぎの九州男児ですし、細かい話はしてくれないので、どのレベルでの無事かはよくわかりません。
 被災された方々のご無事を、心よりお祈り申し上げます。

 蛇足ですが、避難所で、アレルギーのある方が、配布される食料品の一部が食べられず、好き嫌いと勘違いされて辛い目にあっておられる話を聞きました。
 ソバなど、アレルギーのある方には、わずかでも命に関わる症状が出たりします。
 私の妻も色々過敏な体質で体が受け付けない食品があります。
 食品とは違いますが、数年前の帯状疱疹では、一般的な治療薬に反応して全身が赤く染まり、何十年も皮膚科をしている先生が「論文でしか見たことがない」と言われる症状で、緊急入院
 使える薬品を探して取り寄せ治療することになりました。
 一般の人になんでもないから、あなたも大丈夫だろうというシロウト判断は、時には傷害罪とか殺人罪にも等しい過ちだと思います。
 色々なアレルギーのある方が、不当な扱いを受けることのないよう願います。
 どうぞご無事で。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.