あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
『宇宙への序曲』 アーサー・C・クラーク
『宇宙への序曲』 アーサー・C・クラーク

宇宙への序曲』 アーサー・C・クラーク/中村融・訳/ハヤカワSF文庫

 旧友、中村融氏の新訳です。
 帯のコメントは笹本祐一先生。
 『2001年宇宙の旅』でおなじみ、SFの巨匠、故アーサー・C・クラークがアポロ11号の月着陸よりはるか昔、1951年に書いた、人類の月着陸計画の物語です。
 小説家としてのクラークの初期の作品で、最初の長編とも言われています。
 
 幼少期からSF好きだった私にとって、クラークは尊敬する巨人でした。「品格」というと近年、妙な手垢のついた言葉になった感もありますが、いい意味で品格を感じさせる安定した作風は、他に類を見ないものでした。
 本作品は、作家として完成される以前の、発展途上のクラークとでも言いますか。
 あちこちに荒削りな部分があります。
 しかし後の作品にも共通する、人類の未来に対する暖かなまなざしがあり、愛すべき一作だと思います。
 アポロの後に生まれた若い世代(いや、もはや若くも無い世代も)が、どう感じるのかわかりませんが、私はクラークの未来世界を読むと、並行宇宙のもう一つの人類史に触れているような気が昔からしていました。
 かの2001年の続編などは、人類はこんな美しい歴史は歩んでないなと悲しくなったりもしたものです。
 
 蛇足ですが、私は本作を読みながら、脳裏でジョージ・パルの映像が思い浮かんでしかたがありませんでした(笑)。
 パルは50年代にSF映画に多くの傑作を残した人物ですが、当時どこかでクラークと影響を与え合っていた部分もあるのだろうか、と、想像しました。
 お気が向かれましたらどうぞ♪


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.