あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
昔惚れたマンガのこと(ってそんな昔でもないですが
 十数年昔に読んでけっこう主人公が好きだったマンガ、単行本が痛んで捨てちゃってたのを古書で取り寄せ再読。
 あんまりキャラも立ってない導入部で、話も退屈で
「いったいどこがいいのか」
 って久々に読んで思うんだけど、でもやっぱり主人公が好きで、作品世界も居心地よく、てやっぱり好き。
 惚れた弱みとはこれか(笑)。

 絵もこれといってうまいでもない、誰かに読むよう薦めようにもどう褒めたらいいのかわからない、でもオレは好き、という不思議な作品。
 まあ自分もそういう奇特な方に支えられてきょうまで生き延びてこれたんだろうなと、思いました。
 ありがとうございます。


 ちなみに
 その作品を描かれた漫画家さん、アマゾンでもその作品しか名前ないし、ググっても情報出てこない(無論ウィキとか無し)。改名されたのか引退されたのか。
 まことに諸行無常です;
コメント
この記事へのコメント
好き好き
自分が小生意気な中三の時に見た映画が号泣するほど心を打たれた作品にもかかわらず、当の映画を撮影した監督本人の評価が芳しくないということがありました、うーむそういう事もあるのだなと思った次第です。
2015/03/12(木) 20:21:57 | URL | 桁 喜世二 #-[ 編集]
Re: 好き好き
>桁 喜世二さま
 難しいものですね。
 でも、本人の思惑を超えた何かが人に届くこともあるのだと思います。
 そういう出会いはありますし貴重で、それが世界のおもしろいところだと思っています♪
2015/03/13(金) 03:12:03 | URL | 山本貴嗣 #-[ 編集]
F.ポール・ウィルソンの「城塞」をマイケル・マン監督が映画化した「ザ・キープ」という作品がありまして、出演陣が豪華だったり音楽がタンジェリンドリームだったりと私としては結構好きな作品だったのですが、巷では「マイケル・マン監督作品の中では最低の出来」と評価されているようで悲しかったことがありますw
2015/03/30(月) 02:07:26 | URL | 通りすがり #t62EjsKs[ 編集]
Re: タイトルなし
>通りすがりさま
 コメントありがとうございます。
 あの作品は私も大好きで、なんでDVD化されないのか不思議でした。
 光る血液はプレデターよりキープのグレッケンが先だったように思います。
2015/04/02(木) 01:45:26 | URL | 山本貴嗣 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.