あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
中だるみ
 昔友人のある漫画家が
「三日くらい仕事するとなんかがくっとモチベーション下がる日が来るんすよね~~」
 と言ってました。
 そう言えばそうかもなー、自分にも覚えがあるようなないような?・・とかそのときは思ったものでしたが

 近年になって、ベストセラー『鏡の法則』で有名な野口嘉則氏のブログでこんな記事を見つけて膝を打ちました。

「東京女子医科大学付属病院の大塚邦明先生によると、人間には3.5日周期の生体リズムがあって、3.5日ごとに生体機能やヤル気が低下するそうです。
(三日ぼうずという言葉にも根拠があったのです)

 なので、3.5日ごとにモチベーションがダウンしやすいわけです」


 なんだ、友人の言ってたことまんまじゃん。


「そんな時に無理して頑張り、「もう嫌だ」と思うところまで行動してしまうと、脳が嫌な記憶として覚えてしまい、再スタートにブレーキをかけてしまうのです。

 モチベーションがダウンしている時に、行動することを休めば、脳に嫌な記憶が残らないので、再スタートできるのです。

 東京理科大学の篠原菊紀先生は次のようにおっしゃっています。
「人はどうせ三日ぼうず。三日ぼうずであることを利用せよ。」

 また、「営業マンは断ることを覚えなさい」の著書で有名になった石原明さんは、その著書「成功曲線を描こう」に次のように書かれてます。

「三日坊主は決して悪いことではありません。
 三日坊主が悪かったのは、五日目にもう1回やろうとしなかったからで
 す。
 三日坊主を1年間やると、たいへんな成果が上がります。
 1年間の四分の三の期間、努力したということなのです。
 人には誰しも波があります。
 疲れる日だってあるのです。
 そういう時は、気分転換をしましょう。
 そうして、次の日からまた続ければいいのです。」」


 ううむ、勉強になるなあ・・・

 って、なんで今頃そんなことを言ってるかと言いますと
 ちょっと原稿3日目に入って中だるみが(爆
 自己正当化に最適の話が確かあったよなとさっき探して久々に読んだのでした。ちゃんちゃん♪

 ちなみに件の記事はこれです
http://coaching.livedoor.biz/archives/17520149.html


追記
 3.5日なら4日目のはずじゃんって思いましたが、よく考えたら私その前からずっと仕事続きでした(爆
コメント
この記事へのコメント
男時と女時
くまくまでございます。明治以前から「男時(おどき)」「女時(めどき)」と言う考え方は存在していた様ですね。もっとも今風の「バイオリズム」に近いんでしょうか?三日坊主とはやや趣が異なる様です。 三日やったらやめられない仕事があるかと思えば三日も続かない仕事もある様で、十人十色ですね。しかし、三日坊主礼賛、良いですね気持ちが楽になりそうです。
2007/08/07(火) 21:08:01 | URL | くまくま #eI0qnTzk[ 編集]
おひさしぶりですー
>くまくまさま
 お元気でしたか?
 暑いですねー。
 三日坊主礼賛、私も救われます~~。
2007/08/07(火) 22:58:11 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.