あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
言葉選び
 昨今の色々な失言問題を見ていて、

 昔の人がめでたい席などで
 縁起の悪い単語やフレーズを避けてたのって、単なる迷信じゃなく
 人間関係における無用なトラブルを避けるための、一つのテンプレートだったんだなあと改めて思います。
 
 そういうことは、今では結婚式とか限られた席にしか残ってませんが、

 けして「昔はよかった(から昔どおりにしよう)」の短絡的な懐古趣味や復古主義ではなく
 もう少し今風にアレンジしてもいいから
 見なおしてみてはどうかと思います。

 
コメント
この記事へのコメント
テンプレート的な祝辞は、実は失言よけだったとは考えてもみませんでした!

よく笑い話や実際にも、天気が良いのに「雨降って地固まる・・・」などと祝辞を言って恥をかくなどと言うのがありますが、これは定型文にこだわりすぎた結果のギャグだと理解していました。


たしかに新しい時代には、新しい定型文があってしかるべきかもしれません。
2014/02/24(月) 00:57:13 | URL | ぬうぼマン #BbTkef3A[ 編集]
昔の慣習には意味あるものが少なくないですよね♪
>ぬうぼマンさま
 無論中には明らかな迷信や今となってはムダなものもあるでしょうが、一見荒唐無稽な神話の中に古代の真実が含まれているように、古めかしく見えるしきたりなどにも昔の人の知恵がつまってたりしますよね。
 色々見直してみるとおもしろいように思います♪
2014/02/24(月) 04:32:37 | URL | 山本貴嗣 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.