あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
拙著『本気のマンガ術』とアガペー
 いきなりどういう取り合わせだと思われるでしょうが、以前から思うところありまして。
 『本気のマンガ術/山本貴嗣の謹画信念』というのは、昔私が出したマンガの作画技術のノウハウ本です(唐沢よしこさんとの共著です)。
 時々褒めてくださる方もいらして恐縮なのですが、逆にずいぶん毛嫌いされる方もおいででした。

 理由は色々ありますが、その最大のものは、私の辛らつな物言いでしょう。
 同書を描くことになったそもそもの発端は、私が二十代のころ、自分のアシスタント向けに作ったアシスタントマニュアルでした。二十代と言いますともう気性も激しく鼻っ柱も強い真っ最中でしたから、それは過激な物言いで
「ここでこういうミスする奴は市中引き回しの上、打ち首獄門」
 みたいな感じで書いてました(笑

 で、それをどこで入手したか、美術出版社の編集さんが、こういう内容の連載を雑誌でやってくれないかと言われて、それで始めたのが同書の元になったマンガの作画講座でした。
 連載したのは私が三十代のころで、二十代よりは人間が丸くなっていましたが、まだまだトゲの多い頃でした。 
 持てる技術のすべてを尽くして描きましたし、けして間違ったことを描いたつもりはないのですが、今思うと色々反省するところだらけです。
 一言で言うなら「愛が足らなかったなあ」と。

 書くと長い話になるので、かいつまんで申しますが
 西洋的に言うなら愛にも三種類ありまして
「エロス・フィリア・アガペー」です。
 大雑把に解説しますと、エロスは「●●さんが好き」というような特定の個人に対する愛。
 フィリアは特定の集団に対する愛。
 自分の属するグループとか国家とかに対する愛です。
 いずれも、その対象外の人には注がれない愛です。

 これに対して最後のアガペーは、無条件の愛です。
 一切の見返りを求めない。すべての存在に注がれる愛。

 『本気のマンガ術』には、フィリアまではありましたがアガペーはありませんでした。
 理由は、アシスタントマニュアルという原点にあります。
 正直言って、才能のないアシスタントくらい迷惑なものはありません。気分の問題ではなく、仕事が実際に台無しになります。時には締め切りに間に合わないことさえあります。
 マンガに限らずどんなジャンルでも(スポーツでもTVゲームでも家庭菜園でもなんでも)人には向き不向きというものがあって、その方面の才能のない人はそのジャンルから早々に撤退するのが、その人の人生にとっても得策であると、当時の私は思っていました。
 同書の端々に、そういう私の思いが覗いています。

 平たく言うなら、この条件を満たす人はおいでませ、満たさない人はあっち行って、な感覚です。
 おいでませと言われた人はいいですが、あっち行ってと言われて気分の良い人はいません。
 ムカついた方がいらしたのも無理からぬことと思います。


 人生には様々なルートがあって、回り道もまた人生においては価値の有るものだと思うようになったのは、40代も少し入ってからでした。

 今私が同書を描いたなら、まったく別の語り口になるでしょう。
「汝裁くなかれ」
 とはおなじみイエスの言葉ですが
 こいつはOK,こいつはNOと言う判断は、軽々にするもんじゃないなと近年とみに思います。
 交換条件や「値札」のついた愛ではなく、言葉も行いも、無条件の愛をどこまで添えて差し出せるか。
 誰かに何かを忠告したいときも、愛が添えられない場合はしない方がいいと思っています。
 
 同書を読まれて喜んでくださった方には心からお礼申し上げます。
 不愉快に思われた方には、心よりおわび申し上げます。
 山本○嗣の長年の技術の蓄積と、若気の至りが詰まった一冊でした。
コメント
この記事へのコメント
仕事&作業
くまくまでございます。残念ながら「本気の漫画術」いまだ拝見いたしておりません、が、先生のおっしゃる事は判る様な気も致します。接客業でも「向かない」方はいらっしゃいまして、ご本人は努めて丁寧にされていらっしゃるのですが、お客様からは「くどい!」とか「判りにくい!」やら不評を買いスタッフ達からは「要領が悪い」だの言われて可哀そうなのです。が、そもそも接客に「むかねぇな~」と。 決められた時間なり期間なりに成績を上げなければならないと言う「結果」を求められる社会ではご本人の意思だけではどうにもならない部分なのですがねぇ。 私も見守ってあげたいのはやまやまなれど生活の為には切り捨てなければならない事もあり、切ない事しばしです。せめて世の中の時間の流れがもう少し「ゆっくり」であったなら......と思う最近でございます。(歳のせいばかりではなく時間の流れ方が異常に早く感じるのは私ばかりでしょうか?)
2007/07/18(水) 19:34:15 | URL | くまくま #eI0qnTzk[ 編集]
ありますねー
>くまくまさま
 確かにそういう方いらっしゃいますよねー。
 適材適所で振り分けるしかないのでしょうが・・
2007/07/19(木) 03:02:47 | URL | 貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.