あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
神社の赤ちゃん♪
 先日、妻と寄った神社で、お賽銭入れて目を閉じ手を合わせてたら、すぐ後ろで女性の抱っこした赤ちゃんが大きな泣き声。
 
 私は神仏は敬しても原則ご利益とか願ったりしないで「ありがとうございます」だけ申し上げる主義なんですが、たまには話聞いていただこうかなどと珍しく思ってたとこで、一瞬イラとか脳裏をかすめたんですが、
 いやいやみんながんばって生きてるんだ、別に赤ちゃんに泣かれて気が散るような祈りでもないし(これが「愛する人の命をお救いください」とか命がけで祈りに来られた方とかならまた違いもしましょうが)そんな大変なことじゃない、いっしょに幸せ祈っちゃえとそのまま手を合わせてました。

 そもそも、そこで赤ちゃんや抱っこした女の人に
「うるせえ」
 とか言う人に、ご利益くださる神様がおいででしょうか(笑
 『蜘蛛の糸』のカンダタじゃないですが、そこでキレたら自分もいっしょ。

 無事祈りを終えて帰ったのですが

 帰宅後妻に話を聞いたら
 あの時ちょうど神社で行なわれてた神前結婚式の出席者にその子のお母さんがいらして
 席をはずせないし、周囲に迷惑になってもいけないので、赤ちゃんを一時的に知り合いの(もしかしたら神社の)方に預けられてたみたいです。
 あの後すぐに出てこられて赤ちゃんを受け取られたようで、道理で手を合わせてる後半静かになりました。

 お母さんじゃない人に抱かれた赤ちゃんも、預けられた女の人も、預けたお母さんもみんな大変で、みんなそれぞれにがんばってたわけです。
 妻にも「すみませんね」って頭を下げられたので
「赤ちゃん泣くのが仕事ですからー♪」
 ってお返事したそうです。

 暖かいお日和でよかった。
 寒い日、外に出されて風邪でも引いたら大変。
 こういうことはケースバイケースで、絶対こうでないとという方程式はありません。
 みんな思いやって幸せに暮らせるといいです。 
コメント
この記事へのコメント
人はみな「相身互い」。
譲り合いの精神で行きましょう(^O^)
2012/12/02(日) 21:27:35 | URL | ぬうぼマン #-[ 編集]
同感です
>ぬうぼマンさま
 ありがとうございます。
 トゲトゲ暮らしても自分も人も苦しめるだけなように思います。
 きょうも楽しくまいりましょー♪
2012/12/03(月) 13:10:53 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.