あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
シロハナよう
三毛波きょうだいお食事中
2010年11月末のはなはなズ・1
障子を登るしろはなちゃん
2010年11月末のはなはなズ・2
はなはなズ2011年春1
亡くなる少し前のシロハナ(2012年11月)
 
 通い猫ミッコルさんの二匹の子、シロハナ♂とクロハナ♀、二匹あわせてハナハナズ。
 2010年に我が家にやってきたときは、ちっちゃなミニカーみたいな子猫でした。
 ガリガリにやせ飢え死にしそうなミッコルさんが、大事に育てておりました。
 しろさん以外猫は世話しないつもりだった私と妻でしたが、その尋常ならざる様子と一家のけして諦めないメシくれ突撃、そしてミッコルさんの涙ぐましい子育てぶりに、ついに食事をふるまうことになりました。
 ある日シロハナちゃんが妻に言いました。
「ぼくおうちがほしい」
 無論口はきけませんが、猫の気持ちを汲み取る名人の妻にはそういう感じだったそうです。
 妻は答えました。
「えー、おうちに入ると大変だよー、もう出て行けないし、色々不自由なこともあるよー」
 シロハナちゃんは
「うーん、うーん」
 って帰っていきました。
 でも2、3日してまた妻に
「やっぱりぼくおうちがほしい」
 って言いました。
「っていったいどこのおうちに・・」
 と言いかける妻の足元を、てちてちと我が家のドアから中に入り
「ここにあるじゃん」
「待て待て待て待て;」

 そこで知り合いの猫好きさまに電話したのですが、当時は手一杯で引き受けられない、でも欲しがってる友人がいたので当たって見ます、と言われ、一日も経たずに引き取り先が決まりました。
 なんとめでたい。
 妻がそのことをクロハナちゃんに言うと、みるみるクロハナちゃんの形相が変わり
「えー!あたしはどうなるのよー!」
 ぶうたれました。
「あたしもいっしょじゃなきゃいやだー!」

 仕方なく里親さんに相談すると
「そうなるんじゃないかって思ってました(笑)」
 二匹で引き取ってくださいました。
 親切で優しい里親さんご夫妻の元で、二匹はすくすく育ちました。ひかえめな性格のクロハナに比べ、甘えん坊のシロハナは王子様のようにふるまいました。
 野良の時代がうそのように大きくなって、もはやミッコル母さんを越えてました。

 シロハナが体調を崩したのは今年になってだったと思います。
 最初は口内炎が治らなくて、何度か獣医さんに通っているうち、両手に潰瘍ができました。
 血液検査では腎臓の機能も低下していることが判明。
 自己免疫疾患とのことでした。
 強制給餌やらなにやらと、里親様の涙ぐましい介護が続きましたが、体重はどんどん低下、げっそりやせていきました。
 最後に二匹で計ったとき、メタボなクロハナの4.8㎏に対し、シロハナは1.8㎏を割っていました。
 今月は排便も自力でままならず、里親さんが一時間も手伝ってくださってました。
 
 けしてあきらめず看病くださいましたが、この26日の夜シロハナ、とうとう息を引き取りました。
 わずか二年の生涯でした。

 今は言葉もありません。
 ありがとうシロハナ。
 ありがとう里親さま。
 そしてみんな御疲れ様でした。どうかゆっくり休んでください。
 大好きだよシロハナ。これまでも、今も、たぶんこれからもずっと。
 おじさんやおばさんのことは忘れてしまったかもだけど、おじさんはいつも思っているよ。
コメント
この記事へのコメント
合掌
 吾輩はヌコを母娘で2匹預かってました。
・結婚するんだが色々と忙しくてどうにもこうにも出来ない。
新婚旅行もあるから生活が落ち着くまで預かってくれないか?
・動物…ペット及びそれを寝国歌淮河りする人間ってのがどうにも理解出来ない吾輩ではあるが義理があるので仕方無く預かり始める。
・新婚旅行から戻って(そろそろかな?)と思っていると仕事でのゴタゴタ、それを機での転職、身内の不幸、嫁の妊娠……そうこうしていると嫁と子供が極度の猫アレルギーだと解る。
・現在に至る。預かって7年目。

 そんな感じでアルムおんじとヨーゼフ的に過ごしてましたがこの夏、母ヌコの方が虹の橋を渡りました。
チョット泣いてしまいました。
ブログにその事を書いてる時も泣きそうになりましたが、またここを読んでチョット思いだし…娘ヌコよ…キーボードに乗るの止めなさい。
ノビーーってするな。
「カマってよ。」って目で…仕方無いのでコレ投稿したらブラッシングしてやんよ。
2012/11/28(水) 22:00:44 | URL | クレイジーピエロ #-[ 編集]
・・・・合掌(涙)
短い生涯だったが、良い里親に恵まれてよかったね。
2012/11/28(水) 23:28:57 | URL | ぬうぼマン #-[ 編集]
ありがとうございます
>クレイジーピエロさま
 御優しい。猫さんの幸せな旅路を祈ります。此岸でも彼岸でも。
 クレイジーピエロさまもどうかご自愛を。
 ありがとうございました。

>ぬうぼマンさま
 ありがとうございます。
 もう荼毘にふされて霊園に納められたそうですシロハナ。
 初七日はごはんを作ってご夫婦でしのばれるとか。
 最後まで優しい里親さんに感謝しております;
2012/11/29(木) 17:34:01 | URL | 山本貴嗣 #pmWGJPUI[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.