あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201203<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201205
天(本)の声(笑
昨夜、日本映画専門チャンネルで『キングコングの逆襲』。
 仕事する私の耳に天本英世大先生の声
「わしの声が聞こえるか。おまえの仕事を忘れるな。眠るな眠るんじゃない眠っちゃいかん。描け何をしている手を休めるな描け描くんだ」
 はい、Dr.フー、描きますってコングかオレ(爆)
(ほんとは「描け」じゃなく「掘れ」でしたが、眠いところに天の声ならぬ天本の声でした)♪
みなしご元禄津波
The ORPHAN TSUNAMI of 1700
 
 『みなしご元禄津波』
 “The Orphan Tsunami of 1700: Japanese Clues to a Parent Earthquake in North America”
 という本があります。

 先ごろケーブルテレビで見た海外のドキュメンタリーで、昔日本で「みなしご津波」というのがあって、その原因が遠く離れた北米大陸にあったというのを知りました。
 地震ではなく大規模な地すべりによって、巨大な津波が発生、それが太平洋を押し渡り、日本の海岸にまで達し被害を出したのです。

 ご存知の方もおいででしょうが、私は初耳で、さっそく検索をかけたところ、この事件を調べた学者の本があちらで発売されていることを発見。それがこれです。

 「みなしご津波」という名を番組で聞いて、私はてっきり被災して親を失った子どもにでもちなんだものかと早合点したのですが、さにあらず。
 当時の日本人は地震と津波の関連性をすでに知っていて、地震もないのに来た津波(親がないのに子だけが来た)として、こういう呼び名をつけたらしい?のですが
 米国の研究家は現地の地層から災害のあったことはわかっても当時の北米には先住民の伝承以外記録がなく、正確な年代が不明だったものが、日本の様々な階層の人々が書き残した「みなしご津波」の記録から、それが判明したのだそうです。
 この本は多くのカラー画像が日本語と英語の併記で掲載され、英語に堪能でない人も、当時の日本の文献を見ることが出来る貴重な本です(そう言う私も全然堪能ではありません)(笑)。
 まだざっと目を通しただけですが、買っておいて損はない一冊だと思いました。
 こんな貴重な資料本の日本語訳が出ていないのは(出てるんでしょうか?)もったいない話です。
 是非どこかの出版社で出して欲しいものです。
 まずはお知らせまで。ではでは♪



深夜のバトル
深夜のバトル後1
深夜のバトル後2
深夜のバトル後3

 先日、真夜中に外で猫の争うすごい声がして目が覚め、出てみると、しろさんと侵入野良の対決でした。
 ガレージに回ると、逃げていく茶色い模様の猫の下半身だけが見えました。
 猫ハウスの下に、集めるとラーメン丼いっぱいくらいの量の猫の毛が落ちてましたが、そのほとんどが対戦相手のもの。写真はその一部です。
 しろさんも多少はやられたようでしたが出血は無し。胸元がピンク色になってますが相手のヨダレと毛をむしられたあとみたいで、朝には元通りでした。
 よく見ると前脚の爪の間にも敵の毛がはさまってました(笑
 ミッコルさんも眠りを妨げられたようですが、しろおじさんがいるので安心?です。やれやれ♪
映画『ジョン・カーター』
映画『ジョン・カーター』パンフレットと文庫カバー
 
 映画『ジョン・カーター』2D字幕版
 シネプレックス平塚で観てきました。
 写真はそのパンフレットと売店で買った文庫カバーです。

 最初に言いますが、私バローズも火星シリーズも小学生の頃からのファンで、筋金入りのファン過ぎて、今回は「評論」できません。
 どう書いても客観性を欠いた「感想文」になります。

 愛と敬意を持って映像化されてると思います。
 100年前の小説を現代に映像化するため幾つかの改変があり、穴やツッコミどころもあちこちあります。
 でも何も言う気になれません。そんなことはどうでもいいです。
 楽しかった。よく、映像化してくれました。
 途中二回くらい感無量で泣きそうになりました。
 バローズに見せたかったなあ。
 作ってくれてありがとう。
 バローズありがとう出演者スタッフ始め関わったすべての人々ありがとう。
 館内が明るくなる前、心の中で膝をついて脱帽し頭を垂れて泣きました。

 くりかえしますが、弩級のファンの言うことなので一般の方は差し引いてお読みくださいw
 何を書いてもこの気持ちは表現できないので、きょうはひとまずご報告のみにて失礼します。
ミッコルさん近影
ミッコルさんお昼ね中

 多忙のためミッコル写真で失礼します。好い一日をー♪
しょこたん風キアラ(笑
しょこたん風キアラ

 先日Twitterでゆうきまさみ先生たちと昔の人形映画『ダーク・クリスタル』の話をしていて、ヒロインのキアラはかわいかったという話から、先生が彼女はしょこたんに似てたと言われたので、即興で描いたカットがこれです(笑
 これ以上横を向けるとキアラには似るけどしょこたんから遠ざかり、かと言ってこれ以上正面を向けるとキアラらしさが出ない。
 間をとったのがこのアングルでございます♪

 それはさておき

 近日公開の映画『ジョン・カーター』のデジャー・ソリスは、1980年版『フラッシュ・ゴードン』の縛られ鞭でしばかれるオルネラ・ムーティの姫を果たして越えることができるでしょうか?(笑
低気圧一過2
嵐の翌朝♪

『最後の一葉』って有名な小説がありましたが、夕べの鬼嵐にもかかわらずびくともしない姿を今朝も現したご近所の木と花♪
 きっと全部吹き飛ばされただろうと思ってたのに
 自然ってすげぇー(笑
低気圧一過
 昨夜の低気圧、湘南の我が家は植木鉢が一つ壊れ、猫ハウスが一個縁台ごと転倒し、自転車が倒れバイク(ホンダAX-1)が倒れガソリンが漏れて家の中まで臭いが漂い、といったあれこれでした。
 通い猫のしろさんとミッコルさんは最高潮の時間にはどこかに姿を隠し
 静かになったころ庭で鳴き声がして出てみると、全然濡れてないミッコルさんがごはんをねだる上では雲間に月が輝いてました。
 きょうは嘘のような晴天の朝です。
 好い一日をお過ごしください♪
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.