あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201101
朝日の当たる猫s
 朝日の当たる猫s1
 朝日の当たる猫s2
 朝日の当たる猫s3

 今朝撮ったばかりの、ミッケリチーナとシロリーノの幸せのツーショット!(しろさんはミッケルさんのこと好きじゃないみたいですけど)(「ああ女きらああああい!」みたいな。まあ○ューハー○おやじ猫だから仕方ないのかもですが・・;ちなみに最近つまはしろさんを「シロコ・DX」とも呼んでます)
 暖かな朝日を背に受けて、どっちも幸せそうでした♪
 皆様も、きょうも平和にお過ごしください。
おかげさまで
メタルマックス3連絡FAX
 おかげさまでファミ通コミッククリアの無料配信連載マンガ『メタルマックス3/双銃身の魔女』も5話(プロローグの0話含めると6話)まで進めることができました。
 今年はメタルマックスに始まりメタルマックスに終わった一年でした。
 応援してくださったファンの皆様に心より御礼申し上げます。
 この連載はだいたい1年をメドにオファーをいただいたものですから、ここらでコーナーを曲がったというところでしょうか。
 来年も当分お付き合いいただくことになると思います。どうぞよろしくお願いします。
 画像は、私が担当の後藤さん(みずしな孝之先生のマンガでおなじみ「ゴチさん」)にFAXしたコピーです。
 執筆原稿のコピーに連絡文を書き込んだもので、当然送信後はシュレッダー行きですが、現場の雰囲気をご覧いただくのにたまにはいいかと思い、アップしました(笑)。
 ではではまた♪
<善き友は・・・>
善き友は 心の花の 添え木かな> 足立大進(臨済宗・僧侶)
『メタルマックス3/双銃身の魔女』第5話更新
『メタルマックス3/双銃身の魔女』第5話トビラ絵部分
 ファミ通コミッククリアの無料配信マンガ『メタルマックス3/双銃身の魔女』の第5話が更新されました。
 御用とお急ぎでない方はよろしかったらご覧くださいませ♪

 私は次の6話の絵コンテを描いてから年賀状にかかります~~;;
ネットで政治は語りません
 遅まきながら
 先日、ブログをお読みのお客様から私の都条例(マンガやアニメの表現規制に関する)についての意見をお尋ねいただきました。
 結論から申し上げますと、私はあの規制に賛成しません。
 しかし、それ以前の問題として

 私はネットで政治の話をしないことにしています。

 社会に対する問題意識がないわけではなく、自分なりの意見もあって選挙も欠かさず行っております。
 ただ政治問題はどうしても議論討論になってしまい、皆が楽しむことができません。
 私はマンガ家であり、ブログやBBSにおいでくださるお客様も、多くがマンガのファンです(無論そうでない方もいらして、私の作品などお読みになったことのない方もおられます。それはそれでとても光栄なことです)。
 マンガは人を楽しませるためのものであり、思想信条とは関係がありません。
 荒っぽい言い方をするなら、右の方も左の方も中道もノンポリもどんな方でも、わけへだてなく楽しむためのものです。
 もう一歩踏み込んで芝居がかった表現をするなら、どの陣営の兵士も関係なく、武器を下ろしてくつろぐためのものです。
 ですので私はネット上で私と私の周囲の場というものを、中立にしておきたいのです。
 たとえて言うなら、図書館で大声を上げないとか病院で駆け回らないとかいったものに通じる、私が定め自分に課したたルールです。
 いつもお菓子を作って売っているお菓子屋さんが、人間はお菓子だけ食べていればいいとか、お菓子だけで生きていけると思っておいでではないでしょう。
 社会に対する問題意識なしに暮らしていこうとは思いませんが、お菓子屋さんにおそうざいがないように、私はネットでは政治問題を扱いません。
 その点ご理解いただきたいと思います。

 ちなみに選挙にはいつも妻と連れ立って行きますが、お互いがどんな党の誰に投票したかは、一度も語り合ったことがありません。
 それは個人の思想信条であり、たとえ伴侶といえど干渉するものではないと思っております。

 私は私なりに人間の問題に深い関心があり、ずっと考え取り組んできました。
 しかしそれは政治とは少し異なる、もっと普遍的な心の問題です。
 別に学位とかはありませんが、私の専修は心理学であり、それと、いささか形而上的な思索をからめたものです。
 政治は専門外であり、語るほどのものは持っていません。
 条例の件で問題となっている人びとの一つのポイントが、自分のあずかり知らないことを知ったふうに語り決め付けていることです。私は同じ愚を冒したくなく、よって政治は語りません。

 そのルールをずっと自分にも課し、BBS等に来られるお客様にもお願いしてきたわけですが、今ここで問題の条例に関してそれを破るなら、私は自分の利益に関わる問題になったとたん方針変更したただの身勝手な人間となります(問題の表現規制がマンガやアニメ界のみの問題ではないことは承知しております)。それでは筋が通りません。
 ですから今回も私は語らないことにします。

 しかし、今回の件では色々と思うことがありました。
 政治問題とは別の、私なりの切り口で、それをどう表現したものか、ずっと何日も悩んでいます。
 いずれ仕事の合間を縫って少しずつまとめていこうと思っています。
 どうか気長にお付き合いください。
 きょうも良き日を。
『メタルマックス3』オリジナルサウンドトラックCD
MM3サントラCD
MM3サントラCD(中身)
 『メタルマックス3』オリジナルサウンドトラックCDです。
 音楽は無論一作目からすべてを手がけておられる門倉聡先生。
 発売予定は12月22日で自分でもエビテンに予約してたんですが、メタマのプロデューサー氏より先日見本が届き、今年最後の納品原稿『メタルマックス3/双銃身の魔女』の第5話の執筆追い込みでこの上ないBGMになりました。
 二枚組みのCDですが、中でもDISK2は、「ハンターズリクエストトラックス」と銘打たれ、メドレーやヴォーカル曲(『炎つぐもの』と『Dr.ミンチに会いましょう』。水野真菜三さんの歌声に聞きほれます)が収録されていて圧巻。
 再生ボタンを押してすぐ、そのノリの良さに思わず笑い声が出ました。
<期待は裏切るな、予想は超えろ>
 の典型でしょうか。
 メタマファンの方には素敵なクリスマスプレゼントかと思います♪


 おっと、もう一つ。
 平成22年度(第14回)文化庁メディア芸術祭・エンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に『メタルマックス3』が選ばれました。
「ゲーム・遊具・キャラクター・その他」
 の24作の中の一つです。

 メタマを愛し後押してくださったすべての方に厚く御礼申し上げます。
避妊済み猫のマーク
避妊済み野良ミッケルさん
 やっと年末修羅場が一段落した山本です。
 ツイッターで野良猫の耳の切り欠きの話題が出てたので一言。
 うちに通ってくる野良猫・三毛波志乃さん(別名ミッケリチーナさん、略してミッケルさん)の顔向かって右側の耳にちっちゃくVの字型に切りこみがあります。
 これは獣医さんで避妊手術が済んでいて、もうこの野良猫は子どもを産みませんという印です。
 私も今年、三毛波さんを獣医さんに連れて行って避妊手術を受けさせて始めて知りました。

 野良猫と猫嫌いの方とのトラブルはあちこちで社会問題になったりしてますが
 私の考えとしては、人間がある意味長い期間かけてネズミ捕りやらペットの目的で手を加えて今の形にしてきた犬猫に、今になって邪魔だから消えろと言うのはあまりに身勝手だと思います。
 だからと言って野放しで迷惑をかけられ続けるお宅があるのも困る。
 他の生き物に手を加えるのはいいとは思わないけれど、双方の間をとって、今いるこの命はまっとうさせてあげて、そのかわりもう発情期の騒音とか子を産んでこれ以上増えたりはさせない、という落としどころが、現時点で一番バランスのとれた接点かなあと。
 人どれぞれご意見はおありでしょうが、今のところ私はそうしています(先日別の日記でも書きましたが、この子が来てからお隣のおうちに出没するネズミが減ったり、また実際捉えたネズミをうちの庭に置いていったりと、ちゃんと「仕事」してお役にも立っております)。その種の手術は自腹を切って受けさせ、どこか優しい里親さんにもらっていただける場合は持参金としてそういう費用は付けて出すようにしています。

 話は少しそれましたが
 ですので、こういう耳の切り欠きの猫を見たら、避妊手術済みと思ってください。
 虐待と勘違いされる場合があるようなので、記事としてアップしました。
 こうしておけば、すでに手術済みの猫がまた捕まって手術を受けたり、この子猫はあいつが生んだんじゃないかといった誤解を受けないための目印なようです。
 とはいえ、見てのとおりあくまでちっちゃな切り欠きですから、大きく切られてたり出血してたらそれは目印じゃなくて虐待だと思いますから、しかるべき対処をしてあげてください。

 ではではまた♪
暮れの追い込み中
 気がついたらブログの更新一週間近くしてませんか。
 ネット連載は雑誌のような年末早まり進行はないんですが、今描いてる『メタルマックス3/双銃身の魔女』5話は、予定より自分で枚数増やしてしまって(話の構成上そっちがよくて)えらいスケジュールで描いてます。週末まで更新無理そうですので、あしからずご了承ください。
 きょうも良き日を♪;
忍猫の息子
障子を登るしろはなちゃん
 血は争えないというお話で
 我が家の外壁を飛び上がり仕事場の網戸を登る忍猫ミッケルさん(ミッケリチーナ/三毛波志乃)(前回の日記「ミッケルさん網戸はりつき」参照)と、里親さんの御宅で障子を駆け上がるしろはなちゃん。
 親から子へ遺伝子は確実に受け継がれているという・・・
 とほほほほ、里親さんごめんなさい;;
ミッケルさん網戸はりつき
忍猫ミッケルさんことミッケリチーナ(三毛波志乃)のヤモリ状態をついに撮影成功!このあと数秒後に網戸より落下。(しかし来年の夏、蚊はふせげないのでは・・・;
網戸にはりつくミッケルさん
危うく「もみじおろし」
 ぶつ切りなまこに添える大根おろし、いつもは私が下ろすのを妻がやってくれると言うので、怪我しないようにと言ったら
 「(ベテラン主婦に)何を言ってる」
 と笑い、数分後しっかり指を切ってました。
 「だいじょうぶ大根に血は入っていない」
 入っててもいけど怪我しちゃダメじゃん。
 「こんなものは怪我に入らない」
 あーもお!(笑)
はなはなズとしろさん近況
2010年11月末のはなはなズ・1
2010年11月末のはなはなズ・2
2010年11月29日・三日ぶりのしろさん
 三毛波志乃さんの二匹のこども、しろはなちゃんとくろはなちゃん(まとめて「はなはなズ」)と、しろさんの近影です。
 いずれもつい先日、今年2010年11月末のスナップ。
 はなはなズは里親さまのご好意で転載させていただきました。
 かわいい!てか大きくなってるよ!すくすくですよ!
 11月3日「その後のはなはな」にもらわれて行ったばかりのきょうだい写真をアップしましたが、比べてみると明らかに違います。
 もお子猫じゃないです。どんどん猫になってます。
 里親さまの愛情とごはんをいっぱい食べて幸せ~~みたいな♪
 一方きょうもマイウェイなでっかいしろさんでした。
 ではではまた♪
三毛波志乃さん帰還
三毛波さん2010年11月29日
 通い猫のミッケリチーナさんこと三毛波志乃さんを、つまと二人で捕獲、ケージに入れて隣町の獣医さんに搬入、避妊手術を受けさせたのが11月28日。
 一晩入院して29日に無事退院。
 タクシーの中ではずーっと「おーう、おーう」と低い声で抗議の声を上げていました。
 帰宅してケージから出すと、さすがにとっとこ逃げ出しました。
 信じてたのにひどいや!変な所に連れてって痛いことして!とか思って、もう裏切られた感いっぱいで戻ってこないかと思ったら、とんでもなく
 その辺をぐるっと回って縄張り確認してきたら、さっそくごはんをおねだり。
 いつもどおり食べたらつまの膝に乗ってなでられながらゴロゴロご機嫌で鳴いてました。
 うーむ、今を生きる達人だな。
 ちゅうわけで、きょうも元気に駆け回ってます。

 動物の体に人間の勝手な都合でメスを入れるのは正直したくないんですが、ご近所との関係や三毛波さんの体のことなど色々考えたあげくの決断でした。本当は田舎や、金持ちで広大な敷地を持ってる身分なら、野生のまま好きにさせてあげたいんですが、住宅地ではこれが限界でした。
 ただ、お宅で鳥を飼ってる隣の奥さんと話していたら、鳥のエサを狙ってネズミがやってくるらしいんですが、三毛波さんがうろついてると明らかにネズミのアクセス数が減るそうで、どうも臭いと三毛波さんが実際捕獲することでガードにゃんになってるようだと。
 以前もこのブログの記事「三毛波一家の置き土産」でもアップしたとおり、うちにプレゼントとしてネズミを持ってきたこともありますし、けして気のせいではありません。
 そもそも人間が猫を飼うようになったきっかけが、そういうことだったわけですが、本当にそうしてお役に立っているなら、ご近所の理解も得られるというものです。

 もらわれていった子ども達「はなはなズ」きょうだいは、里親さんのお宅ですくすく大きくなってます。
 それはまたいずれ♪
 ではではまた。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.