あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
『メタルマックス3/双銃身の魔女』第一話配信
『メタルマックス2』用イラスト・白黒コピー

『メタルマックス3/双銃身の魔女』第一話配信です。
 最初の一話が「0話」なので実質的には2話目です。
 前回申し遅れましたが、無料配信で課金はありませんので、お気軽にご覧ください。
 更新は毎月末一回の予定です(月刊連載というやつです)。
 私のほうはもっか次の回の作画にかかっております。

 画像はそっちとは関係なく、引き出しから見つけた「2」のときのイラストのモノクロコピーですが、何用に描いたのか思い出せません(爆
 正方形ということは、CDサイズ?
 ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけますと幸いです;
 ではではまたー♪


追記
 これまで「ゲーム」のカテゴリでアップしてきたメタルマックス関連の記事ですが、今回から『メタルマックス』として独立したカテゴリを設けました。過去の記事はおいおいカテゴリ変更してまいります:

追記2
 今回の画像コピー
 『メタルマックス』シリーズの初期から関わってきた田内氏から「記憶にない」とコメントいただきました。
 もしかして描いたけど未発表になったものとか???謎です;
エアコン追加(予定
 8月も終わりというのに室内で熱中症になりそうな日々に
 ついにエアコン追加しました。
 いや、まだ注文しただけで、取り付けは先です(爆

 先日、昼間開け放った寝室で倒れそうになったのに懲りて、昨日はつまとバイクで隣町の電気屋まで出かけました。炎天下、激暑いかと思ったら走り出すとそうでもなくて、あらためて「空冷」ってこのことかと思いました(笑
 でっかい電気屋さんに着くと、壁に何十台も並んだエアコン。
 どこかのおばさんが店員さんと話してて憮然としてます。
 聞いてみると、チラシにあった安売りのエアコンを買いに来たら品切れという。
 壁に並んだ各社の製品もほとんどが品切れ。
 じゃあ品切れって書いとけよ、時間かけて品選びして馬鹿みたいじゃんというお怒りでした(もっともです)。
 で、私とつまがこれがいいかなと思った品も、一つは最速で取り付けが9月末・・・・って夏じゃねーよ!(爆
 んで、最初に私が目をつけた数万円(木造6畳対応)のやつなら在庫あるというので、それを注文。
 それでも見積もり→取り付けが9月頭になるそうです。

 夏も盛りを過ぎて、エアコン品不足も峠を越してるだろうと思ったけれど甘かったです。
 お買いになる方はお急ぎください(私の頼んだ品も私で在庫切れでした)。ではではまたー;
フェイドインで来る熱射病
 記録的猛暑で亡くなる方が多いようですが
 先日私もヒヤッとしました(打つと勝手に「ヒヤッと」と変換しますが、なんか年寄り臭い気がするのは気のせい?)(笑
 昼下がり、シャワー浴びて二階の窓を開け放ってTシャツとパジャマでごろごろしてたら、なんだか吐き気がして起き上がろうとすると目まいがします。
 適度に風も入るんで涼しいような錯覚に陥ってたんですが
 隣室の温度計を見ると34度。
 あわててエアコンONの仕事部屋に避難しました。

 30度過ぎると熱射病の危険性が増し、32度越えると人死にも出ると、先日テレビでどっかの医師がおっしゃってましたが
 危ない危ない。
 水を入れたなべにカエルを入れて、ゆっくり加熱していくと気がついたときは茹でられて死んでるというあれですね。
 ご老人が知らない間に自室で死んでおられるのが、少しわかった気がしました。
 
 皆様もどうかお気をつけください;
メタルマックス・トークライブのお知らせ
 メタルマックス1のころの制作メンバーだったとみさわ昭仁氏が音頭を取って、メタルマックス・トークライブが開かれるそうです。
 以下はとみさわ氏から、現時点で公開可能な情報のメールの部分転載です。

______________________________


山本様
お世話になっております。とみさわです。

※関係スタッフの皆さんにも同文をお送りしています。

「メタルマックス・トークライブ」の詳細決定にともない、
本日、一部の情報公開を解禁としました。
公式には、まず以下の2ヶ所にて告知しています。

●Twitterでのハッシュタグを利用した告知
『メタルマックス』ファンにお知らせ! 9月30日(木)阿佐ヶ谷ロフトAにて、
メタルマックス・トークライブをやります! 特別ゲストの制作スタッフ陣が、
開発秘話など語ってくださいます。詳しくは9月2日売りの『週刊ファミ通』誌上
にて! #metalmax #metalmax3

●mixi『METALMAX』コミュニティへの告知
これまでずっと『メタルマックス』シリーズを
応援し続けてくださっていた皆さんにお知らせです。
2010年 9月30日(木)阿佐ヶ谷ロフトAにて、
「メタルマックス・トークライブ」を開催します!
宮岡寛さんをはじめ、開発スタッフの方々を豪華ゲストにお招きして、
『メタルマックス』シリーズが生まれた背景や、
開発中のエピソードなどをたっぷり語っていただきます。
遠方にお住まいの方には申しわけございませんが、
お近くの方は是非、9月30日の予定を開けてお待ちください!
チケットの発売日など、詳しい情報は、
9月2日売りの『週刊ファミ通』誌上にて告知されますので、
そちらもご覧になってみてください。
どうぞよろしくお願いします。

とうわけで、関係者の皆さんも上記に挙げた内容の範囲内であれば、
ご自分のWeb日記、blog、mixi、Twitterなどで
告知していただいてけっこうです(というかしてください!)。
いちおう、わたしが書いた告知文では、
ファミ通への引きのためにゲストの詳細は伏せましたが、
ゲスト出演してくださるご本人が、
ご自分が出演することを書くのはまったく問題ありません。

どうぞよろしくお願いします。


_________________________________


 です。
 私はロフトのことは全然不勉強でよくわからないのですが、当然何がしかの入場料が発生します(たぶん2000円前後だろうとのことです)。
 おいでになってから、なんだ金とるのかよ!ってがっかりなさいませんよう、御願い申し上げます。
 んで、私山本も、急病とかにならない限り参加する予定です。
 お気が向かれましたらどうぞ、よろしく御願いします♪


 しかし、宮岡氏とも話したんですが、こんなトークショーなんかやってお客様ほんとにおいでになるんでしょうか。
 ガラガラだったらどうするのか、そのときは開き直って「個人面談」というか車座で宴会状態もありかと思います。はてさて・・(汗


追記 
 追加情報を9月2日にアップしました。こちらです。
レッドウルフ・イメージ
『メタルマックスR』?レッドウルフ・イメージ
 昔のファイルブックから見つけてきたメタルマックスのレッドウルフのイメージラフです。
 具体化した私の絵はおそらくこれが唯一。執筆時期からして、一作目ではなくリターンズ用に描いたものと思われます。
 左上の塗りつぶした箇所はデータイースト社の開発主任?の方宛。
 あくまでSDデフォルメで、ポスターなどに使うリアル等身とはまったく異なっています。
 当時はスーファミでしたから、その表現能力ではこれでも無理があるくらいで、結局これも使うことはなかったような・・・????あくまで試作品というところでしょうか。
 『夢見るカルメン』のタロミオみたいに、リアルに描くことも今なら可能ですが、ウルフはたくさんのユーザーさまが、それぞれの思いをこめてご記憶なさっておられますので、へたに具体化しない方がいいのかもと思ったり。
 ではではまた♪
我が家のマイウェイ
 原稿の修羅場でしばらく自主自宅軟禁状態でいたら、いつの間にか8月も半ば過ぎてました。
 
 唐突ですが、以前
 「アガペー/お婆ちゃんの愛」
 で触れました、戦死した伯父のことで思い出したのが「千人針」。

 ご存知の方も多い(私のブログは中年以上の読者の方が多いようですから♪)と思いますが、太平洋戦争当時、兵隊に行く人は「千人針」というものを持っていくことが多かったです。
 色々な人が心を込めて兵隊さんの武運や無事を祈って縫ってくださったものですが
 伯父はそれを断ったそうです。
 私(山本)は神仏は敬しても特に何かの宗教を信仰はしていませんが、元来うちは浄土真宗で、伯父もその両親(私にとっては祖父母)もそうでした。
 伯父は「千人針」を断って、
「ボクはコレがあれば大丈夫」
 と、数珠だけ持って行ったそうです。
「大丈夫」と言っても、「これさえあれば弾に当たらない」などと虫のいいことを思っていたのではなく、生きるも死ぬも運命は受け入れるハラをくくっていたのではないかと思います。
 あの時代のあの戦局で生きて帰られるとは思っていなかったでしょうし、死ねば阿弥陀様がお迎えにきてくださると信じていたのかもしれません。あるいは自分の両親(私の祖父母)の信仰を否定しないため、そうしたのでしょうか。(本人が戦死してしまったので確かめるすべはありませんが)。
 常識的に考えれば、ご近所のご好意を無にしないためにも、「千人針」はいただいて行かれた方が多かったのかもですが、伯父はそうではありませんでした。
 中には「なんだあいつ」とか思われた方もいらしたかもしれません。
 でも伯父は、けして傲慢な気持ちでお断りしたのではないと思います。

 この「わが道を行く」気風はなんとなく、我が家の血筋みたいで、私もかなり受けついでおります。
 
 先日、母がいささか外科手術で入院していたのですが、手術の前に執刀医から
「今のご気分はいかがですか」
 と聞かれて
「そりゃあ良くなるために受けるんですからうれしくてたまりませんよ」
 と笑って答えたら
「変わった方ですね」
 と言われたそうです(笑)。
 大半の患者さんは、手術が失敗したらどうしようとか、痛いのがいや、恐ろしいetc・・・で不安になるのだそうですが、以前別の記事でも触れましたとおり、長患いの苦しみでガン告知さえハッピーに思えるようになっていたこともある母にとっては、手術の一つや二つ、なんでもなかったのでしょう。
 もっとも、そういう前向きな気持ちですべてを受け入れられるようになったのは「貴嗣のおかげだ」と母は言うのですが、私にはよく意味がわからないのですが、私がなんでも(運も不運も)前向きに受け入れるのを見て、多少影響されたということのようでした。
 でも、私には、そういう一般的な感覚から少しずれているのは、山本家の血のなせるワザではないかと思うのです(笑

 これは、いいほうに出ると「逆境に強い」といったようなプラスな面があるのですが、
 悪いほうに出ると人の痛みがわからない(「なんでそんなことで悩み苦しむのかわからない」など)というマイナスの面もありますから、用心して使い分けるようにしています(汗

 いささか時期がずれてしまいましたが、あの戦争で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げると同時に
 今を生きる方々(無論今この記事をお読みくださっている方々ふくめ)のお幸せを御祈り申し上げます。
 きょうも良き日を♪


 しかし暑いです(爆
 ご自愛ください。
メタルマックス(昔のラフ)
kamikazenoa
 リターンズのころでしょうか?
 昔、制作スタッフに送った設定画のオマケラフです。


追記
 この記事をアップしたら、メタルマックスの初期スタッフでらした異才、桝田省治先生から「見たことがない」とメッセいただきました。あれー??私いつ描いたんだろおおおお??????;;;;
 右上に「P.3」と書いてることからして「1」と「2」があったはずなんですが、それがなんだったかも、もはや記憶の彼方です(爆
 
神奈川県足柄上郡中井町厳島湿生公園
厳島湿生公園1
厳島湿生公園2
厳島湿生公園3
 修羅場続行中につき更新ができません。
 先月、休みの日に出かけた中井町の風景でお目汚しです。
 来週には原稿一段落つく予定です。
 お暑いですがきょうも良き日を;
エコ半裸
 近年の私は、仕事の半分はPC作業のため、夏場は暖房を入れつつ暮らしているようなものです。
 エアコンの冷房で対抗するんですが、サーキュレーターでかき回してもイマイチ回しきれず、カラダの一部が冷えて一部が温まるという悲しい暮らし(泣
 空気は濁るし体調は狂う。
 今朝方とうとう頭に来てエアコンを止め、窓を開けて換気扇も回し、上半身裸で作業したらこれがけっこう快適で
 しばらくそれでやってました。
 ただ、悲しいかな日々座ったっきり中年と言うか初老?のおやじの肉体の現実はいかんともしがたく、自分の描いている世界ならやられ役の雑魚キャラだよなあなどと(爆

 しかし、汗かいたTシャツを脱ぐだけで、これだけ快適さが違うということは、世間でもそうすれば冷房の率をかなり下げてエコな暮らしが実現し、二酸化炭素の排出も抑えられるのではと一瞬思ったのですが

 よく考えたら男女を問わず、世の大半の人間はその状態では視覚的に他者に対して犯罪に近いものがあり(かく言う私もアシスタントを使わない一人執筆で、つまも寝ている一人っきり時間だからやれたわけで)(笑)もっと困るのは通勤通学のバス電車内。
 半裸で肌を寄せ合い、つり革なぞつかまれた日にはたまりません。
 痴漢セクハラも一気に増加というより、その意図が無くてもそばにいるだけで「いやがらせ」です。

 ファンタジー世界のようなスタイルで暮らすのは、現代社会では不可能ということで
 夢のエコ半裸は机上の空論に終わりました(爆


 今夜はまたTシャツにエアコンで描いてます。
きょうも執筆
家の前でしろさん
 下絵に10時間近くかかった手間のかかるページをPCで仕上げ完成、「やったー、できたー!」
 と叫んだとたん、仕事場の窓の外でしろさんの声。
「ごはんー、おっちゃんごはんー」
 あれは超能力猫じゃないかと思います。

 ニンテンドーDSの『メタルマックス3』
 彼女と二人で昔からのファンという年下の友人にソフトをプレゼントしたら
 知らせを受けた彼女がやってきてソフトだけ強奪して帰っていったと電話がありました。
 コーラかああああいい!!(ネタではありません、ノンフィクションです)


 さて仕事仕事・・・
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.