あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
『メタルマックス3』描き下ろし♪
『メタルマックス3』描き下ろしマンガ予告カット
 本日発売の雑誌、ファミコン通信101ページに、ゲーム(ニンテンドーDS)『メタルマックス3』(制作/(株)エンターブレイン、クレアテック)の見開き折り込み広告が掲載されてます。
 登場人物(デザインは廣岡政樹氏)のいでたちで、生身♪のモデルさんやプロレスラーさんが戦車をバックにポーズをとっておいでです。
 それだけでも気合入ってるんですが、後ろの戦車、模型でもCGでもなくモノホンです。
 わざわざ自衛隊に許可をいただいて撮影したそうですが、敷地内に動物の持ち込みは禁止だそうで
 ポチ(犬)だけは別撮り合成です(笑

 んで、
 その写真をめくったページの右隅に、一点、私の予告カット(こちらは私のオリジナルの女ソルジャー)がありますが
 これは『メタルマックス3』を予約してくださったお客様に差し上げる予約特典の描き下ろしコミックのカットです。予約者全員特典と思ってましたが、私の早合点で「数量限定版購入特典」でした。先ほど担当さんからメールいただきまして、訂正いたします。
 通常版を予約なさった方で特典をご希望の方は限定版に予約を変更していただけますと幸いです;お手数おかけしまして申し訳ありません;

 最初は32ページとか言う予定が、打ち合わせしている内に私も制作スタッフの方も盛り上がって50ページ近いボリュームに膨れ上がりました。5月に入ったら、まるまる一月かけて執筆の予定です。
 今年はいろんな意味でメタルマックスの年になりそうです。
 どうぞよろしくお願いします♪
『メタルマックス』「バーチャルコンソール」で配信開始のお知らせ
 すでにご存知の方もおいでと思いますが、先日
 任天堂ゲーム機 Wii のコンテンツの一つ
「バーチャルコンソール」にてファミコン版の『メタルマックス』の配信が告知されました。

バーチャルコンソールについては任天堂さまのホームページをご確認いただければと思います。

※すごく簡単に言いますと、Wiiでファミコンやスーパーファミコンのゲームができる!
というものです。

 『メタルマックス』は、19年前の一作目からキャラクターデザイン(最初は主にモンスターやメカデザイン)として私が参加させていただき、二作目、リターンズと続いて、その後諸所の事情で中止となった二作品にも関わってきた思い出深いゲームです。
 その後、一時私は離れておりましたが、この夏発売のパート「3」に、久々に復帰、おもにモンスターやら敵メカやらをデザインさせていただきました(一部主役級キャラのデザインにも関わっておりますが、今回のキャラクターデザインは原則廣岡政樹先生の手によるものです)。
 2作目から数えて17年ぶりの復活は、実に夢のようで、ささえてくださった関係者、何よりファンの皆様には、感謝の言葉もありません。

 実際の「バーチャルコンソール」での旧作配信は今月27日の火曜からと聞いております。
 ゴールデンウィークの間に遊んでいただければ、という感じでしょうか。
 二十年近く昔の作品を今プレイするとどんな感じなのか見当もつきません。
 ちなみに、一作目は私が生まれて初めて制作に関わっただけでなく、生まれて初めてプレイしたテレビゲームだったこともあり、主人公たちはレベル99までやりこみました(馬鹿)。
 最後はラスボスと戦車なしで戦うほどに強くなり、開発会社の方も「データを調べたい」ということで見てみたら、レベルが一回りをとっくに超えて詳しいデータが勘定不能になっていたというオチがありました♪
 今はなつかしい思い出です。

 パート3の発売はこの夏で、まだ何ヶ月かありますが、モンスターデザイン等の作業はとうに完了していますが、私なりにまだまだ色々と援護射撃をさせていただく予定です。
 とりあえず、ここ数日はそのための資料模型などを組み立てておりまして(戦車とか装甲車とか戦車とか装甲車とか・・・)(w)昨日は2年ぶりくらいに隣町のトイガンショップに顔を出しました。
 店長さんに
「なんだか若返りましたね」
 などと言われましたが、きっと高揚した気分が顔にも出ていたのでしょう。
 ではでは、どうぞよろしくお願いします♪
近況報告/次の仕事に移行しました
見かけた車(2010年4月)
ファミレス近くのごつい猫

 先日、イラスト修羅場が一段落などと書きましたが
 そのあと、以前から予定していた読みきり(約50枚)の絵コンテにかかってました。
 無事完成したと思ったら、先日のイラストで自分の気になったデッサン修正(手首から先と持ち物)にかかったら、つい深みにはまって半日つぶし、くたびれました。どこまで行っても修行です(汗

 きょうは本当に久々にごろごろ・・・と言うわけにはいかず、資料用のプラモでも作るつもりです。
 新しい仕事はまだ守秘義務の関係上発表できない段階ですが、近日中にお知らせできると思います。
 どうぞよろしくお願いします♪

画像は無関係ですが
 先日街中で見かけたロータス?と
 行きつけのファミレス近くの家でいつもごはんをもらってる相撲取りみたいなごつい猫です(しろさん、ケンカしたらかなわないです、きっと)。
表現規制の問題について5/ドラクロア
 ドラクロアがなんの関係があるんだ?とお思いでしょうが

 昔からある不毛な議論に「エロか芸術か」(わいせつか芸術か)というのがあります。
 世の中の一部の人には、芸術は崇高で良いが、エロやわいせつは低俗で規制されるべき忌むべきものであるという偏見があります。
 まことに不毛な論争で、エロい(わいせつな)芸術もあれば、そうでない芸術もある。芸術とは呼べない(と、どうひいき目に見ても思えてしまう)ただのわいせつもあるetc・・・さまざまだと思います。
 いったい、エロと芸術は、磁石のS極とN極のようにはっきり分けられるものでしょうか。

 これに関しては、一つ忘れられない想い出があります。
 いささか下ネタですので、下ネタは嫌い、読みたくないと言われる方は、お読みにならないでください。

 私の学生時代、十代だった、1970年代。
 ネットもなければ、過激なビデオ影像(お皿、テープを問わず)もなかった先史時代。
 瀬戸内海ではシガマッコウクジラがメガロドンと覇権を争っていました(ウソです)。
 日本人の体形ときたら、今から考えられないくらいズン胴短足。
 ぼんきゅっぼんが好きだった私は、当時の日本人モデルのヌードデッサンの教本を見て、
「これを描くのかよ?」
 と天を仰いだものでした。芸術というのは、美しくないものをリアルに描く訓練をする、一種の禁欲的な苦行かと勘違いしたほどです(爆

 さて、十代の男の子と言えば、姓の関心メーターがレッドゾーンに振り切っています(無論そうでない子もいるでしょうが)。
 マスターベーションまっさかりです。(あさりよしとお先生言うところの「箸がころんでも勃つ」時代)。
 私も、色々とその「おかず」を模索したものでした。
 と言っても、私の場合、自由にリアル絵を描けましたので、だいたいの脳内イメージは具現化できたのですが、やはり自己の才能の限界というものがあり、もっといいものが見たい。いい素材を選びたいという欲求(煩悩)は日々新たなアイテムを求めてさまよっていました。
 そんなある日、尊敬する偉大な芸術家ドラクロアの画集を見ていた私は、幾枚かの絵に大きなインパクトを受けました。
 無論美術的なクオリティの高さにも感動したのですが、もう一つ、「おかず」としてのクオリティの高さにもです(笑
 乏しい小使いをかき集め、私は画集を買いました。
 30年以上も昔の話です。
 もはやどれがどうだったか定かではありませんし、それを詳しく指摘しても意味がありません。
 問題は、それでドラクロアの絵画が芸術でなくなったかと言うことです(笑)。
 そんなことはないでしょう。
 一高校生が性的興奮を覚え、マスターベーションを行なおうが行なうまいが、ドラクロアの絵画のポジションに変わりはありません。
 ただ、人が「劣情を刺激される(この古式騒然たる表現には笑いがこぼれます)」ものが「わいせつ」であるなら、刺激される以上は「わいせつ」であり、その絵画は「芸術」であると同時に「わいせつ」でもあることになります。
 未成年の性的興奮を喚起するものを規制するのであれば、ドラクロアのその種の絵画も十八禁にすべきでしょう(私はそうは思いませんが)。
 インターネットはおろか、パソコンもケータイもなかった時代、田舎の一高校生の変わった趣味で終わりましたが、今ならネットの掲示板などで、「同士」を募ることもできたでしょう。そうしてある程度の人数が集まり、有名な芸術家の「おかずになる絵画」などというサイトが成立すれば、「良識ある」教育者は、そこに上がった作品群は、片っ端から青少年の閲覧禁止にしていくのでしょうか。それは世界の笑いものになるでしょう(たぶん)(笑)♪

 仕事疲れでいささか脳がボケておりまして、これといったオチはない話ですみません。
 若かりしころの思い出です。ではでは。


おお、終わろうと思ったところで一つ思い出しました。
 芸術は崇高なものだがマンガは低俗で劣るものだという意識を持たれる方は、昔からいらっしゃいます。
 私が、はるき悦巳先生のアシスタントだったとき、先生からお聞きした話です。
 はるき先生の代表作『じゃりン子チエ』には、交番やお巡りさんがしばしば登場しました。先生は執筆の資料が欲しくて、あるとき交番をカメラで写していたそうです。すると、警官に呼び止められました。
 事情を説明したはるき先生に、警官が言うには、
「芸術に使うならいいが、マンガなどに使うために撮影することは許さない」
 今から30年以上も昔の話です。まだまだ世の中には過激派の犯罪なども記憶に新しい時代で、むやみと撮影して欲しくないという警察の方のお気持ちも理解できます。しかし、「芸術ならいいがマンガはいかん」というのはどうでしょう。
 昔、筒井康隆氏でしたか、エッセイで見合いした?女性の父親が、「小説家などというのは男子一生の仕事ではない」と言うので、話は流れたという意味のことを書いておいでだったように思います。
 今では小説はかなりその地位が上がったようにも思われますが(無論ピンキリありますけど)、マンガはあいかわらずその地位は低いようです。
 表現規制の問題でも、小説はいいがマンガはいかんという前提で話される方を時折見かけますが、刺激性の大小だけでなく、芸術としての地位の高低もその意識の底に見え隠れすることがあります。
 人間の意識の底というのは色々で、非常に論理的に見えて、実はけっこう非論理的だったりすることが、ままあります。
 たとえばかつての欧米の話ですが、動物に人間のような意識はあるか否かという科学の問題において、頭ごなしに否定する科学者の多くが、科学的な議論を行う以前に、聖書には動物に人間と同じような魂はないと書かれていたために、その具体的な検証を試みなかったという話があります。そっちのテーマのお話は、また別の機会にいたします。
 ではでは♪


追記
 はるき先生のお話から十数年後、私が集英社で連載していたころ、警官の服装の資料が欲しくて、編集長から話を通していただき、人を頼んで撮影させていただいたことがあります。意識の変化もあったでしょうし、手続きの踏み方もあったのでしょう。
 その際、お世話になりました警察、カメラマンその他の方々には、とても感謝しています(今でも写真は大切に持っています)。
修羅場突破
ホワイトハウスに入るしろさん
 いやー、終わった終わった終わりました。
 まだ最終チェックは残ってますが、とりあえず、一ヶ月以上かかったA4カラーイラスト31枚描きの荒行(笑)が終わりました。
 きょうはもう寝ます。
 おやすみなさーい♪
修羅場あとわずか
庭のつくし
 修羅場で更新ができないという日記を書いて、あっと言う間に一週間。
 ごぶさたばかりですみません。
 あと2~3日で終わります。
 写真はこの春庭に一本だけ生えたつくしんぼうです。
 ではではまたー♪
修羅場追い込み中
2010年4月の桜
 皆様お元気ですか、山本です。
 先日申し上げたカラーイラストの仕事がいよいよ追い込み。
 今週が山です。
 食休みにも寝てラフを描くような日々(いきなりパソコンに向かうと胸焼けがして、かえって能率が落ちますんで)で、ブログやホムペの更新ができません(「あつじ屋」カウンター100万間近だというのに)。
 この3日に写した川べりの桜をお目汚しに、本日は失礼いたします。
 もしかしたら、来週まで更新ゼロとかいう可能性もありますが
 あしからずご了承ください。
 ではでは、きょうも良き日を♪
近況(マンガ家生活始まって以来のカラーな日々・・・
 近況ですが、ある友人のマンガ家に頼まれてイラスト描いてます。
 友人が出す、イラストとマンガ込みの単行本の援護射撃ということで、私はちょうどアヌンガ終わって次の連載まで少し時間があるんで、半月くらいなら、と引き受けたんですが
 友人に予定外の色々があって進行が遅れ、私の援護射撃のパートが増大し
 この一ケ月ずっと描いてます(爆
 すでに十数枚カラー描きました。それでもやっと半分です。
 友人は心臓に毛が生えているのか、淡々とやってますが、私はかなり疲れてます(いや、友人もですが)。
 私の仲良しの友人って、どおしてこお時間にルーズな人が多いんでしょうか。
 若いころ親友だった●●さんは「●●時間」と異名をとるマイペースな時間割の人でした。
 中学のころからの親友でゲームデザイナーのミヤ王氏もそおです。
 んで、今手伝ってる仲良しの友人もそお・・・

 なぜだ、なぜなんだ?

 ああそおか、心理学で言う「反復脅迫」というやつですねきっと。
 同じような悪女にひっかかってはひどい目に合って「オレは女運がない」とか言ってる男と同じ、実は無意識に自分が同じタイプを選んでるんですね。

 仕事が終わったら一回首を絞めさせろとか言ってるんですが、友人は合気道の心得があるので、あまりいい案ではないようです。
 まあ、黙々と約束の(って、約束ちゃうやん!オレこんないっぱい仕事するはずやなかったやん!)ノルマをこなすだけですが
 4月に入ってもしばらくこの調子が続きます。
 本が出るのが遅れると私のギャラも支払いが遅れて困るんですが、わかってるんでしょおか。

 でも

 いい絵入ってますし(自分で言うな?)、山本の持てるテクニックは存分にふるって描いてますので
 まあ楽しく苦しんでます。いやとっても楽しい仕事ではあるんです(泣笑

 今月はまた別の、とーっても楽しみな仕事が入ってるんで、それに差し障らないよう完成したいです。
 って聞いてんのか×××ー!!(たぶん私のブログなんか見てる暇はないでしょう)


 首を絞めるのはだめだとして、棒でなぐりかかるのもなあ。
 相手は中学生のころから鉄芯入りの竹刀振って稽古してた猛者だからなあ、こちらがたこ殴りにされて終わるだけだしなあ・・・
 あとは上履きに水を入れるとか、下駄箱の靴を隠すとか。
 いかん、脳が腐って退行してます。本日はこの辺で(爆


追記
 バカなことを書いていますが、これ全部本人には直に話してますので、陰口ではありません(笑
 念のため、ブログで書いていいかも先ほど確認をとりました。
 いいそうですのでアップしましたー♪
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.