あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
避難場所でのアレルギーのこと
 熊本は父の故郷です。
 山口県の山本家に来て何十年も経ちますが、いまだに父の言葉のはしばしに、お国言葉のイントネーションが残ります。
 テレビなどであちらの方の話される声を聞くと、私はいつも父を思い出して懐かしくなります。
 今回の地震では、一番の被災地からははずれていて、父の実家は無事だと聞きました。
 電話で話した山口県の父の声は、いつもと変わらず明るかったですが、弱音は吐かない昔かたぎの九州男児ですし、細かい話はしてくれないので、どのレベルでの無事かはよくわかりません。
 被災された方々のご無事を、心よりお祈り申し上げます。

 蛇足ですが、避難所で、アレルギーのある方が、配布される食料品の一部が食べられず、好き嫌いと勘違いされて辛い目にあっておられる話を聞きました。
 ソバなど、アレルギーのある方には、わずかでも命に関わる症状が出たりします。
 私の妻も色々過敏な体質で体が受け付けない食品があります。
 食品とは違いますが、数年前の帯状疱疹では、一般的な治療薬に反応して全身が赤く染まり、何十年も皮膚科をしている先生が「論文でしか見たことがない」と言われる症状で、緊急入院
 使える薬品を探して取り寄せ治療することになりました。
 一般の人になんでもないから、あなたも大丈夫だろうというシロウト判断は、時には傷害罪とか殺人罪にも等しい過ちだと思います。
 色々なアレルギーのある方が、不当な扱いを受けることのないよう願います。
 どうぞご無事で。
腰痛と脳
 明らかな病変のない腰痛、坐骨神経痛の多くが精神的な(と言うか脳が作り出した)痛みという理論は以前から知っていましたが、久々に改めて取り組んでみたところ、とうとう鎮痛剤のロキソニンなしで一週間すごせました。
 と言うか飲んでた時より改善を見ました。
 一昨日は雨と湿気のせいか不調で久々一錠だけ使用。
 恐るべし脳(笑

 ちなみに心理的要因と腰痛に関しては最近ニュージーランド事故補償公団の
『急性腰痛と危険因子ガイド 』
 という本が日本語訳出てます。
 脳が作り出した痛みを肉体的なダメージと勘違いして無駄に使われる膨大な医療費をなんとかせんと、という切実な思いが生んだ一冊らしいです。
 興味のある方はどうぞ♪
帯状疱疹その後
 帯状疱疹、昨日皮膚科に再診かかったら、もう来なくていいって言われました。
 数日前にかさぶたはがれ始めました。
 まだ痛みは残っていますがピークの時に比べたら軽いものです。
 後遺症の神経痛が残るかどうかは今後の様子を見て判断。
 疱疹が出たその日にかかった近所の内科で抗ウィルス剤(ファムビル)をすぐにもらえたのも良かったのだと思います(日曜にもやってる病院で大助かり。皮膚科にかかったのはその数日後)。
 私の症状は軽症と重症の間、中程度だと皮膚科では言われました。
 ご心配くださいました皆様ありがとうございました。

 冷えてきましたのでどうかご自愛ください!きょうも好き日を♪

 仕事のほうは新連載の一話目をこつこつ描いております。順調に行けば来月頭にはなんらかのお知らせを申し上げられると思います。
ダウンしました
近況報告。
先日私、帯状疱疹を発症しまして、ダウンしております。
近々の予定はすべてキャンセル、11月6日のメタルマックス4前夜祭も欠席いたします。
今は執筆も中断して静養中です。
皆様もどうぞご自愛ください。
妻の帰還・追記
 昨日の妻の退院記事にたくさんの「拍手」と「コメント」ありがとうございます。
 この手の闘病の記録は、ともすると大変さや苦悩や苦労が強調されがちで、ある意味ネガティブな刷り込みになっているケースもあるように思います。
 そうじゃないよ!こうして向かい合えばけっこういけるよ!
 みたいなことを、その内まとめられたらと願っています。

 今月はいつもの5割り増しくらいの仕事がつまってて大変な私なんですが、妻が戻ったとたん洗濯物が倍になり、本気で乾燥機付き洗濯機の購入を考えております。
 妻の仕事は養生ですから、とにかく好きにごろごろしててもらいます(笑

 皆様もどうかきょうもお幸せに。
 ありがとうございます♪
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.