あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
XPパソコン引越し完了
 先週から格闘してたXP搭載パソコンから新しいパソコンへの「お引越し」
 先日すべりこみで無事終了しました。
 まあサポートが終了したその日からいきなり丸裸状態でもないでしょうが、怖いので旧マシンはもうネットにはつなぎません。
 LANからはずして、ひとつ我が家のVHSテープをDVDにダビングするダビングマシンとかに使えないかためしてみるつもりです。
 きのうは新しいマシンのディスプレイに貼る保護フィルムのサイズを間違えてちっちゃいの買ってたのに気づき、急いで買い換えて今朝はそれと格闘してました。
 完全に空気は押し出せなかったけど、これ以上人生使うのもったいないんで多少のことは目をつぶります(笑
 ではではまたー♪
パソコン引越し中♪
 いよいよWindowsXPがサービス終了になりますね。
 我が家のメインマシンとサブマシン、二台ともXPでしたもので、今ニューマシンにせっせと「引越し」中です。
 一つの山がメーラーで、
 フリーメールも複数利用してますが、どうしてもそれじゃいけない相手もあり、WindowsLivemailもインストールしました。
 問題は設定で、
 昔Outlookを設定するのに、ややこしいのでサービスに電話したら、出た相手がどうも私より不案内な感じの人で、
「そこは違うんじゃないですか?」
 みたいなところを
「いえ、だいじょうぶです」
 って言うんでそのとおりやってダメで、さっき私が主張したとおりやり直したら成功したりで
 試行錯誤して成功まで2時間かかったという苦い想い出がありまして(笑
 まあ気力体力の充実した時に取り組もうと、昨日はインストールしたところで止めております。

 皆様もどうかよいお引越しを(ってXPじゃない方には関係ないですね)(笑
PCご臨終
昨日、まったく唐突に、ディスプレイの初期不良も直った新しいパソコンの安定化(10日前に修理完了)を見届けたかのように
 6年間我が家の作画マシンとして奉公してくれた
 COMPAQ・Presario3900 815E
 が逝きました。
 最近はもう作画マシンの地位を降り、ネットやスキャンのお手伝いレベルの「閑職」についてたんですが
 『戦闘女神アヌンガ』24話が先日完成、きょうから25話と、小説すばるの『淡雪記』8話挿絵にかかろうと思った日に、突然動かなくなりました。
 壊れたかのように見えて、また使えるようにうなっていたスイッチを
 押して何十秒待っても「COMPAQ」の画面のままになりました(何度挑戦しても同じです)。
 根性でもってくれてたんだなあ(泣笑

 感謝とともに、また回収に出したいと思います。
USB2.0ハブと江戸のおもちゃ
U2H-FC054SSV
USB2.0ハブ仰向け
USB.0ハブと江戸のおもちゃ
 前回に引き続きパソコン関連ネタ・・・ですが、それだけではありません。
 一枚目の写真は、私が先日購入した
USB2.0ハブ U2H-FC054SSV
 です。
 エレコム社製で、ポートは4個。
 バスパワーにもセルフパワーにもアダプタで対応してます。
 裏面に四本足みたいに吸盤がついていて、どこにでもつけられるのが特徴。
 この種のアイテムは、マグネット付きの製品が多数ありますが、これだと木製のラックにも付けられます。
 ところが・・・

 我が家のニューマシン、hpのxw4600にはぜんぜんくっついてくれません。
 押し付け方が弱いのかと思い、力を入れてもダメ。
 ううむ、買ったその日から吸盤が馬鹿になっているとは、老舗のエレコムさんともあろう会社が、ひどい製品を作るなあと思ったのですが、待てよ?もしかして・・・と思い、その辺のプラ製のCDケースなどに押し付けてみると、ぴったり付きます。
 なんだ全然OKじゃん。
 エレコムさんごめんなさい;

 じゃあなんで私のマシンには付かないの?

 よく見ると、xw4600の筐体は梨地仕上げと言うかなんと言うか、微妙にざらっとした表面仕上げになっていて、その滑らかさの不足が、この製品の吸盤では対応できないようです。ずいぶんデリケートな吸盤です。

 むー、せっかく買ったのに残念;

 とりあえず仰向けにころがして放置していると、友人から何かに似ていると言う意見が。
 え?何に?
 で、その意見に従って「似ている品」を並べてみました。それが二枚目。
 なんだか当てられた方はかなりのマニアです♪

 実はこれ、江戸のおもちゃ。
 それも子供用ではなく大人も楽しんだらしい品(いやらしいものではありません、念のため)(笑)。
 と言ってもなにせ江戸時代のものですから素朴なもので
 獅子舞の獅子をかたどったものでしょうか。四足の先端に貝殻が付いています。
 無論これは現代の復刻版ですが、二十数年前に一個千円くらいしたものだそうです。

 USBハブから、とんだテーマに話が飛びましたが、どちらも可愛く、愛着がわきました。
 ハブは今ではしっかりタブレットをつないで使っております。
 吸盤が使えないため真上のポートに差し込むと倒れてしまうので、サイドを利用しています。真上はUSBメモリなどの専用にキープです。

 ではではまた♪
足が組めるパソコンラック
 長いことパソコンラックでパソコンを使ってきましたが、一つ大きな悩みの種だったことが、机の低さ。
 キーボードなどを乗せる板の下で足を組む(ヒザを重ねる)と、どうしても上がつかえてくつろげません;
 私の場合パソコンは余暇ではなく、デジタル作画の仕事に使うため、月の半分以上(その他の日々はアナログ作業)、起きてから寝るまで十数時間を費やす日々なものですから、このストレスは困ったものでした。
 何かいい机はないかと探していたら、今年の初め?に新発売されたサンワサプライの
パソコンラック SR-T36SVN
SR-T36SVN
 を発見!
 床からスライド式テーブルの下までが678mmあります!
 私が足を組むと、高さがだいたい660mm。
 これなら入る!
 さっそく取り寄せてみましたが、楽です♪
 ネットで情報を検索するとわかりますが、たいていのラックは下面までの高さがもっと少なくて、足がつかえて窮屈です。
 台所の流しなども以前から、現代人の体格に合わない昔ながらの低い製品が多く、前かがみの不自然な姿勢を強いられて体を痛くする人が少なくなかったのですが、この問題はパソコンラックも同じではないでしょうか。
 そもそも1950年代生まれの胴長短足、思い切り昭和スタイルのプロポーション(身長171cm)の私でさえ足がつかえる設計のラックで、足の長い現代の若者がどうやってパソコンを使うのか。かねがね謎でした。
 ちなみにこの製品、サンワサプライのホームページで詳細を見ると、他のラックと違って、ことさらに床面からテーブルまでの高さが一目でわかるよう明記されていました(取り扱い説明書画像をご覧ください)。
 やはり私と同じような苦情を申し立てるユーザーが他にも複数いらしたということでしょうか。

 そんなわけで、気持ちよく足を組みながら、新たなパソコン作業にいそしんでおります。
 同様のお悩みの方はご一考されるのも、悪くないかと存じます(耐久性その他は、長期使用テストを行わないとわかりませんが、今更そんなところでポカをするメーカーとも思えないのですが)。

追記
 一点だけ不満を言うと、スライド式のマウステーブルが右側にしか引き出せないこと。
 右利きながらマウス使いは左利きの私には、これは不自由です(右手にはタブレットペンを持ってるもので)。
 こういう製品多いですが、左利きの方はどうしてらっしゃるのか。
 少数ながら左右に引き出せる製品もありますから、それを買っておいでなのですかね;
 もっと利き腕のバリアフリー?を実現してほしいものです。ではでは♪ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.