あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
転ばぬ先の杖
 先日、うちの方でも雷雨がありました。
 たいした雷鳴でもなかったのですが、お、鳴り始めたな、と思ったら仕事場が真っ暗に。
 久々の停電でした。
 パソコンで作業中でしたが無停電電源装置のおかげで、警告音の鳴る中、無事シャットダウンできました。
 ずいぶん昔になりますが北関東の方で飛行機が送電線を切ったため停電したことがありましたが、世の中に先んじてデジタル作画を導入していた知人のイラストレーターが、うっかりデータを保存していなくて、半日ぐらいの仕事がふっ飛んだと言っておいででした。
 ご用心ご用心;;
10号接近中;
皆様お元気ですか
 私はあいかわらず仕事に追いまくられる日々です。
 通い猫のしろさんは、食が以前の半分くらいに減り、毎日猫ハウスでおねしょしながら、暮らしてます(タオルとおしっこシートの交換が大変です)。
 でもなんか幸せそうにマイペースでやってます。
 
 空前のサイズの台風10号が接近中ですが、最初湘南~東京直撃コースみたいで、正直目の前が暗くなりました。
 2011年9月の台風がこれに近かった(今回より小さいけど)とどこかのテレビで言っていて、その時うちはどうだった?って、古い自分の日記を読み返したら、すごい風雨で雨漏りして業者呼んでました;
 今朝の予報を見ると、幸い直撃は免れそうですが、油断なくすごそうと思います。
 また、直撃する地方の方のご無事もお祈り申し上げます;
 きょうも善き日をお過ごしください。
不死鳥熊本!
火の熊

 4月の熊本地震のあと、マンガ家が支援絵を描くのに、期間限定でくまもんの使用許可が出てテレビのニュースなどでも報道されていました。
 父の実家は熊本です。
 私ごときが描いたとて、なんのお役に立つでもあるまいと見送っておりましたが、先日ファンの方から支援絵のリクエストをいただきました。
 実は地震のあとからずっと、もし描くならこのイメージしかないと暖めていた絵がありまして
 遅ればせながら描かせていただきました。
 何度死しても火の中より蘇る不死鳥
「火の鳥」!
 じゃない
火の熊」!
 いや、念のためにつけくわえると、熊本は死んでなんかいません!大分もです!
 あくまで、けしてへこたれず元気に立ち上がる(舞い上がる)そのイメージを具現化したものです。
 火の鳥といえば、やはり、手塚大先生のあれしかないだろうと、そのイメージで描かせていただきました(手塚先生すみません)。
 無論ですが、この作画に金銭報酬はいっさい関わっていません。
 私からの「熊本も大分も絶対負けないぞ」の思いをこめた拙い支援絵です。
 被災された皆様方が、一日も早く復旧されることを心よりお祈り申し上げます。
 お目汚し失礼いたしました。

<追記>
 実は多忙な私に代わって妻が4月末に神社でおみくじを引いてきてくれました。
 結果は中吉だったのですが、文言が見たことのないもので
「親類までも災(わざわい)をして思うに任せず心痛すること多し」
「何事も時の到るまで天にまかせて静かに身を慎んで居れば、雪が朝日に消えるように楽しい時来(きた)る」
 とありました。
「親類まで災(わざわい)をして」
 というのは、生まれて初めて見たおみくじの文言で、我が家は父の実家がまさにそれだったわけで、こりゃ中吉じゃなくて凶か?と一瞬思ったくらいです。
 しかし、今を耐え忍んでおれば
「雪が朝日に消えるように楽しい時来(きた)る」
 というところが肝心だなと思い直しました。
 おみくじなど迷信と一笑に付される方もおいででしょうが(それはそれでかまいません)
 私は辛いときに励ましをいただいたようで、とてもうれしかったです。
 まもなく夏。
 すべての「雪」が朝日にとけていきますように。
そろそろ見たいリスト
 そろそろ
「遠くにいるときはヤバかったけど来たら口ほどにもなかった台風リスト」
 ってのを「時間経過とともに変化する詳細データ付き」で誰か。
台風警戒中;
 テレビで、今接近中の台風に近いのは2011年9月に来たやつ、ってやってたんで、
 その時うちはどうしてたっけ?
 って枕元の日記読み直したら、一階の仕事場雨漏りして、妻といっしょに必死に対処。
 後日、大工さんと防水工事の人を呼んでました;

 でもそんな台風真っ最中も原稿だけは描いてたようですw
 たぶん今回もそんな感じかなー;
 皆様もどうぞご無事で;
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.