あつじ屋日記
まんが家・山本貴嗣(やまもとあつじ)の日記です。 作品から日々思うことまで色々書いてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
人の嫌悪がわからない人
『あなたはなぜ「嫌悪感」をいだくのか』 レイチェル・ハーツ/綾部早穂・監修/安納令奈・訳/原書房 から:

 2002年ノースカロライナの州刑務所と北イリノイの刑務所で男性囚人が、精神科医によってサイコパス、非サイコパスに分けられ30人ずつの男女の喜び、悲しみ、怒り、恐れ、驚き、嫌悪の表情を見せるテストが行われた。

 「喜びと驚きの顔はサイコパスと非サイコパスのどちらのグループでも最も高い比率で認識された。
 いずれもが98%、驚きについては90%が認識した。その一方で、恐れはあまり読みとられず、正しく認識されたのはどちらのグループでもたった45%に過ぎなかった」

 「さらにサイコパスについては
 嫌悪感を示す顔は、恐れの顔と同じくらい見分けられず、正しく読みとれたのは全体の48%に過ぎない」
 「これ以上ないほど冷酷で社会性が欠落しているサイコパスの特徴が嫌悪感を理解できないことであるのなら、嫌悪感を理解し読みとる能力は、社会で助け合って生きられる人間である証ということになる

 同書には、もう一つ興味深い事実が書かれている。
 「ハンチントン舞踏病、またの名をハンチントン病(HD)と呼ばれる」「大脳基底核と呼ばれる脳の部位にある神経細胞が萎縮し変性する遺伝性疾患」の患者は「他人の嫌悪感を読みとることができない
 その他の感情は読みとれるのに、である。

 この本を読むと、実際に対面する生活からネットの生活まで、しばしば見かける他者の嫌悪に無関心な人々を一くくりには考えられない。
 積極的に人を困らせたいサディストも、無頓着なサイコパスも、また罪なき病気の人もいる。
 ただ医者でもない一般人が、それらに対応するのは無理だと思う。

 ただ「サイコパス」という単語は長い間に一人歩きしてしまい人々の間に勝手なイメージが定着している(そういう私も厳密には理解していない)先日NHKでも一般人の中にあるサイコパス的要素について興味深い番組があった 。
 企業経営者には強いサイコパス気質がある オックスフォード大科学者の調査結果
 私の中にもそういう要素はある。
 要は、それを自覚し、いかに制御し善用するかだと思う。
                   (2015年8月11日のTwitterの私のツイートより、まとめ)

 ちなみに同書は、厳密な学術論文的なものではなく、一般向けに書かれた読み物のようなもので、全体としては「ゆるい」本です(ネットのレビューなどにも指摘があります)。ただ、上記の実験結果は、筆者の手になるものではありませんし、興味深い一つのデータとして、頭の隅に置いておいても悪くないかもと思いました。


暴言に思う
アマンゾで本を探しててすっごく暴言吐き捨てなレビューを書いてる人がいて、普通ならスルーするんだけど何か気になってその人の他のレビューを見たらまっとうで共感できるものがいっぱいあって(あ、この本私も買おうとかw)人は見かけではわからんなと思った朝です。でも暴言はよくないですけどw

自分も過去に覚えがあるけどオルフェウスの冥界下りとかロトの妻とかみたいに「ふり返っちゃいかん」ってとこでついふり返る。自制的にずーっとやってきて、ここまでくればもういいかって気が緩んでやらなきゃよかったをやっちゃう。暴言もその一つじゃないか。こいつにだったらいいかってのが落とし穴

ムカつく人とかいっぱいいるけど、そこで相手に毒吐き捨てると、塩の柱になっちゃうぞとか、彼女地獄に消えちゃぞとか思うと、少し考えるんじゃないかとw
                        (2014年6月30日のTwittwr、自分のツイートから)
言葉選び
 昨今の色々な失言問題を見ていて、

 昔の人がめでたい席などで
 縁起の悪い単語やフレーズを避けてたのって、単なる迷信じゃなく
 人間関係における無用なトラブルを避けるための、一つのテンプレートだったんだなあと改めて思います。
 
 そういうことは、今では結婚式とか限られた席にしか残ってませんが、

 けして「昔はよかった(から昔どおりにしよう)」の短絡的な懐古趣味や復古主義ではなく
 もう少し今風にアレンジしてもいいから
 見なおしてみてはどうかと思います。

 
「熱しやすい」は「冷めやすい」
 昔『拳児』連載中の松田隆智先生が、作者コメントの欄でしたか
「命をかけて武術をやります、とか言ってきた者に限ってすぐやめる」
 と書いておいででした。
 人間関係でも瞬間湯沸かし器みたいにいきなりテンション上げまくって近づいてくる人に限って
 マッハで去っていったりします。
 穏やかに続くいい距離感の関係がいいです。

 (今朝の私のTwitterでのツイートを、少し文章を足して編集しました)
木を見て森を見ないこと(見えないのではなく意図して見ないこと)
 人の言葉尻を捉えて本質とズレた問題にからみ続ける人は、大金が入った財布を落としたことを教えてくれた相手の言葉遣いがエラそうだったり礼儀知らずだったからという理由で自分の財布を置いてそのまま去るのか。
 そうなら愚か
 そうでないなら先の行為は悪意。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.